FF11とアニメな日々

FF11とアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)     5万ヒット ありがとうございます (*´Д`*)

 
--年--月--日 (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年11月20日 (Thu) 06:27

とらドラ!:8話「だれのため」

【とらドラ!:8話「だれのため」】の感想です。

Copyright (C) 竹宮ゆゆこ / アスキー・メディアワークス / 「とらドラ!」製作委員会
Copyright (C) King Record Co., Ltd.
当サイトについてのご注意

(※ 最近1話からの感想をご覧になる方が増えたので、記事スタイルを統一しました^^; 2009/3/21)

第八話です。「だれのため」は大河の気持ちですね。

第八話

【あらすじ】
スポーツ対決の競技を決めるみのりん。どうも竜児をかけて大河と亜美が対決の様子です。

教室で手紙を回すクラスの面々。手紙には大河・亜美・北村・竜児・みのりんにまわすなと書いてあるのに、何故か手紙は竜児の下へ。
「第一回!高須争奪杯開催!あみたん vs 手乗りタイガー戦 1口五百チロル」と書かれています。
どうもクラス全員で2人の勝負に賭けを持ち込んだ様子。「ALL」を「ARL」と書く春田。
竜二は、大河側に「3000チロル 高須竜児」と書いて大河へ手紙を渡します。手紙を読んで怒る大河。分からない他の3名。とゆうか、みのりん・・・まぶたに目を書くなよw

場面はプール。特訓している大河と竜児とそこに応援にくる北村。北村の応援に対して複雑な気持ちの大河です。

高須家では、晩御飯を準備中の竜児の前でイメージトレーニング中の大河。献立の内容を聞いて豆だらけなのを嘆く大河は、肉料理を要求します。これはあとの伏線。
頑張れと応援する竜児ですが、何故頑張るかわかっているかを問う大河。北村と亜美を引き離すためと応える竜児に雑誌を投げつけます。こりゃ竜児はまったくわかってないね。

その後はひたすらイメトレの大河。

雨の教室でプールでの練習ができない事を嘆く大河と竜児。そこへ市民プールの入場券を持って北村が現れます。北村も賭けの事実を知り大河に賭けるといいます。竜児は北村と行けと勧めますが、それを断る大河。それを見て笑いながら北村は去ります。

自動販売機でジュースを買う竜児は、自販機の隙間に埋もれる亜美を見つけます。この場所は今後も亜美の聖域として描かれます。OPにも出てますね^^
座り込んで話し出す2人。亜美は大河のヤキモチと指摘しますが、竜児はそれがわかりません。亜美はこの時点で全てわかっていますね。でもわかっていながら敢えて大河と張り合うつもりの亜美です。

学校の出口でみのりんと会う竜児。みのりんは竜児を応援します。それに応える竜児。
自宅に帰って明日のプールが晴れるようにてるてるぼうずを吊るす竜児。それを見ている大河。

市民プールで水泳の特訓中の大河と竜児。竜児は大河に浮き輪を付けさせます。脅威のバタ足で猛スピードで進む大河、それを褒める竜児。しかし無情にも天気は崩れ雨が降り出します。ビーチパラソルで雨を凌ぐ2人。雨の中まだ特訓を続けると言い張る大河。

竜児は「北村のために頑張っている」と褒めますが、大河はそれを否定します。亜美の事と勘違いして応える竜児に、わかってもらえずがっかりする大河。
「もしかしてオレか?」と正解をいきなり大河へぶつける竜児に、恥ずかしさもあって否定する大河ですが、結局北村のためだと勘違い発言をする竜児に対して、大河は怒ってしまいます。
「他人が私の心の中を、勝手に想像してわかったような顔をする、それがイヤ、ムカつく」と大河は言い放ちます。自分の事と理解できない竜児は何がなんだか理解できません。大河は「自分がどう思っているかわかるはずがない。だって自分だってわからないから」と竜児に訴えます。このシーンは雨ですが、大河が頬を伝っているのは涙のようです。歩き出した大河の手は顔をぬぐっています。
「勝負を止める」といい放ち、立ち去る大河。

夕食を作ったものの高須家に大河はいません。寝られず掃除を続ける竜児ですが、そこに母親(やすこ)が帰宅します。
手の付いてない夕食を見て大河が来なかったことを知るやすこ。竜児に理由を聞くと「むかついた」と応える竜児。「大河は言葉通りの気持ちではない」と語るやすこですが、寝てしまいます。

翌日、大河へ弁当を渡す竜児。大河へ勝負して欲しかったと伝えます。勝負に勝って・・・と言い、その先にある意味を考える竜児ですが、すかさず大河が弁当を奪います。でも勝負する気持ちにはなれない大河。

雨のやんだプールに勝負を控えビキニ姿の亜美が現れます。勝負をするつもりのない大河は教室で弁当を開きますが、オカズが肉だらけなのを見て竜児の気持ちを察します。
プールではいつまでも現れない大河を待ちきれず、不戦勝を言い出す亜美ですが、そこに浮き輪で武装(?)した大河が登場。無事勝負が始まることに。

勝負が始まると、亜美を見て「毛」といい動揺を誘い、持っていた浮き輪をぶつけ、更にはビキニを奪い取り、先行する大河。(さすが手乗りタイガー) しかし25mのターンで大河は足を痛めてしまい、たまらず助けに入る竜児。怪我をしたのなら勝負をやめるべきと竜児は大河を止めますが、「だれのため」に勝負しているのかわからないのか?と大河に指摘され鈍犬(どんけん)呼ばわりされます。大河は勝負に戻りますが、プールサイドから飛び出したクラスメートにぶつかり気を失う竜児。それに気が付き勝負を諦め助けに戻る大河。ここで無我夢中のあまり、大河は泳げるようになっていますね。

その後プールサイドで気を失った竜児に馬乗りになり離れない大河。
ここで「さわるなぁぁぁ。竜児はわたしのだぁぁぁ。誰もさわるんじゃなぁぁぁい」の名セリフ。
泣きじゃくる大河。再び気を失う竜児。笑う北村とみのりん。ちょっと残念な亜美。

で・・・スドーバックスに集まる面々。勝負に勝って竜児を別荘に連れていく亜美に向かって、自分も一緒に行くと伝える大河。「わたしのだ」発言で大河を牽制する亜美ですが、それはあくまで竜児が「犬」であり、自分が「飼い主」としての当然のセリフであると伝える大河。「チャンスはまだある」と意味深な発言をする亜美。夏休みが始まる竜児の独白で今回のお話は終わりです。

【感想】
ちょっと足早でしたが3巻の名セリフが出てきましたね^^
演出では大河の細かいカットでもちゃんと描かれていてよかったと思います。

さて前回の伏線のとおり、竜児と別荘へ行く話が主軸になっています。
大河は、竜児が亜美と一緒に別荘へ行って欲しくないわけですが、自分のその気持ちが何なのかわかりません。結果としてそれがストーリー展開の中でイライラとなって現れるわけですが、最後の絶叫でフラストレーションを吹き飛ばしている感じですね。

亜美は前回から引き続きいい感じで高須アタック中。シリーズ後半までこのテンションのままでしょう。そもそも大河が北村への思いを持ち続ける限り亜美のチャンスは残っている構図ですので、それが普通ではありますね。

竜児は鈍感にも・・・いや鈍犬にも程がありますね^^; 今回のエピソードで大河が不機嫌な原因のほぼ80%(!?w)は竜児に起因しています。話の発端は亜美と竜児が別荘へ行くことですが、大河の機嫌が悪い原因が「亜美と北村」であると思い込み続ける竜児。ずれた歯車の如くそれを続ける竜児も竜児ですが、それをわかって何も言わない北村とみのりんも確信犯ですね^^;

さてさて、主役の貫禄を見せた(?)大河ですが、基本的に北村への意識が強いために竜児への気持ちが表面に出る事はありません。しかし今回はさすがに亜美の横槍で竜児への思いが態度にはアリアリと出てしまっています。
市民プールでのシーンで「他人が私の心の中を、勝手に想像してわかったような顔をする」のは竜児へ向けた言葉であり、無意識に「それがイヤ、ムカつく」のでしょう。また「自分だってわからないから」といっており、やはり無意識に竜児への好意はふくらんでいるのがわかります。

いずれにしても、大河と竜児の仲は一歩前進ですが、最後の絶叫シーンを聞いて態度が変わらない竜児がうらやましいですね^^; (ふつうギクシャクしそうですが)
以前にも書いたのですが、竜児のみのりんへ態度がこれでは実は変なのですが、恐らく次回あたりで進展はあるはずなので、今はこれでもいいのかなぁと思いますね。

次回「海にいこうと君は」です。さてみのりんとの関係は進むのでしょうか。10話あたりに何か大事件がありそうな感じもしますね^^;

スポンサーサイト

テーマ : とらドラ!












 



管理者宛の投稿

とらドラ! 第8話「だれのため」

博士「二人共儂の為に頑張って!」助手「それはねぇよwww」...
2008/11/20(木) 22:27:16 | 電撃JAP

とらドラ! 第8話「だれのため」

今回は大河と亜美の水泳対決。 果たして勝敗は、どちらの手に微笑むのでしょうか?
2008/11/20(木) 22:46:48 | 日記・・・かも

とらドラ! 8話れぶー 「だれのため」

ドゥルドゥルドゥルドゥルドゥルドゥル じゃん!! みのりん可愛い!!! ってなわけで対決です。水泳です。大河勝ち目なし?? てなわけで今...
2008/11/21(金) 01:43:10 | ふぉーおーる@好きならなんでもいいじゃん
初音ミク 名曲メドレー



presented by 初音ミク オリジナル

プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
LakshmiサーバでまったりしているGlayzzz(ぐれい♂)のサイトです。(GlayxxxはGarudaサーバ時代の名前で、サーバ統合で変わりました^^;)いろいろ面倒なのでサイトのURLはそのまま^^;
主にアニメの感想サイトですが、稀にFF11のプレイ日記が載ると思いますのでよろしく。
鯖で見かけたら、/waveとか/pokeとか、やっちゃってw
(自画像を髭にしました^^;)

基本的に戴いたTBは返信していますが、サイトによってできないところがあるようです。ごめんなさい。こちらにTBが出来ない方はコメントに残してもらえると嬉しいです^^

相互リンクは、「こちら」までコメントをお願いします^^

トラコミュに参加してみました^^;
にほんブログ村 アニメブログへ

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。