FF11とアニメな日々

FF11とアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)     5万ヒット ありがとうございます (*´Д`*)

 
--年--月--日 (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【夜桜四重奏(ヨザクラカルテット):9話「ユクサキニ」】の感想です。

第九話、みんながこれからのお話を心配して思い悩む(?)回です。
視聴者も思い悩んでしまうよw

第九話

【Aパート】
お弁当を作っている桃華。力の制御できない桃華を問い詰める恭助。桃華は七郷の桜が咲いた日から力の制御ができないようです。元老院ではヒメが七郷の開花を止められず、止むを得ず切り倒してしまった事を問い詰められます。
町では七郷の撤去する作業が進められています。幹は既に死んでいるよう。

ことはに調子が悪いと話す町民(妖怪)。ジュリは七郷を調べ非常に常に危険な状態と診断します。
水奈と火奈は傘をさして雨ガッパ姿です、どうも吸血鬼の力が強く日光の元には普通に出歩けない様子。2人も七郷が咲いた日から調子が悪いといいます。

獅堂を待つ水奈と火奈。そこへ桃華が現れます。道のブロックにつまずく桃華。ブロックは岩の塊と化して獅堂の車へ。慌ててよける獅堂の車ですがコントロールを失って水奈と火奈に向かって突っ込んできます。その車をキックで止める桃華ですが、その場に倒れてしまいます。

病院に運ばれた桃華を「貧血のようなもの」と診断するジュリは、七郷の咲いた日から様子がおかしい事を知り、水奈と火奈にも質問しています。どうも桜が咲いた日に現れた黒い影に触ると力の制御がうまくいかなくなるようです。そこへ現れる甚六は黒い影が妖怪だと説明します。

甚六は、七郷の桜が咲くと、あの世の妖怪がこの世に流れ込んでくる、そうすれば人間界にいる妖怪は生きる術を失う、だから人間界で共存したいと願う妖怪は力を合わせて七郷を守らなければならない、と説明します。今回の問題は町長のヒメが力不足だったと非難する甚六。円神がギンであるがために秋名がそれを阻止した事に苦虫を噛み締める恭助。アオは話の顛末を知り責任を感じています。

公園で天を仰ぐ秋名。そこへ鈴が現れます。鈴も黒い影に触ったようです。
病院には調子の悪い妖怪が殺到しています。対応するジュリとことは。

ヒメは自宅の道場で練習中。そこへ訪問するアオは隠れて様子を見ています。ヒメの殺気立った殺陣に兄を滅殺されると感じたアオは声もかけず逃げ出します。

病院で気が付く桃華。そこへ現れる秋名。恭助は現実から目を背け何もしない秋名を責めます。訳が分からず相変わらずの対応をしてしまう秋名。恭助はその態度が許せず「何故円神を調律(チューニング)であの世に送らなかった、貴様が何もしないから桃華が犠牲になって不幸な目にあう」と迫ります。止めようとする桃華は力の制御ができず、机を吹き飛ばしてしまい、秋名はそこで始めて問題の重大さに気が付きます。
「ギンを助けるのは、既に死んでしまっているから不可能」と断定する恭助は、ドアに現れるアオの姿を見て言葉を失います。呆然と立ち尽くすアオ。

【Bパート】
円神はその昔自分が比泉の人間にチューニングであの世へ送られた事を思い出しています。
(あれ?なんか変です、これって原作と違うっていうか、今までの説明と辻褄があいませんよ。何か勘違いしているのかなぁ?)

秋名の事が心配で事務所に電話を掛けてきている桃華。ことはは心配ない言って電話を切ります。ことはは秋名の心配をし妖怪も人間も、秋名もヒメもアオも、それぞれの気持ちは分かると話します。アオから秋名の携帯へかかってくる電話。どうも話したい事がある様子です。

自宅へ戻った桃華は枷をされて寝ています。恐らく寝返りをうつときに周りの物を壊さないようにするためでしょう。稽古を続けるヒメは、ギンが円神に身体を乗っ取られたときのことを思い出しています。
(ここの描写もなんとなく変ですね。今までと辻褄が合ってない気がします。おかしいなぁ?)

呼び出しに応えアオの元に向かう秋名。アオは秋名の本心を問いますが、それに対する答えが秋名の中にはありません。ギンを諦めるというアオですが、軽はずみにそんな事を言ってはならないと諭す秋名。その言葉に反論するアオ。秋名自身もまだ迷いがあり答えは出ません。

道場の外からヒメが心配で覗いている甚六のところへ、雄飛とマリアベルが現れます。町が心配と語る甚六ですが、土地神は手を差し伸べずただ見守るのみと話ます。マリアベルが一礼し雄飛はその場から去ります。(ここは次回の複線かな?)

元老院最高会議に呼び出しを受けるヒメと秋名。(ここはまるで、●リーチみたいな場面ですな)
元老院は桜新町にある七郷全てを切ると宣言。驚くヒメと秋名。八重は決定に不服なようですが、先に雄飛から釘を刺されており、反論はせず舌打ちするだけです。ヒメの動揺するシーンでお話は終わります。

【感想】
ここにきてオリジナルストーリが展開しだした夜桜です。アニメから入った自分は、あとで原作を読んだわけですが、どっちも好きなんだよなぁ。アニメ版はここにきていろいろ設定を変えていることが今回明らかになりました。

まず円神ですが彼は過去にチューニングされていたようです。でも円神が比泉家であることは随分前から(エンドロール)で明らかになっているわりに、そこについての描写が今までありませんでした。今回比泉家によってチューニングであの世へ送られていますが、今回の描写はどうみても人間ではなく妖怪に堕ちた人ですよね?するとそれ以前に何かの事件がないといけないわけですが・・・・

それからギンが乗っ取られる描写も今回明らかになりました。ヒメとアオはその場にいたので事実を知っている事になりますが、今回の不協和音の元となる秋名と円神の経緯はわかっていて然るべき人間(妖怪!?)ってことになるはずです。このあたりはどう収拾をつけるんでしょうねぇ

さて今回のストーリーですが、メンバーそれぞれがこれからの成り行きに心を痛めるって話でした。誰も簡単に答えは出ないようで、まぁそれもアリなんでしょうが、それだけの描写でちょっと話数をかけすぎな気がします。もしかするといろいろ複線が張られているのかもしれませんが^^; 夜桜的には過去にそういった構成ではなかったので、失速感は否めないですね。(もっと徹底的に復旧できないくらい町が荒れるとか、円神の悪巧みがどんどん進んで手に負えないとか、そういった構成の方が良かった感じがするんですけどねぇ)

なんとな~く最終回の流れが見えてきた感じもしないでない今回のエピソードですが、夜桜の良いところはメンバー全員の活躍が1つの結果を生むといった演出なので、最終回に向けてどうやって全員の気持ちを1つにするかが見所になるはず・・・・なんだけどなぁ。今回はそういった意味ではあまりポイントとして描けていなかった感じです。(でも説明のために必要な回だったと思います・・・だといいなぁ・・・きっとそうですよw)

さて次回、「イバラミチ」です。原作だと円神との対決回なんですが、話数からするとたしかにそういった時期ではあるんですが、まだ早過ぎですよ。どうまとめるんだ?w

スポンサーサイト

テーマ : 夜桜四重奏












 



管理者宛の投稿

夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 第9話 「ユクサキニ」 感想

いわゆる欝回であり、溜めを作ったのでしょうけれど、それにしても痛々しくて見るのが辛いです。夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 第9話 ...
2008/11/30(日) 00:45:34 | メルクマール

夜桜四重奏 第9話 「ユクサキニ」 感想

ソノカクゴ。
2008/11/30(日) 01:14:13 | ソウロニールの別荘

「夜桜四重奏ヨザクラカルテット」第9話

第9話「ユクサキニ」円神の抹殺と七郷の開花の阻止を元老院から命令されたヒメ。町では傷ついた七郷の影響により、町に住む妖怪たちは体調を崩したりパワーを制御できなくなってしまっていた。町民たちは若い事務所の面々に不安をいただき始めた頃、秋名とアオは円神の存...
2008/11/30(日) 07:15:21 | 日々“是”精進!

破滅の序曲と円神の怨念。町壊滅のカウントダウンが始まるのだった。 夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~第9話『ユクサキニ』

 朝早くから桃華が、みんなの分の弁当を作っていた。  彼女なりにみんなの力になりたい一心でやっており、起きてきた恭助も彼女の手伝いを...
2009/03/28(土) 16:07:34 | シュージローのマイルーム2号店
初音ミク 名曲メドレー



presented by 初音ミク オリジナル

プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
LakshmiサーバでまったりしているGlayzzz(ぐれい♂)のサイトです。(GlayxxxはGarudaサーバ時代の名前で、サーバ統合で変わりました^^;)いろいろ面倒なのでサイトのURLはそのまま^^;
主にアニメの感想サイトですが、稀にFF11のプレイ日記が載ると思いますのでよろしく。
鯖で見かけたら、/waveとか/pokeとか、やっちゃってw
(自画像を髭にしました^^;)

基本的に戴いたTBは返信していますが、サイトによってできないところがあるようです。ごめんなさい。こちらにTBが出来ない方はコメントに残してもらえると嬉しいです^^

相互リンクは、「こちら」までコメントをお願いします^^

トラコミュに参加してみました^^;
にほんブログ村 アニメブログへ

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。