FF11とアニメな日々

FF11とアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)     5万ヒット ありがとうございます (*´Д`*)

 
--年--月--日 (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【かんなぎ:第十三幕(最終回)「仁、デレる」】の感想です。

(*´Д`*) 今年最初のレビューが最終回です。

最終回。原作では「エフェメラル」の後半と「仁、デレる」ですね。原作通りだと10分強で終わるお話ですが、オリジナルシーンで補強しています。

第13話_1

【アバン】
雨の中、上森家でナギが自分のあやふやな自我を嘆いて落ち込んでいます。声を掛ける上森家の人々。仁は学校の下駄箱でつぐみにナギの安否を問われます。ここで初めて行方不明のナギの事情を話す仁。OPは無し。

【Aパート】
教室でふさぎこむ仁。心配するつぐみ。誰もいない仁の自宅と自宅に放置されたナギのオオヌサ。授業が終わり貴子と紫乃から呼び出されるつぐみは、ナギの消息と事情を問われます。心配ないと答えるつぐみですが、安心できない貴子ですが、志乃の言葉に納得して引き上げます。

場面は国語の授業中。夏目漱石の「こころ」を朗読する生徒。雨の中、昔を思い出しながらそれを聞いているつぐみ。しかし・・・・
「なぜだか今に解ります。今にじゃない、もう解っているはずです。あなたの心はとっくの昔からすでに恋で動いているじゃありませんか。」
一節を聞いて、つぐみはそれが自分自身の気持ちでもあることに気がつきます。仁の言葉を思い出しているつぐみ。体操中の仁は連日のナギ探しで疲れています。つぐみは放課後の校門で仁を待っています。

(下駄箱からここまでオリジナル)

帰り道の公園でつぐみは仁にナギの探索をけしかけます。事情を聞くつぐみですが、仁は口喧嘩と答えます。引き止める理由はないと話す仁に怒り出すつぐみは、ナギは意地を張って帰ってこれないだけで本当は帰りたがっている、ナギの帰ることろは仁のところしかないと仁を怒鳴ります。返す言葉のない仁。

つぐみは続けます。仁の本心はナギに帰ってきて欲しいと思っている、でも自分の本心と向き合うのが怖いから逃げているだけだ、ナギも感情と直感で行動しろといっていたし、そもそも自分自身の気持ちに鈍感じゃないのか?、と。「仁、どうしたい?」の問いかけに、走り出す仁。

つぐみは自宅に戻り、掲示板に書き込まれたナギ情報を仁に伝えています。河の土手へ向かう仁は、涼城怜悧の言葉を思い出しています。涼城の言葉に、「一緒にいて、毎日楽しかったからだ」と答える仁。そして河原の草むらをかき分け土手まで進むと、そこには黒い衣装に身を包んだナギがいました。仁の呼びかけに振り返るナギは一瞬戸惑いますがその場から逃げ出します。その腕をとり引き止める仁。仁は、ナギが騙したのではなく分からなかっただけだと話し出します。分からなくなって隠そうとしただけだと。しかし仁は子供の頃に出会ったナギを覚えています。それが神様であったと信じています。

それを聞いて泣き出し座り込むナギ。自分の自我を支えるだけの記憶と自分自身を形成するために必要な自己概念(自我を支える自我)が欠落している事を嘆きます。

仁は分からなければ探せばいいと提案します。それを聞いて泣き出すナギ。

【Bパート】
ナギにティッシュを渡す仁。「恥ずかびぃ」と照れるナギ。そこに上森シゲが現れます。シゲは仁の事を覚えていましたが、仁には誰だかわかりません。周りの案内を始めるシゲ。ナギはシゲの案内で昔の事を思い出します。シゲは「実は首を吊ったのは自分」と話し出します。驚く仁。

シゲは戦時中に夫が死んだショックから神薙神社の御神木に縄をかけ自殺を試みたのですが、ナギにより枝を折られ命を助けられたと話します。微笑んで答えるナギ。上森家に現れたナギに感謝するシゲ。ナギに抱かれ涙するシゲ。49日に再び現れると言い残してシゲはその場を去ります。

ナギにシゲの事を問う仁。ナギはシゲが自身の産子であり神守(上森)の家の人間であることを説明し、上森家まで案内します。既にシゲの葬式が始まっている上森家に驚く仁。自分の記憶が混乱している事を仁に告げるナギですが、仁は一緒に探して考えればそれでいいと話します。頷くナギ。そして2人は手を繋いで仁の家へと戻ります。その様子は掲示板に。

自宅に帰った仁とナギは、留守番電話に残されたメッセージを聞いて安心します。風呂に入るナギ。興奮してテレビをつける仁ですが、テレビにはCD発売したざんげが歌いだします。(酷い;;)

それでも安心せず部屋をうろつく仁は台所へ。ナギは下着の代えを取り自室からお風呂場へ移動しますが、そこで仁と出くわします。驚きコップを割る仁に倒れるナギ、助け起こそうとして一緒になって倒れてしまう仁。そこに現れるつぐみ。

つぐみは暫く事態を飲み込めず2人を眺めますが、いきなり走り出します。ここでOP曲開始。

走りながら泣いている自分が何故泣いているかわからないつぐみ。追いかける仁ですが、あわてる仁を殴り倒すナギ。そのままEDでお話は終わりです。

第13話_2


【感想】
さて最終回です。終わり方としては非常に順当な最後だったと思います。

仁はナギのことを神様と信じて一緒に生活することを改めて決めることになるのですが、それとあわせて一人の女性としてナギを意識してしまいます。これは原作でも最後まで引っ張る感情です。もっともこれからナギの神様探しが始まってそれどころではないのですが^^;

ナギは元々別な思い人がいるわけで、これは初めてつぐみ宅に訪問したときにつぐみに告白しています。ですが仁の事を嫌っているわけではないようです。このあたりは二重人格の描写とあわせてナギの正体にも関わる話らしいので、原作でもそこは明らかにされていません。

つぐみは、まだ仁を男性と意識しておらず、アニメ版ではいろいろ伏線を張っていますが、そこが明らかになるのもずいぶん先の話です。最後に泣きながら走るつぐみの姿で終わるのはなんともすっきりしない構成ではあるのですが、原作どおりに作るとこうなるのは間違いありません。

最終回では、原作ページだけだと時間が大幅に不足するので、オリジナルエピソードを数多く取り入れています。これらのシーンは原作にはないのですが、違和感を感じないほど完成度は高く、とてもいい出来だと思います。しかしながらシリーズ全体で見ると、オリジナル回である押入れエピソードや、おまけ漫画の挿入、カラオケ回など、もうちょっとバランスをとってもいいのではないかと思います。オリジナルを入れるのであれば、最後のシーンもなんとかまとめて欲しかったですね。(どうしても他作品と比較してしまうのですが、その点は喰霊などはうまく最後にまとめたと思います)

作品の評価については、別記事に書いてしまったので、そちらを参照下さい。(といっても大して変わったことは書いていませんけどね~^^;)

「かんなぎ」は、倉田さん関連のニュースでずいぶん前からアニメ化の情報は知っておりその当時から大変楽しみにしていたのですが、こうやって終わってしまうと寂しいものです。第二期はずいぶん先(とゆうか、作らないじゃないかなぁ?)だと思いますが、「げんしけん」などと同じように完結編を待っていたいと思います。

第13話_3



【おまけ】

(*´Д`*) 例によって聖地巡礼です。






ではまた。。。


===============================
TB先
・http://lapislazurirose.blog69.fc2.com/blog-entry-775.html
・http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51169784.html
・http://koremosuki.blog39.fc2.com/blog-entry-245.html
・http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-675.html
・http://teal.sakura.ne.jp/time_of_bliss/2008/12/13_1.html

スポンサーサイト

テーマ : かんなぎ












 



管理者宛の投稿

かんなぎ 第13幕 仁、デレる

かんなぎ 第13幕 仁、デレる 最終話。 つぐみがいい女すぐる。 基本的にざんげ...
2009/01/03(土) 00:00:53 | Time of bliss - ゲーム音楽・関連イベントの記録

かんなぎ 感想 with 「今期終了アニメ(12月終了作品)の評価をしてみないかい?3」 かんなぎ

Amazon.co.jp ウィジェット こちらのブログを覗かせてもらっているのですが、面白そうな 企画があったのでかんなぎの感想に当てはめてみまし...
2009/01/06(火) 23:37:06 | ふぉーおーる@好きならなんでもいいじゃん
初音ミク 名曲メドレー



presented by 初音ミク オリジナル

プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
LakshmiサーバでまったりしているGlayzzz(ぐれい♂)のサイトです。(GlayxxxはGarudaサーバ時代の名前で、サーバ統合で変わりました^^;)いろいろ面倒なのでサイトのURLはそのまま^^;
主にアニメの感想サイトですが、稀にFF11のプレイ日記が載ると思いますのでよろしく。
鯖で見かけたら、/waveとか/pokeとか、やっちゃってw
(自画像を髭にしました^^;)

基本的に戴いたTBは返信していますが、サイトによってできないところがあるようです。ごめんなさい。こちらにTBが出来ない方はコメントに残してもらえると嬉しいです^^

相互リンクは、「こちら」までコメントをお願いします^^

トラコミュに参加してみました^^;
にほんブログ村 アニメブログへ

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。