FF11とアニメな日々

FF11とアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)     5万ヒット ありがとうございます (*´Д`*)

 
--年--月--日 (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【WHITE ALBUM:「第一頁 そう、あの時はもう、スイッチがはいってたんじゃないかなぁ」】の感想です。

ほんとは、『2009年1月期新作の感想』(その3)として「宇宙をかける少女」の感想も書く予定でしたが、風邪をひいてしまい時間がなくなって1作だけになってしまいました、すみません。

(*´Д`*) 月曜日はハードなのに来週はいきなり4作になってしまうのが心配ですw
カテゴリもどうするか来週決めたいと思います。^^;

とゆうことで、「あらすじ」はあまり書けていません、ごめんなさい^^;;

【あらすじ】
時は1986年。主人公藤井冬弥はアイドル森川由綺の彼氏である。

11月4日。寝坊してアルバイトをクビになった冬弥は大学へ向かい由綺と会います。しかし由綺はマネージャーである篠塚弥生と共に仕事に向かいすれ違い。大学では2人の姉代わりでもある澤倉美咲と友人の七瀬彰が現れます。

その後喫茶店の手伝いに向かう冬弥と七瀬ですが、途中で幼なじみの河島はるかが自転車で追いかけてきます。しかし七瀬が不用意にテニスの事を口にした為その場を去ってしまいます。はるかの兄はインターハイに出るほどの腕前でしたが、数年前に亡くなっており、はるかはそのことをまだ引きずっているようです。

スタジオの控え室へ向かう緒方理奈は、同じ出演者達(桜団)が素直な事に不審を抱き由綺の元へ向かいます。由綺の控え室ではコーヒーで汚されたステージ衣装が。桜団が自分への逆恨みで由綺をいじめられたと判り怒る理奈を大丈夫だからと追い出す由綺。

喫茶店でアルバイトしている冬弥と七瀬。店の奥から由綺が所属するプロダクションの緒方英二が現れ追いかける冬弥ですが、追いつけずバイトも終わり自宅へ帰宅します。

自宅で由綺の出ている番組を見ながら食事中の冬弥は、歌の途中で桜団を注意する理奈(由綺のイジメの原因)をテレビで見て「怖い」と評します。そのとき由綺から収録が終わったとの電話が入ります。汚された衣装はパンク風に仕立て判らないようにアレンジしていました。長電話でお互いの寂しさを埋める2人。そして鳴る冬弥の部屋のチャイム。

【感想】
原作は1998年に発表された18禁パソコンゲームで未プレイです。公式サイトに行けばわかりますが、PS3でリメイク版を作成中ですので、アニメはマルチメディア広告の一環と考えて間違いないと思います。もっともゲームはマルチエンディングなので、アニメ版はそのうちの由綺シナリオだけを映像化したものと思われます。これは、公式サイトのキャラクター紹介で「ヒロイン」と明記している事と、キャストで「森川由綺」が最初になっている事から予想したことで、まだどうなるかはわかりません。

第一印象は、ずいぶん古い作りのアニメだなぁ・・・って感じです。
OPやEDのテロップの出方、各場面で出てくる小物(マンガ、雑誌、テレビ、電話、喫茶店 etc)、BGMの選曲など、製作スタッフは相当気を使ってアニメを作っています。もっとも20年以上前の年代設定(1980年代)なので、当時のドラマなどをお手本にしたと思われるのですが、ちょっとやりすぎで現在のアニメファンに受け入れられないでしょう。本当にターゲットが30歳以上の視聴者で当時のドラマ仕立てを狙ったアニメであるとすれば、相当面白くなりそうですがそこまで出来るかどうかは危ない賭けでもありそうです。

さて作品のテーマは「浮気」です。それも18禁ですので、マネージャーの弥生は冬弥との肉体関係に発展するなど相当ドロドロです。主人公冬弥は、「君が望む永遠」の鳴海孝之が出現するまでヘタレの代名詞と呼ばれていたキャラクターと聞いていますので、最終回までどっちつかずの情けない主人公を通すと思われます。

個人的には「君が望む永遠」も好きな作品なので、(ショッキングシーンも含めて)これを越えるかどうかが期待されるところですが、当面は楽しみに視聴できると思います。やはり問題はアニメの作りの古さで、シナリオと構成でなんとかうまくやって欲しいところ。1話では桜団のエピソードを絡めてまぁまぁいい出来だったと思いますが、次回からは理奈が全面に出てくるようで、主要キャラの活躍にも期待したいところ。

キャラクター人間関係では、冬弥と由綺の公認カップルを軸に、弥生の由綺に対する同性愛、由綺の芸能活動の代償として出来てしまう弥生と冬弥との関係。また由綺側は兄英二との関係から冬弥へ逃げ込む理奈。姉の立場から自分を変えたい美咲との関係と七瀬との泥沼。兄を失った悲しみを冬弥と埋めたい幼なじみのはるか等、どこをつついてもドロドロです。こういった割り切った関係や煮え切らない人間関係などがダメな人もストレスを感じるかもしれません。

OPは緒方理奈役の水樹奈々さん。最近では「ロザリオとバンパイア」などで主題歌を歌っていたので聞き覚えのあるひとも多いかもですね。


次回は「第二頁 ずっと前から仕組まれてた、そんな出会いって、信じる?」です。

感想は、ドルアーガも見てから決めたいですが、視聴は楽しみに見ていると思います。

スポンサーサイト

テーマ : WHITE ALBUM












 



管理者宛の投稿

WHITEALBUM 第1頁「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじ...

WHITEALBUMの第1話を見ました。第1頁 そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ「そうなの」「そうなのか…由綺もいよいよアイドルか」「そうなの、だから…もう…」「え?何?」「もう冬弥くんと…で、私…だからもう…」「由綺、聞こえないよ」森川由綺...
2009/01/07(水) 10:30:58 | MAGI☆の日記

WHITE ALBUM 第1話「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ」

「そりゃ可愛いよ、すごく」 冬の新番組第4弾。 第1話を見た時点では、普通に終わってしまいました。 浮気なテーマとのアニメorゲーム...
2009/01/07(水) 13:35:18 | 日記・・・かも

WHITE ALBUM 第一頁「そう、あの時はもう、スイッチが入っていたんじゃないかなあ」

助手「2009年1月期第7弾は・・・」博士「ここがあの女のハウスね!」...
2009/01/07(水) 16:43:36 | 電撃JAP

WHITE ALBUM 第1頁 「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ」

彼女が新人アイドルになってしまった藤井冬弥。なんか悲劇の序章のようです。冬弥は、思い込みに走っていますね。
2009/01/10(土) 00:56:01 | ゼロから

(アニメ感想) WHITE ALBUM 第1話 「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ」

WHITE ALBUM リニューアルパケージクチコミを見る 1998年に発売された同名PCゲームのアニメ化。なぜ今になって?という疑問は残りますが、未だファンの根強い人気があり、個人的にも気になっていた作品ではあったので、楽しみにはしています。
2009/01/10(土) 02:26:04 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
初音ミク 名曲メドレー



presented by 初音ミク オリジナル

プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
LakshmiサーバでまったりしているGlayzzz(ぐれい♂)のサイトです。(GlayxxxはGarudaサーバ時代の名前で、サーバ統合で変わりました^^;)いろいろ面倒なのでサイトのURLはそのまま^^;
主にアニメの感想サイトですが、稀にFF11のプレイ日記が載ると思いますのでよろしく。
鯖で見かけたら、/waveとか/pokeとか、やっちゃってw
(自画像を髭にしました^^;)

基本的に戴いたTBは返信していますが、サイトによってできないところがあるようです。ごめんなさい。こちらにTBが出来ない方はコメントに残してもらえると嬉しいです^^

相互リンクは、「こちら」までコメントをお願いします^^

トラコミュに参加してみました^^;
にほんブログ村 アニメブログへ

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。