FF11とアニメな日々

FF11とアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)     5万ヒット ありがとうございます (*´Д`*)

 
--年--月--日 (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【黒神 The Animation:7話「クロの過去」】の感想です。

Copyright (C) 林達永・朴晟佑/スクウェアエニックス/サンライズ・バンダイビジュアル
当サイトについてのご注意

第七話です。過去編と沖縄への出発回です。基本的に全てオリジナルエピソードになってしまいました^^;

第七話_1第七話_2第七話_3第七話_4
(画像は全て公式サイトからです)

【あらすじ】(公式から)
「サブの契約者は闘いの負荷に耐えられず、死に至る―」水華魅の言葉が慶太に重くのしかかる。
心中複雑なまま沖縄に向かう慶太は、空港へ向かう途中でトライバルエンドに襲われていた元神霊とその契約者と出くわす。
彼はクロの過去を知る獅子神一族の元神霊・揶雲(ヤクモ)で、クロを姫様と呼ぶのだった。

第七話_5第七話_6第七話_7第七話_8

【感想】

第七話_9第七話_10


さて、第七話・・・・・・65点くらいかな。

過去編で出てくるお付の人はオリジナルキャラクターでした。この2人の使い方は良かった。毎回そうなんですが、主人公よりサブキャラのシンクロシンーンの方が格好良いのはなんででしょうね?^^;

過去編はクロの身の上がよくわかるエピソードなので、もうちょっと丁寧にやってほしかった気がします。あれでは端折りすぎですよ。
過去編では、クロはやんちゃなお姫様といった設定です。いつも2名のお付の女性がついて身の回りの世話をします。兄を慕っており、いつも兄に甘えてばかりの毎日です。原作で、クロがお金を払わず警察に捕まってしまったところ、兄の黎真が出てきて「甘やかせ過ぎたか」といった台詞を言うシーンがあり、このカットが過去編の全てを物語っています。

クロは祭りの踊り子に選ばれ兄との舞を楽しみにしています。祭りの前夜に黎真を呼び出した母親は黎真にある選択を強要します。その後黎真は一族を皆殺しにし、母親を殺して、人間界へと下るのです。クロはその事情を知らず、兄を母親の仇と追って人間界に来たのでした。

原作では、慶太がエクセルからもらった戦闘装身具「サウザンド」をうまく使いこなせず、あきらめていたときに、クロの身の上話を聞き、なんとかクロの力になろうと努力してサウザンドを使えるようになるといったエピソードです。アニメ版では慶太が戦う決意をするエピソードとして使われました。これは悪くはないと思いましたね。

ちなみに、エクセルが慶太に渡したサウザンドと、エクセルが持っているサウザンドは別なものです。エクセルのサウザンド「方陣障壁(ヘキサウォール)」はクロとの戦闘回で使われましたね。

物語的にはやっと動き出した感がある黒神ですが、動き出したと思ったらもうすぐ終わりそうです^^;
特殊な世界観について丁寧に説明したつもりが、シナリオ構成の悪さに足を引っ張られ、視聴率を落としているように感じます。原作だといろいろな制約ややりたいことができなかったのかもしれませんが、どうしてもバランスが悪く感じます。

本当にオリジナルストーリーで出すのであれば、原作になぞってサブキャラを出すのではなく、もうちょっと骨太なストーリーを別に立てて本編と絡めて欲しかったですね。それが恐らく蔵木大地のエピソードなんでしょうが、もうちょっと時間を割いてもらってもいいんじゃないでしょうかね。例えば前回の北条水華魅は、大地側エピソードでお話を展開とか・・・・。

アニメではトッペルライナーシステムとして原作のドッペルライナーとは違います。これは今後の物語に関わってくるのかもしれません。ルートとマスタールートを分けている理由などが明らかになっていないことから、ルートと呼ばれる存在は確定的なものではないのかもしれませんね。本人の努力でサブでもルートでもなれるといった展開で、マスタールートはニライカナイ編で出てくる例の人と区別するために作ったんじゃないかな?だとすれば慶太も何かをすればルートに変われるとかいったシステムになっているのかも。

サブの契約者といったエピソード回がそのためにあったとしたら、水華魅さんはあまりに損な役回りだなぁ。まったくの妄想ですけど、SさんがRさんに破れ元神霊を失ったEさんがMさんと再契約しラストでKKペアの助けに入るとかだといいなぁ・・・・もし、そういった展開だとしたらずいぶん面白くなるはずなんだけどなぁ。ないだろうなぁ・・・・・

さて人物描写ですが、やっと慶太が本気になりました。アニメスタッフはへたれ慶太を奮い立たせるエピソードとしてクロの過去エピソードを遣いたかったようですね。でもそうであればもうちょっといろんなところに伏線をちゃんと張るべきです。せっかくの慶太の決心が薄っぺらく感じてしまいます。

クロはやっと全部話したのですが、これだとこれからの進展がなさそうです。原作だとクロが慶太に恋心を芽生えさせて、それが契約にも影響するといった話もあるのですが、そういったエピソードは出してこないような気がします。出てきたら大喜びですけどね^^;

まぁ慶太とクロは主人公なので仕方ないですが、どうにも扱いに不満を感じるのは茜。これじゃどういった感情で慶太についていっているのかわからないですよね?もうちょっとちゃんと描いて欲しいと思います。


次回、「緋馬一族」です。沖縄のご当地元神霊。どういった動きをするのか楽しみです^^


===============================
TB先

スポンサーサイト

テーマ : 黒神












 



管理者宛の投稿

初音ミク 名曲メドレー



presented by 初音ミク オリジナル

プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
LakshmiサーバでまったりしているGlayzzz(ぐれい♂)のサイトです。(GlayxxxはGarudaサーバ時代の名前で、サーバ統合で変わりました^^;)いろいろ面倒なのでサイトのURLはそのまま^^;
主にアニメの感想サイトですが、稀にFF11のプレイ日記が載ると思いますのでよろしく。
鯖で見かけたら、/waveとか/pokeとか、やっちゃってw
(自画像を髭にしました^^;)

基本的に戴いたTBは返信していますが、サイトによってできないところがあるようです。ごめんなさい。こちらにTBが出来ない方はコメントに残してもらえると嬉しいです^^

相互リンクは、「こちら」までコメントをお願いします^^

トラコミュに参加してみました^^;
にほんブログ村 アニメブログへ

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。