FF11とアニメな日々

FF11とアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)     5万ヒット ありがとうございます (*´Д`*)

 
--年--月--日 (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【RIDEBACK -ライドバック- :7話「罰と×」】の感想です。

Copyright (C) カサハラテツロー・小学館/「ライドバック」製作委員会
当サイトについてのご注意

第七話です。今回は・・・・琳の気持ちを切り替える回かな?

第七話

【あらすじ】(公式より)
白ライドの騒動でGGPに抑留される堅司と琳。堅司は連れ去られ、琳は拘置所に入れられる。祖母の言葉に、反応できないほど憔悴した琳を、かつてTV塔で見た黒い男の悪夢が苛む。巨大な力の前になすすべもない琳は、搬送されていく途上で銃声の音を聞いた。それは彼女を助けようとするひとつの意思によるもの。時を同じく、岡倉は監視しているGGPに対し、「ゴブリンが挨拶に行く」と宣戦を布告する――。


【感想】
折り返し点です。最初の頃の楽しい大学生活やライドバックに乗る楽しさといったお話とは随分変わってきました。もっとも原作と比較すれば随分ソフトな表現に変えられています。ハードなのがいいって方は是非原作をお読みください^^;

お話は、琳と堅司の逮捕を中心に、それぞれの立場で不安と戦う姿を描きます。
ライドバック部は、いつも通りライドバックを通して雰囲気を盛り上げます。前回、関係が進展していないと記事に書いた菱田としょう子。今回琳を心配してライドバック部へ立ち寄ったしょう子に菱田がアタックしてますよ。(*´Д`*) いつの間にかフラグを立ててますね。これでしょう子もライドバックに乗れば、結構おもしろいのになぁ。

全体的な話の構成は、シリアスムードで進むエピソード(GGPやBMA、岡倉やキーファの謎など)と、コミカルムードに進むエピソード(ライドバック部やしょう子を中心としたお話展開など)の大きく分けて2つを主軸として進んでいきます。原作ではシリアスシーンを琳、コミカルシーンをしょう子が担当するといった大まかな役割分担になっています。そういった意味でもしょう子には早く元気になって欲しいですね。いろいろな場面で菱田との関係を深めてもらえればいいな。

一方、シリアスパートを担当する琳は警察からGGPへの搬送中にBMA側に捕まりましたが、堅児はGGPに身柄が引き渡されたと思われます。琳と堅司は、お互いを思いやりながら別な組織に強制的に所属する形となりそうです。もっとも最終回までには共通の敵と戦う事になるはずなので、そういったストーリー展開もあるものと思います。

もう1つのカップリングである岡倉と珠代も今回のお話で大接近。珠代は強制的に密偵みたいな事をやらされている身ですので、琳を心配しながらも珠代を信じてフェーゴを預ける岡倉に対し、ある種の感情が生まれても不思議はないのかもしれませんね。最初の頃に比べて、2人きりで話すシーンが増えた気がします。

琳とキーファはついにご対面。アニメ版ではキーファが琳に興味を持つに至ったエピソードはことごとく改変されています。これはアニメ版の狙いなのかな?カットされたシーンは全て別なエピソードになっているので、そのあたりの説明が次回以降あるはず。

少し話しが戻りますが、しょう子を助けるために琳がGGPの包囲網を潜り抜けた後、琳自身が命を失うような危険な場面でありながら、自分はそれを楽しんでいると思い悩むシーンがありました。その悩みの答えを持っているのはキーファです。その答えに行き着くために原作では2人が知り合う「ある作戦」があったのですが、アニメ版ではごっそり無くなっています。次回がそれに代わるシーンのはずなんですが・・・・・、ちょっと物語的には無理があるような気がするなぁ。そうだとすれば壮絶な戦闘シーンが出てくるはず。どうなんでしょう?

今回の琳は警察に捕まりGGPに引き渡されるまで、ずっと暗い表情でした。こういった場面ではよく「レイプ目」と呼ばれるような演出をするのよく見かけますが、本作では表情を変えてそれを表していました。なかなか面白い表現方法だなぁと感心してみていました。
もっとも琳に暗い表情は似合わないのではやく元気になって欲しいですけどね^^;

今回夢の中でキーファが出てくるのは、自分が抱える悩みをキーファが解決してくれるといった期待感につながっていると思っていますが、琳はGGPもBMAも好きではありません。現在のキーファはBMAの立場として描かれているはずなので、琳はキーファが好きになれない構図です。この関係を変える「なにかの事件」が必要です。これはサブタイトル的には次回起きるはずですね。

前回フェーゴのことについていくつか推論していたのですが、バロンがフェーゴを偽装していたってのは間違いでしたね^^;お詫びさせて頂き訂正させてください。

で・・・次回、「GET RIDE!選ばれし者」です。たぶんキーファとの出会いエピソードのはずですが、岡倉が絡んでこないとお話的に面白くありません。コミカルパートが今回から再開しているので、そっちのエピソードもそろそろ進めて欲しいところ。なので、もし次回が琳とキーファ回だったら神回になるはずです。ちょっと期待しています。

===============================
TB先
・http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51202832.html
・http://ameblo.jp/norarin-house/entry-10213247618.html
・http://plaza.rakuten.co.jp/accessairphoto/diary/200902230002/
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1865.html


スポンサーサイト

テーマ : RIDEBACK-ライドバック-












 



管理者宛の投稿

RIDEBACK -ライドバック- 第7話「罰と×」

琳はGGPじゃなくてBMA側につきそうですね。 GGPに拘束されてしまった琳と堅司。 全てを闇に葬るため、堅司を拷問にかけ殺害容認を強要するGGP。 姉に危害が及ぶと悟った堅司は首を縦に振ってしまい… ここに来て悪党なのはGGPのほうというのが見えて...
2009/02/25(水) 21:34:21 | のらりんクロッキー

RIDEBACK-ライドバック-第07話「罪と×」感想

ライドバックのアニメの感想の前にはバイクネタを書くことが多い。まぁ今は特にないっす。寒いから本当に足になっているし(汗強いて言えば、新しいバイク欲しいな。RIDEBACK01(初回限定版)(DVD)◆20%OFF!早速感想。警察で身柄を捕らえられた琳。もちろん弟も。そこで...
2009/02/27(金) 00:03:20 | 物書きチャリダー日記

RIDEBACK 第7話 感想

 RIDEBACK  第7話 罪と× 感想  -キャスト-  尾形琳:水樹奈々  片岡珠代:朴璐美  岡倉天司郎:小山力也  内田すずり...
2009/03/01(日) 00:32:10 | 荒野の出来事
初音ミク 名曲メドレー



presented by 初音ミク オリジナル

プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
LakshmiサーバでまったりしているGlayzzz(ぐれい♂)のサイトです。(GlayxxxはGarudaサーバ時代の名前で、サーバ統合で変わりました^^;)いろいろ面倒なのでサイトのURLはそのまま^^;
主にアニメの感想サイトですが、稀にFF11のプレイ日記が載ると思いますのでよろしく。
鯖で見かけたら、/waveとか/pokeとか、やっちゃってw
(自画像を髭にしました^^;)

基本的に戴いたTBは返信していますが、サイトによってできないところがあるようです。ごめんなさい。こちらにTBが出来ない方はコメントに残してもらえると嬉しいです^^

相互リンクは、「こちら」までコメントをお願いします^^

トラコミュに参加してみました^^;
にほんブログ村 アニメブログへ

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。