FF11とアニメな日々

FF11とアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)     5万ヒット ありがとうございます (*´Д`*)

 
--年--月--日 (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【とらドラ!:22話「君のいる景色」】の感想です。

Copyright (C) 竹宮ゆゆこ / アスキー・メディアワークス / 「とらドラ!」製作委員会
Copyright (C) King Record Co., Ltd.
当サイトについてのご注意

(修正:毎度、日本語が変なところが多数^^;すみません。原作10巻をフラゲしたので、そのあたりもちょっと加味しています)

第22話です。バレンタイン回の前編です。

第22話

【あらすじ】
教室で雪山での出来事を思い出し「大河ーー!」と叫ぶ竜児。居眠りしていた竜児の叫びをトラウマと勘違いして許す恋ヶ窪ゆり(独身30歳)。赤くなっている竜児を見て暗い表情の櫛枝。

竜児は屋上で修学旅行の顛末について思い出しています。大河は母親が向かえに来てそれっきりです。そこへ現れる北村は大河と連絡がとれているかと問いますが、携帯が繋がらないと話す竜児。竜児は大河を助け出したのは北村だった事にしてくれと北村へ願い出ます。正月の出来事と関係があるのかを聞く北村。頷く竜児。北村は竜児の申し出を受け入れます。

能登と春田は竜児を元気付けようと帰り道に最近評判になっているラーメン屋へ竜児を誘います。ラーメン屋はあまりの人気で長い行列ができています。待ち時間が長くかかってしまった事を詫びる能登は春田と進路調査について話し出します。進路についてまだ迷っている竜児は2人の対応に感心します。順番が来てラーメン屋へ入る3人は、そこでアルバイトをしている櫛枝と出会います。

「文系だ~い」と春田の進路質問に対し答える櫛枝。3人の注文を取ります。「イケメンと言ったら目潰しだぜ」と忠告する櫛枝にイケメンと答える3人。目潰しをくらってラーメンと言い直す能登。バイトの事を聞こうとした竜児は櫛枝に遮られます。「もうすぐ目が開くぜ」。店内の視線がおやじに集中します。

そのとき!ラーメン屋のおやじは目を見開き回転しながら「秘技!六道輪廻!!」と叫び湯切りをします。あつがる3人。うれしそうに湯を浴びる常連客。

食事を終えラーメン屋を後にする3人は櫛枝や麻耶達など、女子の気持ちが判らないとぼやいています。

夕方。買い物帰りの竜児は誰もいない大河のマンションの前で雪山の出来事を思い出しています。

高須家の晩御飯。進路の事を相談する竜児はお金の心配をしています。心配ないと安請け合いするやす子は納豆をいんこちゃんにあげています。
「きんた・・・まみがいたら・・・・きんた・・・まよく光る」と竜児へ訊ねるやす子。
それは「玉磨かざれば光なし」であると訂正する竜児。

お金の心配をする竜児ですが、やす子はアルバイト禁止を言い渡します(これは次回の伏線)。大丈夫と笑いながら話すやす子。竜児は子供の頃にもやす子がいつも大丈夫と言っていた事を思い出しています。

朝の下駄箱、櫛枝は「大河なら大丈夫」と竜児に話しかけてきます。一緒に教室へ移動しながら大河の母親の事を説明する櫛枝。北村は櫛枝へ部活の事をお願いしています。事情を知らない竜児は理由を櫛枝に聞きますが、北村は生徒会で忙しくなったため、自分はソフトボール部の男女統合部長を担当することになったと話します。それでバイトを増やしてはどちらも中途半端になるのではと竜児は心配しますが、櫛枝は自信満々で大丈夫と答えます。「見えているもの」があれば頑張れると説明する櫛枝ですが竜児にはわかりません。

その場にあらわれる亜美に挨拶する櫛枝ですが、亜美は無視して不機嫌そうにその場を去ります。そんな亜美を見つめる櫛枝は、竜児に別れを言い亜美を追います。困惑する竜児。

自動販売機で物思いにふける亜美。足音が聞こえ竜児かと期待しますが、櫛枝とわかり不機嫌に顔をうずめます。相手にされない櫛枝は「そこには幽霊が出る」と亜美を怖がらせます。驚く亜美。幽霊話を始める櫛枝に呆れて亜美は立ち去ろうとします。亜美は自分が途中から(竜児や櫛枝、大河に対し)口を挟んだからうまくいかなかったのかと問いかけますが、答えられない櫛枝に亜美は怒ってその場を後にします。櫛枝は「見えるもの」に向けて進むことを決めたと亜美に伝えます。櫛枝の気持ちを理解し表情を強張らせる亜美は吐き捨てるように呟きます。「うっせぇ」。

職員室で竜児を呼び出し進路調査票を早く書いて出すように促す独身30歳。謝る竜児。独身は2年の初めに提出した「就職希望」に変わりないかを確認します(1話の伏線ですね)。進学を勧める独身ですが、就職はダメなのかを確認する竜児。独身は就職がダメなのではなく、竜児の考えがわからないと伝えます。

自宅に帰った竜児は、新しくバイトを始めると書かれたやす子のかきおきを見つけます。ため息をつく竜児。夜になり勉強する竜児は雪山で回収した髪飾りを、櫛枝向けのいろいろを詰め込んだ箱を持ち出して、そこへ収めます。好きだと思う事は恥ではない・・・・竜児がそう思い出していると、大河が玄関に現れます。

予告なく現れた大河のマフラーを掴み叫ぶ竜児。あわてる竜児に往復ビンタで落ち着かせる大河。お互い恥ずかしくなって一旦どつき合いは中止します。連絡がつかないと話す竜児に初めて携帯を確認してバッテリー切れだった事に気が付きます。

大河に学校を休んだ理由を問いかけ、思わず本心を語りそうになりパニックになる竜児。大河は体調には問題なく、単純に母親といたかったから学校をサボっていた事を説明します。大河が竜児の家を訪れたのは、カギを無くしてベランダ越しに自宅の寝室へ侵入するためでした。

通り過ぎる大河に食事を誘う竜児に食事をしてきたのでいいと断る大河。引き止めたい竜児はいんこちゃんが会いたがっているとウソをつき、いんこちゃんにかかっているカバーを取ります。爆睡しているいんこちゃん。太ったんじゃないかといんこをつつく大河。それを見て大河が自分の横にいること(これがタイトルの「君のいる風景」ですね)を実感し涙します。涙顔の竜児に驚く大河に、あくびだと誤魔化す竜児。

遅くなったと聞き自宅に戻ろうとする大河は、竜児の部屋で「みのりん箱」を見つけ、雪山の騒動で櫛枝の気持ちが聞けたかと心配します。大河にそんな心配をして欲しいわけではない竜児ですが、笑顔で大丈夫と話す大河の言葉に何も言えなくなってしまいます。

ベランダから戻ろうとする大河。最後に雪山での事を話します。助けてもらった事についてお礼を言う大河。そして北村に助けられた時に告白した事を「ばかな事」と言います。竜児はそれを聞いて、大河はあの告白を無かった事にしたいんだと悟り、大河の気持ちを汲んで「何も無かった」と返します。安心して自宅に戻る大河。

「大河、お前は本当に・・・・・ドジだよ・・・な」

【感想】
さてバレンタイン回です。どうも変則3話構成みたいですね。

今回は全体的に地味な展開でした。前回カットされた櫛枝のシーンがアバンで来ると予想してみましたが、見事にカット。その代わりに自動販売機での亜美と櫛枝のシーンが追加されました。どうもアニメスタッフは、泣き寝入りする櫛枝ではなく、前向きに解決する櫛枝を描こうとしたようです。しかし、亜美としては更なる伏線が張られたことになります。ちゃんと回収できるのかちょっと心配です。

今回のタイトルは「君のいる風景」です。これは竜児に大河を好きだと再確認して欲しかった希望が入っていますね。しかしそういったシーンは大河が竜児の家を通り過ぎる一瞬だけでした。竜児の自覚といった内容よりは、どちらかといえば櫛枝や亜美などの気持ちの方がちゃんと描かれていたと思います。竜児が進路に悩んだり、櫛枝が新しいバイトに行ったり。

本当は竜児の気持ちの整理も描ければよかったんですが、これらのシーンも最終回に向けての重要な伏線です。そういった意味では必要はシーンだと思います。

また、今回注目すべきは、櫛枝が何回も発言している「見えているもの」ですね。これも次回説明があるのですが、見えているものとは「櫛枝の将来像」のことです。これは竜児の進路があやふやである事への対比でもあります。詳細は次回に櫛枝本人の口から語られると思います。

対する竜児は今後の進路について悩みます。これは独身が指摘していた問題ですね。これは「竜児の将来像」を暗示しています。これは最終回への重要なテーマになるはずです。ちゃんと「見えている」櫛枝、「見えない」竜児。このエピソードは次回にすっきりすると思います。

今回大河は出番が少なめです。但し竜児の部屋でとんでもない物(櫛枝の髪飾り)を見ています。これは原作に無いので、なにかの伏線じゃないですかね?次回バレンタインでも大河はがんばるんですけど、結果として報われないかな?

櫛枝はまだ何かわだかまりがある様子です。しかし亜美とはこのままでは問題解決できないですね。それを担うのは竜児なんですが、これは次回の公園でヒントが出るはず。解決は最終回まで持ち越しでしょう。櫛枝はちゃんと自分で動いているので、自分でなんとかします。本人の言葉通りもう迷わないのでそこは安心して見ていられるかな。

亜美は今回もスッキリしないですね。櫛枝とのイザコザは今回もあったわけですが、次回予告の公園で竜児と話をして、かなりこれでスッキリするんじゃないかな?もっとも結論は最終回まで引っ張るようですね。

北村は2話で大河の告白を受けたときから、良き友人であろうとしています。いろいろ変態な行動をする彼ですが、ちゃんと良き友人として竜児や大河を見守ります。

次回、「進むべき道」です。今回の次回予告はいろいろ。
亜美の公園シーンはちゃんとやってもらえそうでよかった。
春田はまさかのスピンオフで濱田瀬奈との2ショット。んじゃ能登もなんかあるのかな?
大河はバレンタインのアルバイト姿がなかなかかわいかったです。

ストーリー的にみのりん大告白は24話かな。最終回はアニメオリジナルの可能性も高いです。原作10巻が3/10ですが、違った「とらドラ!」になるかもしれませんね。

(で、フラゲして最後まで読み終えました・・・・・)
まず違和感を感じていた初期EDは、ある意味納得できました。アニメスタッフはわかって演出していたと思いますが、やはり違和感は残ります。ちょっと考えて欲しかったところ。
最終回よりは、24話の方が感動しそうな気がします。そのあたりは楽しみです。

原作を読み終えて思ったことですが、最終回を見た後に、是非1話のアバンをもう一度見て欲しいと思いました。あのセリフはそういった意味だったのかと、改めてわかります。たぶんこれは最終回を見てみないとわかりません。

亜美ファンの管理人としては、今ひとつ物足りないのですが、最終回近くで亜美はずいぶん良い役をもらっているので、まずは満足。アニメでどうなるかが注目です。

原作を読んだあとにアニメを見ていると、まるでフィギュアスケートの競技を見ているようです。与えられたプログラムをキチンとこなしスケートの妙技を楽しむフィギュア。とらドラ!では、、あと「トリプルアクセル」が2回、「ダブルトゥーループ」が1回あるはずです。アニメスタッフがどれだけうまく技を決めるかを楽しみに見て行きたいと思います。きっと素晴らしい技を決めてくれるでしょう。

===============================
TB先
・http://lapislazurirose.blog69.fc2.com/blog-entry-855.html
・http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-2875.html
・http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51207572.html
・http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-835.html
・http://ameblo.jp/azeaniblog/entry-10218617658.html ( http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10218617658/6efedbca )
・http://plaza.rakuten.co.jp/accessairphoto/diary/200903050000/ ( http://tb.plaza.rakuten.co.jp/accessairphoto/diary/200903050000/0d1f6/ )
・http://www.mypress.jp/v2_writers/firstsnow/story/?story_id=1814708 ( http://www.mypress.jp/trackback/tb.php/1814708 )
・http://talkingshop.blog81.fc2.com/blog-entry-21.html
・http://blog.livedoor.jp/katsux2/archives/51141059.html ( http://app.blog.livedoor.jp/katsux2/tb.cgi/51141059 )
・http://blog29taka.blog107.fc2.com/blog-entry-641.html
・http://shoumo2.blog14.fc2.com/blog-entry-111.html
・http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-614.html
・http://kpx.air-nifty.com/blog/2009/03/post-9773.html
・http://kazekura.seesaa.net/article/115303757.html ( http://blog.seesaa.jp/tb/115303757 )
・http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/22-cd6c.html ( http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210189/44247924 )

スポンサーサイト

テーマ : とらドラ!












 



管理者宛の投稿

とらドラ! 第22話 「君のいる景色」 感想

どういう結末になるのか。今月発売される原作第10巻で「とらドラ!」は終了してしまいますし、製作側も狙ってるのかしらね?。 まあ、そんな...
2009/03/05(木) 16:40:33 | Shooting Stars☆

とらドラ! 第22話「君のいる景色」

修学旅行が終わり、いよいよ進学や就職を考える時期になりました。
2009/03/05(木) 18:06:54 | 日記・・・かも

とらドラ!第22話「君のいる景色」

 白銀の世界での2泊3日の修学旅行は、2年C組の面々は見たこと無い風景に興奮していた。颯爽と滑るメンバーの中で、竜児と大河だけはスキーが滑れなかった。スキーが上手な実乃梨に教えてもらえばいいと背中を押す大河だが、竜児は中々一歩が踏み出せなかった。そんな...
2009/03/05(木) 23:26:27 | アニメのストーリーと感想

とらドラ!第22話「君のいる景色」感想

久々の快晴・・・花粉の危機・・・?2009年02月25日発売とらドラ! Scene2(初回限定版)早速感想。今回はもう学校に戻ったところでスタート。大河の聞いてはいけない発言を耳にしてしまった竜児、どうするんだろ・・・と思っていたけど、完全に大河はあのときの記憶がな...
2009/03/06(金) 00:01:17 | 物書きチャリダー日記

(アニメ感想) とらドラ! 第22話 「君のいる景色」

とらドラ! Scene3(初回限定版) [DVD]クチコミを見る 雪山で負傷しながらも何とか竜児によって救出された大河。しばらく実の母親の元で療養する事になったが、全く連絡が無いので心配する竜児。しかし、時期は自分の進路を考える時期に。。就職を希望するが母親は大学進...
2009/03/06(金) 00:17:50 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

とらドラ! 第22話 「君のいる景色」

授業中に絶叫した竜児。ああ、恋ヶ窪ゆり先生に同情されちゃいましたね。
2009/03/06(金) 00:38:36 | ゼロから

とらドラ! 第22話「君のいる景色」

いつも居るべき者が居ない景色の寂しさ。...
2009/03/06(金) 00:59:42 | とーきんぐ・しょっぷ

とらドラ! 第22話

第22話『君のいる景色』とらドラ! Scene3(初回限定版) [DVD]今回は・・・進路希望調査か・・・
2009/03/06(金) 02:35:19 | ニコパクブログ7号館

とらドラ! 第22話「君のいる景色」

第22話あらすじ 修学旅行が終わり、登校した竜児だが、教室に大河の姿はなかった。旅行先のスキー場で迷子になった大河は救助隊に助けられ...
2009/03/06(金) 02:58:40 | 全て遠き理想郷?なブログ

とらドラ! 第22話「君のいる景色」 (アニメ感想)

アニメ とらドラ! 第22話「君のいる景色」 (アニメ感想) 無事に救出された大河。 しかし、療養のために母親の元へ戻ってしまった。 ...
2009/03/06(金) 06:04:05 | アニメ・コミックだーいすき♪

とらドラ!第22話「君のいる景色」

それぞれの「前進」 とらドラ!第22話「君のいる景色」の感想です。
2009/03/06(金) 07:59:08 | 日常と紙一重のせかい

とらドラ! 第22話 「君のいる景色」 感想

大きく進展はしてないけれど、それぞれが確実に自分の気持ちを決めようとしていると感じます。辿り着く先はどこなのか分かりませんけど。 ...
2009/03/06(金) 11:45:28 | Little Colors

とらドラ! 第22話 「君のいる景色」

 やっぱ面白い!30分があっという間だったわ~。あまりにも集中して時間の経つのを
2009/03/07(土) 12:56:25 | 気ままに日日の糧

とらドラ! 第22話『君のいる景色』

すげぇ絶叫(爆)クラスの奴らが生温かすぎる。 まぁ大したケガもなく済んで良かったじゃないかい。 ここにきて…大河の母親登場、か。 一見昔に戻ったようでいてやはりどこかチグハグなとらドラ!です。 とらドラ! Scene3(初回限定版) [DVD]釘宮理恵, 間島淳司, 堀江由
2009/03/08(日) 02:33:47 | 風庫~カゼクラ~

とらドラ! 第22話 『君のいる景色』 (感想)

「ウーマンズの事は傍から伺え知れない」 3人とも本心は封印ですか!? 何か進展な
2009/03/08(日) 02:34:20 | アニメ-スキ日記
初音ミク 名曲メドレー



presented by 初音ミク オリジナル

プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
LakshmiサーバでまったりしているGlayzzz(ぐれい♂)のサイトです。(GlayxxxはGarudaサーバ時代の名前で、サーバ統合で変わりました^^;)いろいろ面倒なのでサイトのURLはそのまま^^;
主にアニメの感想サイトですが、稀にFF11のプレイ日記が載ると思いますのでよろしく。
鯖で見かけたら、/waveとか/pokeとか、やっちゃってw
(自画像を髭にしました^^;)

基本的に戴いたTBは返信していますが、サイトによってできないところがあるようです。ごめんなさい。こちらにTBが出来ない方はコメントに残してもらえると嬉しいです^^

相互リンクは、「こちら」までコメントをお願いします^^

トラコミュに参加してみました^^;
にほんブログ村 アニメブログへ

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。