FF11とアニメな日々

FF11とアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)     5万ヒット ありがとうございます (*´Д`*)

 
--年--月--日 (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【WHITE ALBUM:第十一頁「胸につかえていることを、時は解決してくれない。忘却のラベルを貼るだけで」】の感想です。

Copyright (C) 1998 Leaf/AQUAPLUS.
Copyright (C) 2008 AQUAPLUS / PROJECT W.A.
当サイトについてのご注意

第11話です。

第11話

【あらすじ】
12月4日。
理奈、由綺、弥生の前で動員値の説明をする英二。理奈は既にイブの勝負には興味がないようです。イブまで会えないけど頑張るように由綺を応援する理奈。英二は理奈のマネージャー2名が来ているのに冬弥がいない事を疑問にします。現場に向かってもらっていると説明する理奈ですが、由綺は不思議そうな顔をしています。

現場へ向かう冬弥の頭の中には由綺のコンサートのことばかりです。

トイレの前で弥生を待ち伏せしていた理奈は、由綺の手紙について弥生を問いただします。弥生は手紙が何者かによって持ち去られていた事をわかっていました。どうしてと問う理奈。弥生は「どちらのお二人ですか?それておも3人の聞き間違えでしたでしょうか?」と逆襲します。理奈は由綺と冬弥のためと話しますが、弥生の興味は理奈の今後の動きでした。問いかける弥生に対して、「由綺のため」と言い残しその場を立ち去る理奈。

エコーズで美咲から本を借りていた冬弥は、美咲が現れたらマスターから本を返して欲しいとお願いしています。

スタジアムで5万人の観客の重さを味わう理奈は冬弥へ手を振っています。それを見ていた冬弥は理奈の中に由綺の姿を見てしまいます。自分を見ていない冬弥を感じスタジアムを去る理奈。

スタジオで練習中の理奈。うまく歌が歌えない理奈は演奏の途中で何回もやり直してしまいます。練習の時間は終り、理奈は冬弥を食事に誘います。食事中でも由綺の話をする冬弥。由綺に変わり事情を説明する理奈は、もし由綺の事情を先に知っていたら理奈の仕事を受けなかったかと問いかけますが、冬弥はそれについて答えません。

移動中の車の中で夢を見ている由綺。冬弥と会えない不安は、由綺のコンサートに対する不安を更に大きくしていました。突然かかってくる自動車電話に驚き急ブレーキをかける弥生。電話の主は英二でした。コンサートの曲目が決まった事を伝える弥生の言葉に、コンサートへの不安を思い出す由綺ですが、現実を見つめ気を入れなおします。曲の入ったテープを取りに戻る弥生に、冬弥への手紙を渡してくれたか確認する由綺は、「ご安心ください」と返す弥生に安心して眠りにつきます。

12月5日。
マナの家庭教師4回目。マネージャーの事をマナへ話す冬弥。12月のカレンダーには毎週金曜日に顔のマークがつけられています。時間になったと冬弥を追い出すマナ。冬弥が家の外へ出るとはるかがいます。マナははるかとツーリングに行く約束をしていました。マナを指差す冬弥。はるはは、マナの事を「座敷童子」と呼んでいます。マナははるかを「由綺」と呼んで、彼女じゃないか?と聞き返しますが、冬弥は「由綺でもないし、彼女でもない」と言い切ります。

学校で図書館に行くと言う美咲を心配する彰。彰が歩き回るため美咲は落ち着かず用事もそこそこに図書館を後にします。帰りに食堂で挨拶する冬弥と美咲ですが彰はそれも快く思いません。

公園でストレッチするはるかとマナ。マナははるかがお兄ちゃんとして冬弥を見ていることは、一人の男性として冬弥を見る事が怖い事の裏返しではないかと指摘します。はるかもマナの言っていたおにいちゃんが冬弥であったことを指摘しますが、マナはお兄ちゃんじゃなくて子供の頃に会っていたはずの女性を慕っていると説明してそれを否定します。マナは冬弥の言っていることがウソばかりだから、そんな男性はやめておけと指摘しますが、それが全て事実であると知るはるかはマナに誠実であろうと考え自己紹介します。いきなり態度の変わったはるかに、「AB型?」と聞くマナですが、はるかは「A型」と答えます。

12月10日。
水曜。冬弥は既にエコーズにいません。仕事と関係なく水曜日に冬弥を自宅まで送る事が日課となった弥生は、理奈の付き人の仕事について冬弥へ問います。冬弥が褒めれば褒めるほど理奈の調子は落ちていきます。冬弥はバンドのメンバーがアリーナを取られた影響と指摘しているとウソをつきますが、自分が理奈のペットと呼ばれていることは弥生には内緒にしています。弥生はアリーナのことが不調の原因ではないと指摘します。

いつもの土手に車を止め、はるか、マナ、美咲の話をする冬弥。由綺の話はしないのか?と弥生が聞くと、冬弥はいきなり泣き出します。頬を伝う涙を舐めそのままキスをする弥生。冬弥が気が付くと既に日は高く上っていました。

12月16日。
理奈のリハーサルではステージに集中できずミスばかり続いてしいます。理奈は気分転換に由綺に電話しますが、由綺から冬弥の様子を聞かれます。寂しそうに「(由綺のことは)何も言ってない」と答える理奈。

リハーサルが終り冬弥を食事に誘う理奈。冬弥は歌詞を忘れた理奈に「もっと大事なもの」があるからと話しますが、理奈は厳しい顔でそれを否定します。

明日のエコーズのバイトの後に食事に誘う理奈ですが、冬弥は用事があるからと断ります。理奈は誰との約束かを問いますが冬弥は弥生の名を口にします。あきれている理奈。


【感想】
動員値の説明、チケット代と思っていた数字は会場係数でした。結局動員数と掛け合わせるとしたら、その会場の満席率とかにすればもうちょっとわかりやすかったのにねぇ。
会場係数を持ち出したのに、スタジアムに公会堂とカルマの動員数を足し合わせた時点で、公会堂を1としたスタジアム0.09の理論が崩壊してますね^^;
たぶん他のブロガーさんも単純に引き算していた理由がわからないはずので、チケット代と想像したのですが、今回はこの説明はあいまいでした。

しかし問題はそこではなく、未だにアリーナを失った理由を英二がみんなに説明してないことですね。この勝負、もしかして理奈が賭けの対象になっているんじゃないか?ってのは考えすぎですかね。いずれにしても負ければ痛手を負うのはどうも理奈と考えた方がよさそうです。理奈のこぼした「詐欺」の台詞は意外と的を得ているのではないかと思いました。
今後の展開を予想するに、勝負に負けて賭けの対象であった理奈が英二と袂を分けるといった展開であれば、なんとなくスタジアムの勝負に固執する理由もわからないではないです。

今回のポイントは弥生の逢瀬と理奈の落ち着かない様子が交互に出てくるところです。そもそも前回エコーズへ冬弥の様子を見に来たときに理奈も気が付くべきなのでしょうが、どうも冬弥はエコーズのバイトには殆ど行っていない様子です。たぶん理奈の付き人になったと言い訳をしているのでしょう。前回から弥生は水曜に冬弥を送るのが日課になってしまっています。今回は最後で「水曜日」に食事の予定をしようとして、遂に理奈に弥生との逢瀬がばれてしまいました。

物語の途中でついに一夜を車で明かしてしまう冬弥。既に肉体関係に至ってもおかしくないですが、弥生はそこまで迫ってないようです。ここでどこかのホテルにでも行っていれば確定なんですけどね~^^;

方や理奈は英二への反発もあり、冬弥へ傾倒していきますが、由綺との関係の板ばさみにあって調子がいまいち出ません。一番の原因は由綺の手紙のようです。今回由綺が夢を見ているときに、意味深な台詞がありました。由綺も手紙についてのリアクションがわからず不安に感じているようです。

由綺の悪夢で出てきたことば「突き放して下さい」は、恐らく2枚目の手紙に書かれた言葉と考えた方がよさそうです。理奈はその言葉通りに冬弥を由綺に合わせないようにしているのかな?このあたりは、弥生と手紙についてした会話にも現れていました。

結果として由綺の手紙の通りに行動してしまう理奈は冬弥との時間を作れば作るほど落ち着かない自分を感じおかしいと思い出しているのでしょう。本当は冬弥を付き人にすれば楽しい日々があるはずなのに、それを由綺の手紙が邪魔しているのかもしれませんね。

はるかとマナは勘違いのまま不思議な組み合わせとなりました。マナはもっと状況を理解していると思いましたが、何かをまだ隠しているようです。どうも子供の頃の何かの事件が現在に至っているようです。

冬弥は、由綺の姿を追いながら疲れてしまったようです。これは由綺自身・弥生の行動・理奈の付き人といった環境によるものですが、弥生の前で泣くのはちょっと演技が変でしたね。あそこはもっと悩むところだろう?難しい演技だと思いましたけどね~

冬弥の姿をこれまで見てきて、こいつの何がダメなのか今回のエピソードを見ていてわかった気がします。冬弥はそれぞれの女神の為といいながら、実は誰のためにも行動していないのです(もっとも女性側に問題がある場合も多々あるのですが)。由綺のためと思い泣いてしまうほどなのに由綺に対して何も行動しない、理奈のためといいながら理奈を思いやる態度はなく理奈の前で平然と他の女性のことを考え、口にする、美咲のためと距離を置きながら彰とちゃんと話さない。こういった言動がまわりの女性を混乱させるのでしょう。困ったやつだ。

方や由綺。コンサートの準備一筋ですが、手紙に書いたことがずっと尾を引いています。ステージに向かう不安を冬弥に話す事で安心したいのでしょうが、それはできないようです。逆に手紙に書いたことで自分が見捨てられると思っているんじゃないかな?

もう一方の理奈は今回一番多く冬弥との時間を共有していますが、冬弥の心ここにあらずの態度が無意識のうちに心のひずみとなって現れてきます。最後の弥生との件はかなりショックだったようで、次回弥生との直接対決になるかもしれません。弥生との事実確認もそうですが、やはり前回の手紙を読んだ事が大きく効いているようですね。

弥生は水曜毎に冬弥と逢瀬を重ねる毎日。平良木の事は顔に出さないもののずいぶんストレスになっているようです。平良木もイブになにかやらかすんじゃないのかな?そのストレスは冬弥へ向かっているのは明らかで、冬弥側はなにもわからず受身で対応しているのでしょう。でも何故知ろうとしないのかは理解できないですね。聞いても話さないだろうけど。

美咲は自分で言ったとおり、罰を受け続けるみたいです。

はるかとマナは暫くこのままなんでしょう。思った以上に進展しないですね。

え~っと・・・・・冬弥のおやじは?


次回、12話「縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと」です。もしかしたら修羅場かもしれない。
最終回は、(最終話)13話「器が傾いてるのに、気づかなかった?水はもう一滴も残ってなかったからね」です。たぶんイブかな。以前も書いたのですが、冬弥はどちらからも逃げ出すんじゃないかなぁ?と予想してみるw


【言及】
スポンサーサイト

テーマ : WHITE ALBUM












 



管理者宛の投稿

WHITE ALBUM 第11話

第11話 「胸につかえていることを、時は解決してくれない。忘却のラベルを貼るだけで」 重症だよ(byマナ) いえ、末期です(;^_^A もうドロンドロンで収拾つかなくなってきましたね。 冬弥と弥生はほんと何考えてんだか… 由綺が不憫すぎて泣けてくる… 冬...
2009/03/18(水) 09:25:47 | のらりんクロッキー

WHITE ALBUM 第十一頁「胸につかえていることを、時は解決してくれない。忘却のラベルを貼るだけで」

 ねじれにねじれる人間関係  作中の登場人物が、それぞれ本音と建前を織り交ぜてくるために、  もはや複雑というレベルでないほどに人...
2009/03/18(水) 10:31:28 | アニメを考えるブログ

WHITE ALBUM 第十一頁「胸につかえていることを、時は解決して...

WHITEALBUMの第11話を見ました。WHITEALBUM DVDvol.1WHITEALBUM BDvol.1第十一頁 胸につかえていることを、時は解決してくれない。忘却のラベルを貼るだけで英二から桜団の事務所と動員値で競っていることを聞いた理奈や由綺。「それはそうと理奈、今日は青年は必要な...
2009/03/18(水) 11:32:07 | MAGI☆の日記

WHITE ALBAM 第十一頁 『胸につかえていることを時は解決してくれない。忘却のラベルを貼るだけで』

WHITE ALBAM 第十一頁 『胸につかえていることを時は解決してくれない。忘却のラベルを貼るだけで』
2009/03/18(水) 16:46:01 | アマデウスの錯乱?

WHITE ALBUM 第11頁 「胸につかえていることを、時は解決してくれない。忘却のラベルを貼\\るだけで」

冬弥と篠塚弥生が、約束していることを知り唖然とする緒方理奈。これで、彼女は踏ん切りをつけて冬弥のことを諦めるか。
2009/03/19(木) 02:20:11 | ゼロから
初音ミク 名曲メドレー



presented by 初音ミク オリジナル

プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
LakshmiサーバでまったりしているGlayzzz(ぐれい♂)のサイトです。(GlayxxxはGarudaサーバ時代の名前で、サーバ統合で変わりました^^;)いろいろ面倒なのでサイトのURLはそのまま^^;
主にアニメの感想サイトですが、稀にFF11のプレイ日記が載ると思いますのでよろしく。
鯖で見かけたら、/waveとか/pokeとか、やっちゃってw
(自画像を髭にしました^^;)

基本的に戴いたTBは返信していますが、サイトによってできないところがあるようです。ごめんなさい。こちらにTBが出来ない方はコメントに残してもらえると嬉しいです^^

相互リンクは、「こちら」までコメントをお願いします^^

トラコミュに参加してみました^^;
にほんブログ村 アニメブログへ

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。