FF11とアニメな日々

FF11とアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)     5万ヒット ありがとうございます (*´Д`*)

 
--年--月--日 (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年03月21日 (Sat) 20:20

とらドラ!:「特設記事」

アニメ版とらドラ!の特設記事です^^;

Copyright (C) 竹宮ゆゆこ / アスキー・メディアワークス / 「とらドラ!」製作委員会
Copyright (C) King Record Co., Ltd.
当サイトについてのご注意

なにが起きているのはよく分かりませんが、「とらドラ!第一話」の感想記事が3/20からページヒットのトップに顔を出しています^^;

どうも「とらドラ! 最終回 ネタバレ」のキーワードで来ている方が殆どです。(yahooさん、なんか変じゃないか?w)

「とらドラ!第一話」の感想って書いてあるはずなんで、そんなところに「最終話のねたばれ」な話があるわけがないので、ちょっと立ち止まって考えてみてもらえばいいはずなのですが、がっかりして帰っていく人も大勢いそうなんで、なんかどんどん人が増えているし特設記事を書いてみようかと思います。

もっとも管理人は、アニメ関係者でも、出版業界の人でもないので、あくまで1ファンの想像です。3/25の放送で全てが明らかになるはずですが、予想してみるのも面白いと思ったので記事にしてみました。もし迷い込んで来た方は、通常の感想記事をご覧下さい^^;

ねたばれ記事なので、そのものズバリで書いています。ご注意ください^^;

原作は10巻の最終巻が既に出ています。ここのいい加減な話より、まずは原作10巻を読むのがいいと思ったりもします。ほんとですよw


《ちょっと空白》











さて、「とらドラ!」アニメ版の最終話予想です。
あたるも八卦、あたらぬも八卦、って感じですね。

まず、過去の伏線とか、解決してない問題とか、原作との違いの検証です。

【23話の記事にこういった内容を書きました】

> 物語は、最初の進路調査の経緯、亜美の本心の告白、
> やす子のダウンによるバレンタインのアルバイトの代打、最後の櫛枝の問い詰め、
> といった感じに進みます。ほぼ全部のシーンが次回に続く伏線にもなっています。
> 今回詰め込んだのはこのあたりの回収を次回から最終回にかけてやるのだと思いますが、
> 実は大きな事件があと3つ残っています。

これは24話の説明なので、既に大きな事件については終わっています。
3つとは↓です。

1) 大河と竜児の告白と駆け落ち
2) やす子の家出
3) 大河の家庭事情

既に明らかになっている事実も含めもう一度考えてみましょう。

① 進路調査の伏線
原作では、最終回で竜児はまた進路調査票を出しなおしています。
23話では、竜児は職員室に行ったのはいいですが、独身に渡してないですね。たぶんこれは出てくると思います。

最終話で調査票に書かれてあるのは「みんな幸せ!」です。
24話の最後に竜児は逃げることを止めて、みんな幸せになる道を模索します。そのあたりの心意気みたいなもんだと考えればいいかな。

② 亜美の本心の告白
これは24話で終わっていますが、最後に1つだけエピソードが残っていると思っています。
亜美は竜児との関係を見つめなおし、今まで通りの楽しい学園生活に戻るのですが、次回学校へ戻ってくるのは竜児だけです。そこで亜美が泣くシーンがあるんですが、これはやって欲しいですね。亜美は人前で泣くような無様な真似はしません。そういったときがあればひとりで自動販売機のところへ行くのです。今回は素直に感情を出してくれると思います。
もっとも、竜児一人で学校にこなければこのシーン自体が無くなる可能性もありますが^^;

③ 最後の櫛枝の問い詰め
これは24話で完結しました。特に伏線は残してないはずなんですけどね~

④ 大河と竜児の告白と駆け落ち
駆け落ちの言いだしっぺは竜児です。これは橋でのプロポーズですね。しかしやす子に先に夜逃げされたので駆け落ちどころではなくなりました。
竜児が駆け落ちしようと言い出したのは大河の事情を汲んでといった理由もあります。これは大河の家庭事情の項で書きましょう^^;

結局、竜児の考えに大河も同調し大河も駆け落ちは止めることになります。これは次回。

⑤ やす子の家出
これは次回説明があるかどうか微妙です。
原作では、やす子は竜児が一人立ちすると思い込み、その姿を見るのがいやで現実逃避します。自分が家にいれば、竜児が自分を捨てて出て行った事実を再確認してしまうと考えたからですね。自分が家にいなければ、竜児がいなくなるかどうかわからない、もしかしたらいつまでも家にいるかもしれない、いなくなったとしてもその事実と向き合う必要もない、そういった逃げの考えと恐怖心から、自分が先に逃げたのです。

アニメ版を作成するのに、ここまでの事情を作りこんでいたかどうかは不明です。たぶん「竜児から逃げた」事実だけどクローズアップさせて描かれるんじゃないかな?

ちなみにやす子が実家に帰ってくるのを予測してそこで待っていたわけではありません。大河がやす子の携帯に「竜児が大怪我をしている」とメールを送っているのです。やす子は必ず心配して竜児の様子を見にくるはず。そう考えてやす子の実家で待っています。このあたりは、実家に向かうと言い出したのが竜児なので別な理由に変わっているかもしれません。

方や竜児は、やす子の家出で駆け落ちしても何も解決にならない事を考えます。それはやす子のいない大河と竜児の2人だけの生活は幸せではないと考えたからです。進路調査票でもありますが、北村や、櫛枝や、亜美が不幸に思う未来は見たくないのです。だからといってどうやって解決するかの具体的な考えは竜児の中にありません。

これは最終回でもたぶん微妙になると思うのですが、竜児の出した答えは「これから考える」です。これは原作を読んだ方々の意見を見ても賛否両論です。アニメも難しい終わり方になりそうですが、その答えはエンディングに既に語られていると思っています。第一話の感想でも書いたのですが、前期も後期もエンディングは仲良し3人組のように描かれています。これは大変違和感を覚えました。とらドラ!は、ご存知の通りそんなお話ではないからです。であれば・・・

これは後日談を描いているのかもしれません。竜児の目指した「みんな幸せ」な生活は続いていると考えた方がよさそうです。まぁアニメではもうちょっと視覚的に終わらせると思うのですけどね^^;

⑥ 大河の家庭事情
父親である陸郎は夜逃げの身です。これはもう出てこないと思います。
大河が済んでいるマンションは父親名義です。これは処分されるはず。3学期になって大河が竜児の家へ戻ってきて、ベランダ沿いに大河の部屋へ戻ります。これは既にこのときにマンションが差し押さえになったからです。鍵は取り上げられたんだと思います。

しかし大河は竜児に甘えず、自分ひとりで竜児を見ていたいと考え、いてはならないマンションへ戻って来ました。処分のために来ていた母親が、となりの家にいるやす子と鉢合わせに会い、バイトなどの事情を知ったのは後日談で明かされるのかもしれません。このあたりは母親との経緯が原作と既に違っているので、アニメ版では変えてくると思います。

ちなみに原作では、亜美の家へ大河の母親が向かえに来ます。そのまま竜児と大河は別れ、翌日の学校で落ち合った後に逃げ出すのです。このあたりは春田などの熱演シーンがありカットされてしまったのは大変残念ですが、大河側の事情は24話では出てこない結果になりました。たぶん説明は最終回になるのでしょう。

【さて、では最終回はどうなるのか?】
Aパートはやす子の家出の顛末になると思います。竜児と大河は同じ屋根の下で一夜を過ごし、2人の愛を再確認するのですが、さすがにここはカットされないと思うんですけど・・・・橋のキスシーンも無かったからなぁ。どこまで原作が渡っていたのか不明ですが、2人の気持ちは再確認すると思うんですよ。たぶんね~w

Bパートは、大河側の問題解決を描くと思っています。このために大河と竜児は一旦別れます。クラスのメンバーにも、北村、櫛枝、亜美にも、一旦は別れたと告げるはずです。竜児が2話で「俺は竜になる」と宣言した場所で一人立っているシーンが予告で流れました。これはBパートだと思っています。

Cパートはエンディングの拡張で、大団円と思います。原作では登校シーンで終わりました。是非学校での再会までやってほしいですね。ところでシリーズの1話のアバンで「世界はそうゆうふうに出来ている」と2人で呟く場面があります。これと同じ台詞がBパートの最後かCパートで出てくると思います。もしかしたら、一番最後の台詞に回すかもしれないですね。個人的には最後になると思っています。

さて・・・・あたるかどうかは、来週の水曜日のお楽しみです。
最終回が放映されたら、こちらの記事は消そうかなぁ?どうしましょうか?そのとき考えるかw

ではでは


スポンサーサイト











 



管理者宛の投稿

初音ミク 名曲メドレー



presented by 初音ミク オリジナル

プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
LakshmiサーバでまったりしているGlayzzz(ぐれい♂)のサイトです。(GlayxxxはGarudaサーバ時代の名前で、サーバ統合で変わりました^^;)いろいろ面倒なのでサイトのURLはそのまま^^;
主にアニメの感想サイトですが、稀にFF11のプレイ日記が載ると思いますのでよろしく。
鯖で見かけたら、/waveとか/pokeとか、やっちゃってw
(自画像を髭にしました^^;)

基本的に戴いたTBは返信していますが、サイトによってできないところがあるようです。ごめんなさい。こちらにTBが出来ない方はコメントに残してもらえると嬉しいです^^

相互リンクは、「こちら」までコメントをお願いします^^

トラコミュに参加してみました^^;
にほんブログ村 アニメブログへ

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。