FF11とアニメな日々

FF11とアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)     5万ヒット ありがとうございます (*´Д`*)

 
--年--月--日 (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【とある魔術の禁書目録:(最終回)24話「虚数学区・五行機関(きょすうがっく・ごぎょうきかん)」】の感想です。

第24話
Copyright (C) KAZUMA KAMACHI / ASCII MEDIAWORKS
Copyright (C) KAZUMA KAMACHI・MOTOI FUYUKAWA / ASCII MEDIAWORKS
Copyright (C) CHUYA KOGINO / SQUARE ENIX
Copyright (C) 鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX
当サイトについてのご注意

第24話です。最終回

第24話


【あらすじ】(公式にありませんので、書き起こす事に^^;)
風斬を思い地下道を急ぐ当麻の頭上に地下道の天上が崩れ落ちます。当麻の前に現れるシェリー=クロムウェルは、ゴーレムが既にインデックスに元に向かっていると話すシェリーに、当麻は何故魔術側と科学側で争う必要があるかを問います。それに答えて話し出すシェリー。

シェリーは超能力者が魔術を使うと身体が破壊される事に疑問は無いかと当麻へ問いかけます。20年前に科学側と魔術側は手を繋ぎ新たな能力者を生み出そうとしていました。そのとき学園都市に連れてこられたのはシェリーの友人エリスです。

エリスは科学を覚えさせられ、更にシェリーに教えられた魔術を使い自分の身体を破壊してしまいます。エリスを救いに訪れたシェリーですが、逆にエリスはシェリーを救うため命を落としてしまいました。シェリーは考えます。魔術者は魔術側、能力者は科学側、それぞれがお互いの領分に踏み込まず住み分けをするのがお互いの為だと。それが自分とエリスが経験した不幸を招かない方法だと。

当麻は、それでは魔術側と科学側で戦争を起こそうとしているシェリーの目的と、今説明された住み分けは違うのではないかと異を唱えます。シェリーは怒り出し通路に仕掛けた魔方陣を起動します。

困惑する当麻ですが、インデックスの言葉を思い出し、床に描かれた魔方陣の意味を悟ります。「幻想殺し」で床の魔方陣を破壊する当麻。それを知り天上や壁に描かれた魔方陣の発動を取り消すシェリー。そこへ当麻の右手のパンチが繰り出されます。倒れてしまうシェリー。

当麻はシェリーに問います。自分の信念は1つではないか?シェリーは自分の友達を助けたかったのではないか?だったら戦争を起こすなんて考えないで欲しいと。シェリーはそのときの気持ちだけで行動し1つに決められた信念など無いと話します。迷いのままに戦いに赴くシェリーもまた、魔術と科学に狭間に悩む犠牲者の1人でした。

シェリーは魔法名インティヌス115「我が身の全ては亡き友のために(Intimus115)」 を名乗り当麻へ魔術を放ちます。シェリーの自分を止めて欲しい願いを感じ「幻想殺し」でシェリーを叩きのめす当麻。シェリーの戦意喪失を確認し当麻はインデックスの元へ急ぎます。

ゴーレムの攻撃を阻止できないインデックスは抵抗することを諦め目をつぶります。そこに飛び込みゴーレムをなぎ倒したのは風斬でした。ゴーレムの胸をえぐりインデックスの前に立つ風斬。その脚はゴーレムへの攻撃で一部を失ってしまいましたがすぐに修復されていきます。

風斬はインデックスに逃げろと告げます。立ち上がるゴーレムはまわりの瓦礫を飲み込みさらの巨大になって風斬に襲い掛かります。

インデックスは風斬に逃げようと誘いますが、その誘いを断りゴーレムに立ち向かう風斬。自分は人間でないから大丈夫と笑う風斬はインデックスに対し、今まで騙していてごめんと謝ります。

風斬に向かって殴りかかるゴーレム。それを「正体不明(カウンターストップ)」の力で食い止める風斬。しかしゴーレムは空いている左腕を風斬に向けます。絶体絶命のピンチに現れたのは当麻でした。

当麻はまだ風斬の住む世界にも救いがあるといい、「幻想殺し(イマジンブレーカー)」の力でゴーレムを粉砕します。救われた風斬は、ゴーレムの崩壊の中で優しい幻想も終りを告げたと感じます。

瓦礫となったゴーレムの前に立ち尽くす当麻とインデックス。そこへ現れる美琴は当麻を見つけ、また当麻がトラブルに巻き込まれているとぼやいています。真剣な当麻の横顔を見て赤くなる美琴。そこにテレポートで現れた白井は、瓦礫の山を見て騒動に巻き込まれる前に嫌がる美琴と共にテレポートでその場を去ります。

建設現場の屋上で佇む風斬。もう楽しい日々は送れない事を悲しみ、インデックスと撮った写真を握り締め涙を流します。風斬は背後に現れた当麻に話しかけます。正体を明かせば一緒に過ごす事はもうできない、何故化け物は人間と仲良くできないのか、なんで友達を失わないといけないのか。

風斬は当麻に抱きつき、友達を救う為には自分が化け物だと明かさねばならない、しかし自分が化け物であると明かせば友達であることを止めなければならない、一緒に楽しい時間を過ごす事もできない、助けなければ友達も無くしてしまう、その矛盾を当麻へ問いかけます。

当麻は、悲しみ苦しんでいる風斬は既に化け物ではなく人間だと話します。風斬を追って現れるインデックスは、風斬を見つけ泣きながら抱きつきます。風斬の身体が人とはちょっと違い、人とは異なる能力を持つとしても、風斬がインデックスの友達である事は変えようのない事実だと当麻は話します。

風斬の実体化と風斬の超能力の発現はAIM拡散力場の制御方法の1つです。アレイスターに対し風斬(=AIM拡散力場)を利用して天界を人工的に作るつもりかと問い詰める土御門。アレイスターは天使や天界といわれてもわからないととぼけます。土御門は「幻想殺し」を利用する者は「幻想殺し」に食い殺されると言い放ちその場を去ります。アレイスターは私の信じる幻想などとうの昔に壊れていると呟きます。

病院で無事を喜ぶ当麻はかえる先生に自分は成長していると威張っています。その後ろから当麻を殴る小萌先生と姫神。小萌先生は人の心配にノー眼中な当麻を怒り、姫神は「女と知ると見境なくなるこの人格は徹底的に矯正したほうがいいかもしれない」と話しています。2人に恐怖を覚える当麻は入院を懇願しますが、再び2人に殴られます。

当麻を待つインデックスと風斬。風斬はインデックスの服装が変だと指摘しています。不安定になり姿が薄れる風斬。当麻の「幻想殺し」の影響を心配するインデックスですが、風斬はその影響ではないと説明し、「幻想殺し」は超能力だけの力ではないと話します。立ち上がりその場を去る風斬。風斬を形作っていたものはAIM拡散力場へと戻っていきます。見えなくなってもインデックスの傍にいると話す風斬は入り口で姿を消します。インデックスは涙を流しながら見えなくなった風斬にまた一緒に遊ぼうと話しかけます。

「もちろん」

姿のない風斬は楽しげに答えます。

「大覇星祭(だいはせいさい)」の準備が始まっている学園都市(9/19~25の七日間、学園都市全体を巻き込んで開催される超大規模な体育祭)。土御門舞夏に二学期はつまらないとぼやいているインデックス。

「超機動少女カナミン(マジカルパワードカナミン)」の雑誌で魔法少女を姫神秋沙に語っている青髪ピアス。スタンガン警棒でポーズをとる姫神。授業が始まり教壇に立つ小萌先生。新たな指令を受け極秘(?)に任務に就く土御門元春。

病院で眠る一方通行(アクセラレータ)、付き添いで眠る打ち止めミサカ(ラストオーダー)。2人を芳川桔梗から預かることになった黄泉川愛穂。そこへ現れるかえる先生(冥土帰し)。

シャワーをあびている御坂美琴にわざと抱きつく白井黒子は、美琴のパンチを食らっています。


イギリス清教では「最大主教(アークビショップ)」がインデックスと当麻の力を借りたいとステイルに話しています。既に連絡がとれない神裂。ローラはステイルに名前「ローラ=スチュアート」と呼ぶように諭します。

やきそばパンを食べながら帰宅する当麻は、1話と同じように飢えで行き倒れているインデックスと出会います。冷蔵庫に何も無く当麻だけ昼食を食べた事で当麻を恨むインデックスはいつも通り当麻に噛み付きます。不幸だと嘆く当麻。


【感想】
公式サイトには最終回のあらすじは載らないのかなぁ?

ずいぶん感想記事が遅れてしまいました。

2008年10月期に、「とらドラ!」「かんなぎ」とあわせて必ず見ようと思っていた「とある魔術の禁書目録(インデックス)」。「かんなぎ」に続き思いっきり2期を予想させる展開で、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」にバトンを渡しました。続きは1年後くらいなんでしょうかね。楽しみに待ちましょう。

24話は風斬の最終話でした。こちらの構成はまずまず。説明不足は最終回まで相変わらずでしたが、なんとなく事情は伝わりました。まぁ一応シェリーはシェリーなりに正義はあったって事みたいですが、当人も説明しているとおり、彼女の中にはいくつもの正義があるようで、それはご都合主義と言うのではないかな?^^;

風斬はAIM拡散力場=虚数学区へと戻りました。どうも2期で重要な役回りをするようなんですが、忘れていそうですね^^;
風斬を生んだのはアレイスターですが、自我を芽生えさせたのはあのへんてこな装置ではなく、当麻の「幻想殺し」だそうです。そういえば最後で「カリオストロの城」ごっこをやっていた当麻と風斬。当麻はもうちょっと演技しろよとか思ってしまいました。

ちなみにあの三角柱のへんてこなのは、「レールガン」でも出てくると思うので、あっちで説明があるかもしれませんね。あちらもAIM拡散力場がクライマックスで出てきます。なかなか面倒な世界だなぁ。

最後に出てきた大覇星祭とローラは思いっきり次回への伏線ですが、ずいぶん先のお話になりそうですね。そんなちょっと出てきた人を覚えてないよw
ちなみにローラはインデックスに「首輪」を取り付けた張本人。おっとりした風貌からは想像できないですが、結構な悪人らしいです。そんなローラにあっさりひざまずいているステイルもステイルだなぁ。

さてインデックスも長かったようで短いシリーズでした。結構時間はあると思っていましたが、駆け足でしたね。やっぱり小説が原作だとどうしても細かい解説が端折られてしまって見ている人にわかりにくい感じもしなくはないです。もっとも管理人はインデックスの原作は読んでないんですけどね^^;
丁度同時期に放映された「かんなぎ」が原作通りに映像化されていたのが対照的でした。

シリーズ全編を通して面白かったのは、やはり最初のインデックス編かな。シスターズ編や一方通行編は結構期待していたのに、あっさり終わった感が強かったですね。異色だったのが天使編。サービス回だと思ったのが美琴とのデート回。こうして振り返ってみると十人十色とはいきませんが、それぞれに面白さがあったと思います。

やはり残念なのが神裂×天使戦闘回、インデックス×当麻・神裂・ステイル戦闘回に代表される戦闘シーンのあっけなさではないかな。逆にステイル×当麻戦闘は、あまり重要じゃないにも関わらず迫力があったりしてチグハグな感じはしました。

物語は、当麻の熱血ぶりとフラグ体質はちょっと棚に上げておいて、全体的な説明に終始するあまり人物像の描き方やお話の組み立て方がイマイチわかりにくい感じもありました。これもちょっと残念な点です。

但し、それぞれのキャラクターがとても個性的で光っていましたので、そのあたりの欠点を補って余りある魅力が作品を引っ張っていっていたと思います。このあたりは原作でも同じなのではないかと思います。姫神の空気っぷりを愛するファンがいるのも頷けるってもんです(ぉぃ

管理人的には、神裂にもっと活躍して欲しかったなぁ。天使編では準主役扱いなんですから、入浴シーンよりは銭湯・・・もとい・・・戦闘シーンに力を入れて欲しかったですね。

次は「レールガン」だそうです。原作マンガは読んでいますが、なかなかアニメ化には向かないんじゃないかなぁ?と心配しています^^;
そこをどうやって魅せるかはアニメ化スタッフの腕の見せ所ですね。期待しています。

また1つ楽しみにしていたアニメが終わってしまいました。次は何を見ましょうかね^^

【言及】
スポンサーサイト

テーマ : とある魔術の禁書目録












 



管理者宛の投稿

とある魔術の禁書目録

 第24話(最終話) 『虚数学区・五行機関』  うむうむ、美味じゃっ、 なかなか良い最終回でした。 十分楽しませていただきスタッフのみな...
2009/03/25(水) 00:12:42 | まるとんとんの部屋

◎とある魔術の禁書目録第24話「虚数学区・五行機関」

 上条、風斬を仕留めそこなったシェリーは、インデックスにその矛先を向けた。上条、風斬はそれぞれの想いを胸に、インデックスを助けるべく行動を開始する。地下鉄構内でシェリーと対峙した上条は、彼女の口から戦う理由を聞かされる。応えた上条の言葉に激昂したシェリ...
2010/02/12(金) 00:19:56 | ぺろぺろキャンディー
初音ミク 名曲メドレー



presented by 初音ミク オリジナル

プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
LakshmiサーバでまったりしているGlayzzz(ぐれい♂)のサイトです。(GlayxxxはGarudaサーバ時代の名前で、サーバ統合で変わりました^^;)いろいろ面倒なのでサイトのURLはそのまま^^;
主にアニメの感想サイトですが、稀にFF11のプレイ日記が載ると思いますのでよろしく。
鯖で見かけたら、/waveとか/pokeとか、やっちゃってw
(自画像を髭にしました^^;)

基本的に戴いたTBは返信していますが、サイトによってできないところがあるようです。ごめんなさい。こちらにTBが出来ない方はコメントに残してもらえると嬉しいです^^

相互リンクは、「こちら」までコメントをお願いします^^

トラコミュに参加してみました^^;
にほんブログ村 アニメブログへ

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。