FF11とアニメな日々

FF11とアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)     5万ヒット ありがとうございます (*´Д`*)

 
--年--月--日 (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年10月16日 (Thu) 03:38

かんなぎ:2話「玉音アタック!」

【かんなぎ:2話「玉音アタック!」】の感想です。

さて第二話は、「玉音アタック!」です。
原作だと「玉音を聞いた」+「Spring Attack!」の2話分ですね。アニメでは、どうも原作2話分を1回で放送するみたいでが、今後もこのペースなのかな?

玉音とは「ナギの別人格(の声)」、アタックは「ケガレの攻撃(またはその反撃)」の事でしたが、アニメ版では「別人格のナギの声でつぐみを騙す」といった意味もあるんでしょう。

お話は1話の続きから。今回はナギ自身の秘密に関する複線と説明、ナギが主人公(御厨 仁)の家へ住む”公式”な理由、そして一旦家出したナギを連れて仁とナギ双方が納得の上で家に帰るといった内容です。
”公式”とゆうのは、第三者(今回は幼馴染の青葉つぐみ)の理解を得ることと、仁が一緒に住むことを受け入れるといった2つの面で描かれます。

ナギが朝起きてみると子猫の声が聞こえます。仁が部屋に向かうと、ナギは払い具の柄が折れてしまい仁に再度魔法ステッキを買って来いと命令しますが、仁は瞬間接着剤を使って自分で修理するようにナギに言います。
ナギは払い具の修理も放り出し、子猫を見つけ世話をするよう仁に懇願しますが、仁は正論でこれを却下。ナギの生活用品を買いに出かけます。

仁が帰宅すると、折れた払い具の頭部が食卓テーブルのど真ん中に鎮座w
ナギは「実はわらわは二重人格で・・・」と苦しい言い訳をします。これは後に続く複線です。(もっとも、払い具をくっつけたのはいつものナギなんですが^^;)
口論の途中で幼馴染の青葉つぐみが登場。さらに事情をうまく説明できない仁の前に再度ナギ登場。声の質がいつもと違っていますが、これはいつものナギとは別人格です。
ここでもナギ自身が二重人格(高貴な家の出とかゆうのは全部ウソですねw)であると言っていますが、仁は一旦信じるものの払い具の事実がばれてしまい二重人格説が全否定されてしまいます^^;

話はネコのエピソードへ戻ります。親猫が事故で死んでしまった事を知った仁は急いで帰宅しますが、子猫は既に死んでいます。死んだ子猫を抱くナギ。
「干からびてしまったのね・・・巡りの悪いこと」「そう・・・まだ裏の事も知らないのね。彼岸へ渡るといいわ。冥土の土はあなたたちには固いかしら・・・」

話しているのは別人格のナギですね。ナギの中に吸い込まれるように消える子猫。
あれは魂が彼岸に渡ったといったイメージでしょう。仁の方を向いていきなり倒れるナギ。
気を取り戻したナギがラーメンを食べているときに、子猫の事を問いただす仁に答えるのは別人格のナギが演技しています。いつものナギは子猫の記憶がないからです。
話の途中で目の色がハイライト無しからいつもの目に戻ります、ここでいつものナギに戻りますね。話の辻褄があわず逆切れするナギとそれを許せない仁は喧嘩になってしまいます。家を出て行くナギ。

ナギが出て行った先は御神体のあった神社跡です。子供たちが遊んでいるなか、ケガレのある子供を祓おうとするナギ。ケガレに逆襲をうけてしまい、あわやのところで仁登場。ケガレを祓って仁の背中におぶられて帰宅します。お話はここまで。

エピソードとしてはキチンと描いているのですが、原作未読の人にどこまで伝わったのかはわからないですね。

まず作品中で描かれる二重人格は本当です。別人格のナギが何者であるかは原作でも語られていませんが、EDで出てくるナギがこっちなんでしょう。
別人格のナギ(たぶんこっちが本当のナギですね)は、現在のナギの身体では降臨するための受容体として無理があるようで、あまり長時間降臨していることができません。(ネコを彼岸へ渡したあとに倒れるのも恐らくそのせいですね)
また作品中でも描かれていますが、別人格の方はナギとしての記憶も全て持っていますが、ナギは別人格の記憶を共有していません。そのあたりも今後どこかで語られるのでしょう。

ちょっと今回は長くなっちゃいましたね^^;
エピソードとしては今後の展開の複線を張りながら、それが仁との関係を深めるお話に重ねて描かれるため、ちょっとややこしいかもしれません。
全体的に作画が乱れ全体的な出来はよくなかったですが、オヤジギャグあり、横チチ(!?w)あり、払い具の着地10.0あり、つぐみの玉子焼きあり(?)、ケガレとの戦闘(!?)ありで、面白かったと思います^^;
ギャクパートが原作のままのデフォルメ(仁の泣いた涙が変なのも原作通り)なのは原作ファンにはうれしい限りですが、アニメなりにキチンと作られているのは関心しました。

次回から学校シリーズが始まります。OPに関連するネタバレも出てくると思いますので、なかなか楽しみですね。^^
スポンサーサイト

テーマ : かんなぎ












 



管理者宛の投稿

かんなぎ 第二幕「玉音アタック!」

博士「玉音放・・・」助手「やめやめ!危ないネタ禁止!!」...
2008/10/24(金) 00:52:31 | 電撃JAP

◎かんなぎ第二幕「玉音アタック!」

仁の家で暮らすことになったナギ。横柄な態度とあまり神様っぽくないナギに、ついに仁も反論をする。ナギと言い争いしていると、そこに幼なじみのつぐみが家にやって来てジンの家でナギが生活をはじめるという夢の展開になる。そこに幼馴染のつぐみがやってきて三角関係勃...
2010/02/22(月) 10:09:22 | ぺろぺろキャンディー
初音ミク 名曲メドレー



presented by 初音ミク オリジナル

プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
LakshmiサーバでまったりしているGlayzzz(ぐれい♂)のサイトです。(GlayxxxはGarudaサーバ時代の名前で、サーバ統合で変わりました^^;)いろいろ面倒なのでサイトのURLはそのまま^^;
主にアニメの感想サイトですが、稀にFF11のプレイ日記が載ると思いますのでよろしく。
鯖で見かけたら、/waveとか/pokeとか、やっちゃってw
(自画像を髭にしました^^;)

基本的に戴いたTBは返信していますが、サイトによってできないところがあるようです。ごめんなさい。こちらにTBが出来ない方はコメントに残してもらえると嬉しいです^^

相互リンクは、「こちら」までコメントをお願いします^^

トラコミュに参加してみました^^;
にほんブログ村 アニメブログへ

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。