FF11とアニメな日々

FF11とアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)     5万ヒット ありがとうございます (*´Д`*)

 
--年--月--日 (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年07月17日 (Fri) 05:43

CANAAN:2話「邪気乱遊戯」

【CANAAN:2話「邪気乱遊戯」】の感想です。

Copyright (C) CHUNSOFT/Project CANAAN
当サイトについてのご注意

第二話。マリアの過去が明かされます。

第二話
(C) CHUNSOFT/Project CANAAN

【あらすじ】(公式サイトより)
断崖の道を走る1台の護送車。突如そこに飛来したヘリコプターからマシンガンの轟音が響き渡り、激しい銃撃戦が始まった。

犯罪組織「蛇」の実質的なボスであるアルファルドはその隙に護送車から飛び出し、断崖に向かって走り出す。男たちが必死に追うが・・・・。

その頃、駆け出しのカメラマン・大沢マリアは、飲食店でフリーライター・御法川実の質問を受けていた。とその時、1台の車が社内に突っ込んできた。

第二話_01
(C) CHUNSOFT/Project CANAAN

【感想】
1話の感想で書いたマリアのネタですが、2話でちゃんと説明がなされました。このあたりの作りは、原作設定を最後まで謎にして物語りが進行していく他作品などよりよっぽど親切だと思いました^^;

何故か御法川は自分達が狙われる理由には気が付いていません。滞在しているホテルも荒らされてネガだけが奪われていたので、「蛇」側としてはカナン関係者と考えているようですね。「蛇」がマリアにターゲットを絞ってくるとしても物語後半なのでしょう。

冒頭謎の会話をしていたサンタナ。電話の内容は前回失敗したウィルス関係者回収計画(?)の事じゃないかな?一緒にいたハッコーが最後にネコの格好で出てきます。なんでかと思ったら、サンタナが経営しているカラオケ&コスプレバーで働いているからなんですね^^;

アルファルドの脱出シーンは恐らく現場にいる人間達にとってはアニメで描かれているよりもっと短く、実際は本当に一瞬の出来事なんでしょう。なかなか圧巻だったと思います。

カナンと行動を共にする、反「蛇」組織の夏目。どうもカナンに協力するものの、共闘する感じではありませんでした。「蛇」側が夏目達の組織を追うのではなく、カナンばかり目の仇にするのは、自分達の行動を邪魔するカナンの方が邪魔だと考えているのかな。

その「蛇」サイド変態ペアのカミングズとチャン。チャンの指示で行われた殺戮は前回の口封じっぽいですが、何かの伏線のようですね。このあたりはまだ謎だらけ。

第二話_02
(C) CHUNSOFT/Project CANAAN

再登場時に前回の同一人物とは思えなかったユンユン^^;
あくまでサブキャラ扱いなんですが、OPにも出てくる優遇ぶりなので、何かの重要な役回りを担うのでしょう。当面はお笑い担当キャラっぽいので、毎回の登場シーンを楽しみにしていればいい様子。


物語は、基本的にはマリアの経緯を中心にこれまでの登場人物の紹介回です。いくつかの伏線はありましたが、物語の本筋としてはあまり進展はなかったかな。とゆうかまだ登場人物の名前が覚えられないんだよなぁ^^;

ウーアウイルスについては、渋谷の事件である原作ゲームの設定が説明されました。たぶん渋谷の顛末については、「蛇」の行動についての説明があるものの、基本的には今回で終りになる気がします。マリアがウーアウイルス抗体保持者であることも明らかにされました。OPで金色に光るマリアの姿は、恐らく抗ウイルスをマリアが保持している事を現しているのではないかな。ウーアウイルスについては、マリアと共にハッコーもなにか謎がありそうですね。これは次回になにかありそうです。

御法川が写真に収めていた謎の紋様。今回2人の追跡者にも同じ印があり、恐らく「蛇」関係者を現す印なんでしょう。第一話を見てウーアウイルスに感染した人に出る印かと思っていたのですが、今回は追跡者が同じ印を持っていたので、たぶんこれは「蛇」の印が正しそう。

今回の見所の1つでもあるタクシーチェイス。管理人はその昔台湾でタクシーに乗った事があるんですが、実際あんな感じです。ダッシュボードの護身用拳銃が入っていたりするそうです。恐るべしアジア^^; アニメを見ていて裏路地を猛スピードで走る台湾のタクシーに乗って恐怖した事を思い出してしまいました^^;

カナンの能力説明と戦闘での表現は微妙でしたが、恐らくは敵の動きが色となって見えるので、次の行動を先読みして攻撃があたらない・・・といったような感じなのでしょう。

全体を通してカーアクション(追っかけるだけ)や戦闘シーン(逃げ回っただけ)はとても地味なのですが、大変丁寧に作られているので変な感じです。物語も大きな進展があったのではなく、どちらかといえば設定の説明が中心ですので、面白い感じはするのですがイマイチ感が拭えないのも事実です。いろいろ動き出すと面白くなるのかなぁ?これからの展開に期待ですね^^;

次回、「阿断事」です。最後に出たハッコーについて描かれる様子。暫くは御法川の取材を中心にお話が進むようですね。

スポンサーサイト

テーマ : CANAAN












 



管理者宛の投稿

◎CANAAN第2話「邪気乱遊戯」

出だしは、リャン・チー(田中理恵)のヘリコプターをつかった戦闘シーンからはじまった。そして、サンタナさんが電話でだれかに謝る。ハッコー(ノトマミ)といちゃついてる。ミノルは、カナンの写真をみてる。カナンとマリアは友達らしい。前回死んだ人は、「ウーワ」と...
2009/08/06(木) 20:27:20 | ぺろぺろキャンディー
初音ミク 名曲メドレー



presented by 初音ミク オリジナル

プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
LakshmiサーバでまったりしているGlayzzz(ぐれい♂)のサイトです。(GlayxxxはGarudaサーバ時代の名前で、サーバ統合で変わりました^^;)いろいろ面倒なのでサイトのURLはそのまま^^;
主にアニメの感想サイトですが、稀にFF11のプレイ日記が載ると思いますのでよろしく。
鯖で見かけたら、/waveとか/pokeとか、やっちゃってw
(自画像を髭にしました^^;)

基本的に戴いたTBは返信していますが、サイトによってできないところがあるようです。ごめんなさい。こちらにTBが出来ない方はコメントに残してもらえると嬉しいです^^

相互リンクは、「こちら」までコメントをお願いします^^

トラコミュに参加してみました^^;
にほんブログ村 アニメブログへ

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。