FF11とアニメな日々

FF11とアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)     5万ヒット ありがとうございます (*´Д`*)

 
--年--月--日 (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シャングリ・ラ:17話「暗夜抗路」】の感想です。

Copyright (C) 2008 池上永一/角川書店/シャングリ・ラ製作委員会
当サイトについてのご注意

第17話。

第17話
(C) 2008 池上永一/角川書店/シャングリ・ラ製作委員会

《KADOKAWAanime公式OP動画》


【あらすじ】
武彦は國子に銃口を突きつけ、アトラスの真の儀式、國子の存在意味、そして自分が國子につき従っていた理由を語る。

衝撃を隠せない國子のもとに、練馬支部がダイダロスによって殲滅したという知らせが舞い込む。

【感想】
國子は武彦がアトラス公社からスパイ兼護衛として自分の傍にいたことを知ります。冒頭に川に落ちてしまいましたが、おそらく原作に沿った形だと、あの川はギーナの住んでいるある街に繋がっているはず。武彦には最後に別な役割があるので、今後はアニメオリジナル展開で某女子と共闘する形で復活するのではないかな。

美邦は小夜子は連れられてアトラスから逃れ秋葉原へ。そこには同じくアトラスから逃れてきた香凛がいました。これはこれからの展開のポイントになります。もっともここにきてまだミーコの心配ばかりしている美邦はちょっとシナリオ的にイマイチですね。本当ならばもっと人の生死の大切さがわかる人間に成長してほしいところ。

シリーズ当初から謎だったイアリングの勾玉がここで明らかになりました。美邦の面前での会話だけにハラハラしますが、今のところウソになる話は出ていないはずですし、ある意味では國子と美邦は姉妹であるのは事実ですね。しかしながら國子は長女ではなく次女にあたります。長女にあたる女性は既に物語中にも出てきていますが、この事実についてはwikiを見ればあっさりわかるので、どこまで内緒話なのかは微妙なところですね^^;

草薙は國子と共闘することにしますが、まだ自分の気持ちは固まっていません。しかし草薙が辿るべき道はやはり國子と共にしかないような気がします。

さて待望(?)の香凛復活。今回は香凛エピソードと呼んでもおかしくない感じ。終始サングラスをしているのは、引きこもりだったときの名残かな?
香凛のエピソードはほとんどアニメオリジナルですが、基本的な話の流れは原作の通りです。ちょっと違うのは香凛の元にメデューサがいない事ですね。たぶんこれは物語終盤までこのままでしょう。暫くは香凛単独での行動になるはずですが、お金が絡めば貧乏なクラリスも登場してくるはず。これはもうちょっと後になるでしょう。

香凛はアトラスについての秘密をすべて知っていれば水蛭子(ひるこ)の秘密もわかっているはずですが・・・・そんな描写じゃなかったみたいです。今のところ守り刀についての意味はわかっているみたいなので、最高機密だけを覗き見た感じなのでしょう。

主人公3人と主人公を取り巻く登場人物が絡み合い、うまく歯車が回りだしている感じがします。最初から1クールで作っておけば前半のだらだらとした描写はなくなっていたはずなので、とても残念ですね。これから最終回までは、まだ一波乱あるはずで、アニメオリジナルもまじえないと話数が足りないはずですが、勢いが衰えないといいですね。

次回、「双頭奇譚」です。國子がメタルエイジとして活動していきます。次回も香凛の動きに注目かな。
スポンサーサイト

テーマ : シャングリ・ラ












 



管理者宛の投稿

初音ミク 名曲メドレー



presented by 初音ミク オリジナル

プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
LakshmiサーバでまったりしているGlayzzz(ぐれい♂)のサイトです。(GlayxxxはGarudaサーバ時代の名前で、サーバ統合で変わりました^^;)いろいろ面倒なのでサイトのURLはそのまま^^;
主にアニメの感想サイトですが、稀にFF11のプレイ日記が載ると思いますのでよろしく。
鯖で見かけたら、/waveとか/pokeとか、やっちゃってw
(自画像を髭にしました^^;)

基本的に戴いたTBは返信していますが、サイトによってできないところがあるようです。ごめんなさい。こちらにTBが出来ない方はコメントに残してもらえると嬉しいです^^

相互リンクは、「こちら」までコメントをお願いします^^

トラコミュに参加してみました^^;
にほんブログ村 アニメブログへ

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。