FC2ブログ
 

ネトゲとアニメな日々

ネトゲとアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)

 
2009年09月06日 (Sun) 22:01

CANAAN:7話「慕漂」

【CANAAN:7話「慕漂」】の感想です。

Copyright (C) CHUNSOFT/Project CANAAN
当サイトについてのご注意

第七話。

第七話
(C) CHUNSOFT/Project CANAAN

【あらすじ】(公式サイトより)
御法川から対テロ国際会議の取材をまかされた大沢マリア。しかしアルファルドの策略により捕らわれてしまう。
さらに、会場では米国大統領をはじめ各国首脳たち数百人が閉じ込められ、ウーア・ウィルスに感染させられていた・・・。

唯一の解決策は、大越製薬が秘密裏に開発した坑ウイルス剤を輸送すること。だがそれも妨害されてしまう。

事態を重く見た米副大統領は、ステルス爆撃機の発信を命じる。

その頃カナンはマリアの元へ向かっていた。

第七話_01
(C) CHUNSOFT/Project CANAAN

【感想】
マリア救出エピソードです。

結局「蛇」の目的はウーア・ウイルスによる政府要人の殺戮以外に何者でもなかったようです。作戦通りだとアメリカの爆撃機がピンポイント爆撃でビルを爆破・・・・ってのが狙いっぽいけど、アルファルドは作戦を妨害阻止する可能性の高いカナンは放置ってのが不思議です。

カナンの処置に不服なリャンはアルファルドの元を離れ単独行動に。作戦はカナンの活躍によって最終的な目的は果たせませんでしたが、実は大統領のその後については描かれていなかったはず。1話からの伏線は回収されることなく終わるようです。

もし蛇の狙いが爆撃をさせることが目的だったとすれば、命中したかどうかは問題ではなく、爆弾が落ちた時点で成功だったのかもしれません。しかし、その上で何が狙いだったのかは不明ですね。ウーア・ウイルスによる突然変異が人為的に人間兵器を作り出せることをアピールし、軍事的な影響力を得ようとしているのかな?


次回、「乞」です。どうもウーアを中心にお話を進めるようですが、アメリカはこれっきりかなぁ?w

スポンサーサイト



テーマ : CANAAN












 



管理者宛の投稿

◎CANAAN第7話「慕漂」

大統領はウーワウイルスに感染してしまう?人質は感染したのではないかと、副大統領たちは会議する。日本の企業が秘密裏に開発したウーワウイルスのワクチンをなんとか輸送できないかと考える。製薬会社の令嬢のマリアが捕まっていることをしれば、製薬会社の社長、ケンジ...
2009/10/07(水) 01:45:35 | ぺろぺろキャンディー
プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
旧「FF11とアニメな日々」です。
(すでに引退の身ですので、タイトル変更しました)

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

カテゴリ