FC2ブログ
 

ネトゲとアニメな日々

ネトゲとアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)

 
2009年09月06日 (Sun) 22:03

青い花 :8話「恋は盲目」

【青い花 :8話「恋は盲目」】の感想です。

Copyright (C) 志村貴子・太田出版/青い花製作委員会
当サイトについてのご注意

第八話です。

第八話
(C) 志村貴子・太田出版/青い花製作委員会

【あらすじ】(公式サイトから
藤が谷の校内新聞で、各務先生結婚のニュースが広まります。
以前、恭己の事情は何も知らないと言った各務を詰問する京子。
一方、ふみが恭己にふられたことを知り、恭己に一言物申したいあきら。

通学途中に恭己と立ち寄った甘味処で、あきらは恭己のふみに対する仕打ちを非難しますが、恭己の表情を見ているうちに、自己嫌悪をもよおしてしまいます。
あきらは学校を休んだふみの家を訪れそのことを伝えますが、自分のために一生懸命になってくれるそんなあきらの姿を見て、ふみの心はわずかに晴れるのでした。

第八話_01
(C) 志村貴子・太田出版/青い花製作委員会

【感想】
原作も、「恋は盲目」で、2巻の最終話ですね。最初のところだけ「さよならは言わないで」の続きです。

アニメ版では微妙に改変がありますが、基本的なストーリー展開は原作通りです。
例えば原作では、登校で杉本とあきらが乗る電車ですが、ふみの同級生と同乗しているのですが、アニメ版では同級生3人組みは出てきません。

逆に原作通りですが、井汲とあきらのベランダの会話や、ふみと井汲のミルクホールでの会話などはアニメオリジナルな演出が加えられており、なかなかいい感じでした。


第八話_02
(C) 志村貴子・太田出版/青い花製作委員会

優遇されているなぁと思ったのは、やっさん・ぽんちゃん・モギーの友達3人組。
たぶん別荘回のときに混乱しないようにキチンと描いているんだと思いました。
このあたりはアニメ版でもちゃんと作られているので安心して見ていられます。

杉本があんみつ屋であきらに心の内を告白するシーンや、井汲とふみが最後に泣くシーンなどは、アニメでも大変素晴らしい出来だと思います。

反対に、ふみの扱いが原作準拠すぎてあまり主役としての立ち回りが少ないのです。
こちらは恐らく最終回のあるシーンに全てを持っていこうとする意図が透けて見えてしまうので、逆に物足りなさが演出ミスに繋がってしまっています。
まぁ、シリーズ構成上仕方ないとはいえ、それであればもうちょっと心情をちゃんと描いて欲しかったと思います。

次回、「夏の夜の夢」です。別荘回ですね^^

スポンサーサイト



テーマ : 青い花












 



管理者宛の投稿

プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
旧「FF11とアニメな日々」です。
(すでに引退の身ですので、タイトル変更しました)

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

カテゴリ