FC2ブログ
 

ネトゲとアニメな日々

ネトゲとアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)

 

【狼と香辛料II:7話「狼と戯れの日々」】の感想です。

Copyright (C)支倉凍砂/アスキー・メディアワークス/「狼と香辛料II」製作委員会
当サイトについてのご注意

第七話。

第七話
(C)支倉凍砂/アスキー・メディアワークス/「狼と香辛料II」製作委員会
(画像は公式サイトから)

【あらすじ】(公式サイトから
ホロの伝承が残るというレノスの町に到着したロレンスたちは、市壁前で商人たちが屯しているのを目にする。

不穏な空気を察知しつつも、ひとまず馴染みの宿に落ち着いた二人。
翌日、主人のアロルドに古い伝承に詳しい人物を尋ねたところ、年代記作家のリゴロの名が挙がる。

彼は町の方針を掌る50人会議の書記を務めており、屯していた商人たちと50人会議の決定には関連があるらしいのだが…。


【感想】
原作の5巻にあたります。4巻はやはりパスされてしまったようです。DVD特典とかになるのかなぁ?それにしては4巻だけで1話はちょっと無理そう。アニメ化として日の目を見ないようです。

さてアニメ化後半シリーズ。原作ではこの後の物語のキーマンでもあるエーブ・ボランの登場です。エーブ・ボランはOPの一番最後にちょっと意味ありげに船に乗った顔を隠した商人です。OPでは山の頂上に光る館が現れますが、ここが本シリーズ後半の舞台になります。

今回は登場人物の説明回ですね。特別に何かコメントすべきことがなかったような?w

OPでは、まだ酒屋のウェイターがまだ出てません。すごく魅力的だったような気がしたんだけどなぁ、記憶違いかしら?

ところで物語の冒頭にホロが話す「人身売買」は、最後に出てくるエピソードの伏線だったりします。
ホロはロレンスが商売でお金儲けしようとするのは仕方ないとしても、ロレンス自身がその為に傷ついてしまうのは見たくないようですね。これもある種のツンデレかしら?

次回、「狼と蠱惑的な旅人」です。エーブ、顔出しすぎw

スポンサーサイト



テーマ : 狼と香辛料II












 



管理者宛の投稿

プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
旧「FF11とアニメな日々」です。
(すでに引退の身ですので、タイトル変更しました)

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

カテゴリ