FC2ブログ
 

ネトゲとアニメな日々

ネトゲとアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)

 

【狼と香辛料II:9話「狼と無謀な商談」】の感想です。

Copyright (C)支倉凍砂/アスキー・メディアワークス/「狼と香辛料II」製作委員会
当サイトについてのご注意

第九話。

第九話
(C)支倉凍砂/アスキー・メディアワークス/「狼と香辛料II」製作委員会
(画像は公式サイトから)

【あらすじ】(公式サイトから
エーブに紹介してもらったリゴロを訪ねたホロとロレンス。
現れたリゴロは、エーブから聞かされていた人物像と違い、柔和で笑顔を絶やさない男だった。

リゴロは50人会議が早々に終了した事を隠さずロレンスに伝えると、ホロの為に快く伝承の記された書物を貸し出してくれるのだった。

何もかもが順調に進んでいるかと思えたロレンスだが、ホロが内に抱えている思いは意外なものだった…。


【感想】
ロレンスはホロと共にヨイツの伝承を探しに街の記録が残るというリゴロの元を訪れます。そこには修道女のメルタが。ホロはロレンスを睨みつけていましたが、元々教会とは相容れないホロですので、そのあたりが気に食わないのに、ロレンスはメルタが美人なので鼻の下を伸ばしていたことが癇に障ったのでしょう。

物語の途中でホロが豚の丸焼きを食べますが、これは昨晩エーブと話し込んだロレンスが、リゴロの事をよく調べてなかったことでホロへのお詫びの気持ちみたいなものでしょう。

リゴロはエーブの事をフルールと呼んでいましたが、これはエーブの本名です。理由あってエーブは商人としての名前をある人物の名を借りて名乗っています。これはエーブが初心を忘れないように自分を戒めているのですが、この話はずいぶん先に出てきます。

さて、物語は大筋となる話が出揃ってきました。50人会議はある結論を出しました。それに乗じてエーブはロレンスに儲け話を持ちかけます。それは宿屋の主人であるアロルドの思惑もあってのことです。今回のエピソードでは最後にその災難がホロに降りかかることになります。

坦々と進む物語。毎回商売の話に危険を伴うのが狼のストーリー展開ですが、今回の商談はシリーズ中でも結構やばい部類に属します。アニメ化ではほぼ原作通りに扱うとは思いますが、内容が微妙なのでちょっと改変されるかもしれませんね。

ところで、物語中でホロが怖いと話す場面があります。原作でも明確に語られたのかどうか記憶が定かではないのですが、アニメ版での描かれ方もあると思いますのでこれは楽しみに見て行きたいと思います。ヒントはホロの長寿と北の町ですね。前回の感想でも書きましたが、2期はこれをテーマに持って来ているように感じます。

さて次回、「狼と孤独な微笑み」です。ホロの決意がわかる回ですが・・・・ロレンスは?

スポンサーサイト



テーマ : 狼と香辛料II












 



管理者宛の投稿

(アニメ感想) 狼と香辛料II 第9話 「狼と無謀な商談」

狼と香辛料II【2】 [Blu-ray]クチコミを見る エーブに紹介してもらったリゴロを訪ねたホロとロレンス。現れたリゴロは、エーブから聞かされていた人物像と違い、柔和で笑顔を絶やさない男だった。リゴロは50人会議が早々に終了した事を隠さずロレンスに伝えると、ホロの
2009/09/07(月) 13:51:39 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
旧「FF11とアニメな日々」です。
(すでに引退の身ですので、タイトル変更しました)

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

カテゴリ