FC2ブログ
 

ネトゲとアニメな日々

ネトゲとアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)

 
2009年10月13日 (Tue) 00:32

CANAAN:11話「彼女添」

【CANAAN:11話「彼女添」】の感想です。

Copyright (C) CHUNSOFT/Project CANAAN
当サイトについてのご注意

うわ~・・・もう10月10日過ぎてますよ^^;
いろいろ忙しくて更新できませんでした、ごめんなさい。

とりあえず前期の終わらせてから、2009年10月期を始めます。
もうちょっと待ってね^^;

第11話。

第11話
(C) CHUNSOFT/Project CANAAN

【あらすじ】(公式サイトより)
恐怖、絶望、悲しみ……、さまざまな想いが交差するフラワーガーデン。

カナンのクライアントであり、NGO団体OWLの客員幹部である夏目もまた、”ウーア・ウイルス”の実験データを奪取するという目的のためその場所を訪れていた。

目的のデータを手に入れた夏目は、施設を破壊するために米特殊部隊と中国軍に出動を要請。
武装ヘリが攻撃を始める中、まだ戻らぬサンタナとハッコーを探しに、カナンはフラワーガーデンへと戻っていく。

第11話_01
(C) CHUNSOFT/Project CANAAN

【感想】
感想なんて、今更って感じですね^^;
派手な戦闘なので過去回かと思ったら、夏目の手引きによる米軍の軍事介入みたいです。

やはり一番残念だったのは、ハッコーの最後。
ボナーとして覚醒してしまった彼女には、普通の生活に戻る術はなかったのでしょうね。

サンタナが御法川に託した願いを、カナンが引き継ぐのはなぜだろう?
単純に、ハッコーとカナンの対比を描くためだったみたいですが、これはとても残念でした。
このカナンの行動が、マリアの救いにもなってないし、カナン自身の糧にもなってないのは、物語として成り立っていない気がしましたね。

あえていえば、カナンはリャン・チーと絡ませればなんとかなったものの、こっちはアルファルドとの決着の為に、自滅の道を選ぶことに。1話の謎解きがここでありますが、これも組み立てとしては「だからなに?」って感じで、アメリカとか各国首脳といった大風呂敷を広げたわりに、たたみ方は釈然としない感じがしました。
ところで、田中さんはこういった演技をやると、映えますね。これも一種の才能なんだろうか?w

なにはともあれ、これでなんとかカナンとアルファルドの決着のお膳立てができたって感じです。

第11話_02
(C) CHUNSOFT/Project CANAAN


あ・・・・マリア忘れてたよw
この娘はなんだったんでしょうね?

次回、「忌殺劣者」です。
スポンサーサイト



テーマ : CANAAN












 



管理者宛の投稿

プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
旧「FF11とアニメな日々」です。
(すでに引退の身ですので、タイトル変更しました)

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

カテゴリ