FC2ブログ
 

ネトゲとアニメな日々

ネトゲとアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)

 

【CANAAN:(最終話)13話「キボウノチ」】の感想です。

Copyright (C) CHUNSOFT/Project CANAAN
当サイトについてのご注意

やっと前期の感想が終了^^;
今期分は来週感想を開始する予定です。まぁタイミングを完全に逸しているので、ダメダメなんですけどね~^^;;

第13話。

第13話
(C) CHUNSOFT/Project CANAAN

【あらすじ】(公式サイトより)
マリアが襲われ、彼女が傷ついていることを知ったカナン。

しかしその表情はどこまでも平静であり、その瞳は真っ直ぐ射るようにアルファルドを見つめていた。

一方、貨物車両に閉じ込められたマリアとユンユン。腹に銃弾を受けたマリアを前に、慌てふためくユンユン。

だが、さらに追い討ちをかけるように、そこには時限爆弾が取り付けられていた……。

カナンとアルファルド、マリアとユンユン。それぞれの終末に向かって列車は走り続ける……。

第13話_01
(C) CHUNSOFT/Project CANAAN

【感想】
さて最終回。物語の決着は大方の予想通りカナンとアルファルドの決着で幕を閉じました。
「え~!?」って感じでアルファルドとの決着がついてしまいます。
これはさすがにOP詐欺と呼んでも怒られないよね?w

物語の中で何度も出てくるあやとりですが、カナンとマリアもこのあやとりと同じように、出会っては別れを繰り返し物語が紡がれていくって感じだったのでしょうか。

作品タイトルで、最終話のサブタイトルでも同じ意味を持つ「カナン」。原作ではどういった意味だったのかなぁ?アニメでの解釈だと2人の女性の生き様とタイトルを掛け合わせた感じだったのですが、原作ではエピローグの1つとして作られた気がします。

アニメ版としてどうにもスッキリしないのは、やはり大沢マリアの立ち位置と役割なんでしょう。一時的に「蛇」に捕らわれるものの役に立たないと開放され、最後にはカナンとアルファルドの見届け人として、また2人の理解者として日本に戻り平和に暮らす?って感じなのかしら?
シリーズ全体としては、恐らくマリア視点でお話が進み、各キャラクターのサブシナリオで構成されているのだと思いますが、そのあたりが混乱の元になっている気がします。

第13話_03
(C) CHUNSOFT/Project CANAAN

原作が渋谷のテロ事件を中心としたお話で、最後にゲーム経験者の方々へのサービスカットもあったみたいですが、ウーアウイルス自体は物語の中でもあまり活躍せず、ボナーやアンブルームといった脇役に徹する形になってしまいました。「え!?そこはどうなったの?」といった感想をお持ちの視聴者も多い気がします。

アクションで魅せるアニメだと期待しつつ最後まで見続けましたが、物語を複雑にしすぎたツケがセリフで全て語らせる事になり、最終的にはアクションシーンが少なくなるといった結末を迎えてしまいました。そうであればストーリーで魅せてほしかったのですが、そこにも至らず。なんとも中途半端な終わり方です。

ストーリーで語るのであれば、マリアの物語がキチンとできていた上で、カナンの物語、アルファルドの物語が絡んで、さらにサブキャラクターがそれぞれのエピソードで登場するといった形をとってほしかったですね。この物語は、主軸となるマリアの物語がネタバレになるので隠されてしまっているのが構成上の問題なのでしょう。

とはいえ落第点かといえば、それなりに伏線の回収はしているし、それぞれのキャラクターとしては毎回ちゃんと描かれていたと思います。そういった意味で各エピソードの主役はユンユンであり、ハッコーの最後だったり、リャン・チーの狂気だったり、謎のタクシードライバーの萌えだったりしたのかもしれません。サブキャラにメインが食われてしまい、色あせた感じですね。とても魅力的なキャラクターだけにとても残念ではあります。

ところでなにかといえば劇場版になるアニメ業界。どうもDVDだけでは収益が上がらず、劇場版で回収しようといった意味が見え隠れしますが、なんと「CANAAN」は3部構成で昨日(2009/10/17)からの公開だそうです。ネットの情報では新規カットはなく、テレビ版の再編集とか。出演者の舞台挨拶やイベントがあったようで、ガラガラではなかった様子ですね。よかったよかった^^

なにかとキャラクターだけ秀逸だったアニメなので、スピンオフでなにか作ってほしいところですが、そもそも「CANAAN」自体が「428」のスピンオフなので無理かなぁ・・・

最後はいろいろ忙しくて視聴も2週間遅れとかになっちゃいましたが、大変楽しい作品でした。アニメ関係者&スタッフの方々、ご苦労様です。次回作はもうちょっと頑張ってほしいな~

スポンサーサイト



テーマ : CANAAN












 



管理者宛の投稿

プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
旧「FF11とアニメな日々」です。
(すでに引退の身ですので、タイトル変更しました)

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

カテゴリ