FF11とアニメな日々

FF11とアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)     5万ヒット ありがとうございます (*´Д`*)

 
--年--月--日 (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年10月28日 (Wed) 07:20

君に届け:1話「プロローグ」

【君に届け:1話「プロローグ」】の感想です。

Copyright (C) 椎名軽穂・集英社 / 「君に届け」製作委員会
当サイトについてのご注意

第1話。

第一話
(C) 椎名軽穂・集英社 / 「君に届け」製作委員会

【あらすじ】(公式サイトより)
北幌高校に入学して以来3ヵ月。口数が少なく陰気な容姿の黒沼爽子は、その見た目から“貞子”というアダ名を付けられて、クラスメイトから怖がられている。爽子自身は、クラスのみんなと普通に打ち解けておしゃべりもしたいのだが、誰も近寄ってこないのだ。

そんな爽子に、ただひとり明るく爽やかに声を掛けてくれたのは、風早翔太という男子生徒。風早はきさくな性格から、クラスの人気者。風早の周りには、爽子とは正反対に、自然と人が集まっている。
入学式の時、爽子は風早に学校への道を教えて、笑顔で『ありがとう』と言われたことがあった。言われ慣れない言葉に感動した爽子は、その時から、ずっと風早に憧れていたのだ。

1学期の終業式前日にクラスで肝試し大会をすることになり、幹事をしている風早の誘いで肝試し大会への参加を決めた爽子であったが、放課後、千鶴とあやねが霊感のある自分がくれば面白いのではないかと話しているのを偶然聞いてしまう。爽子は、ふたりに自分には霊感がないとカミングアウトするのだが、「お化け役」に立候補することで、クラスメイトが喜ぶのではないかと考えた。ふたりに素直に自分の思いを伝え、自分の気持ちが伝わったことに喜ぶ爽子。全てが風早のお陰だと、爽子は思った。

やがて、肝試しの当日。爽子の活躍で、生徒たちの悲鳴がひっきりなしに上がり、イベントは大成功。お化けの正体を知った風早と話していた爽子は、千鶴とあやねから差し入れをもらい、感動の涙を流す。

そして終業式の後、クラス内で昨日の肝試しの結果発表をすることに。ビリだった風早に罰ゲームとして、「夏休みの間、貞子と1週間付き合える権!」と、ふざけてクラスメイトが言うと―。

第一話_01
(C) 椎名軽穂・集英社 / 「君に届け」製作委員会


【感想】
今期の影の目玉、「君に届け」です。ラブコメ大好きな管理人ですので、大変期待しています。

放映直前に、吉田健一氏のブログ「gallo44」でこの作品への参加コメントとラフスケッチが公開され、放映直後には担当されたシーンの説明(回想シーンと夏休みの登校シーンを担当)もありました。なかなかいい感じですね。

物語は、主要登場メンバーの紹介と主人公爽子のキャラクター説明と簡単なエピソードで構成されます。最後には「もうおまえら、できてんじゃん」的な感じで続きますが、どうもこのままの雰囲気で結構引っ張るようです。まさか最終回までこのまま!?w

実のところでいえば、第一話は別冊マーガレット誌上で読みきりとして発表され好評(?)であったことから連載に昇格した様子です。今期「ささめきこと」も1話読みきりから連載になった作品。常套手段とはいえ最近はこの手のパターンが多いですね。アニメ化もそこまで再現することはないのに・・・とか思ってしまいます。マンガはマンガの事情、アニメはアニメの事情でいいと思うのですが、どうなんでしょうか?同じ手法で視聴者を引き付けようって意図もあるような、ないような?w

アニメ本作とはちょっと話題がそれますが、公式ホームページのあらすじが大変長い(いや・・・おまえに言われたく無いから、とかクレームきそうですけど^^;)。これは個人的にはとても有難いですね。たまにあらすじ詐欺だろう、といった内容もあったりする公式ですが、本作でいえばちゃんとあらすじしているようです。でも書いている人は大変だろうなぁ^^;

さて、そのアニメの内容ですが1話としては(読みきりだったこともあり)とてもまとまった内容になっています。シリーズとしてはこれから先を見ないと判断がつかないようですが、とても良い作品になる予感がします。

キャラクターがシリアスとギャグで変わるのはお約束ですが、それほど違和感は感じないですね。原画的には今回吉田健一氏がゲスト参加ってこともあって、ハイライトシーンなども素晴らしいと思いました。これからどうなるのか微妙って感じでもあるのですけど^^;

ちょっと気になったのは、水彩画をぼかしたような背景。風景画はあれでもいいけど、校舎の壁がにじんでいるのは、汚れているのか、作風なのか判断つかないですよ。なんとなくもうちょっとメリハリをつけて欲しかったなぁ。もしかしたら、キャラクターにあわせて背景も使い分けているのかもしれませんが、初見はちょっと違和感がありました。この作品の味になるかどうかまだ未知数ですけど、ハードルは高い気がするなぁ。

主要メンバーは1話で出揃っていますが、これから何人か追加キャラが出てくるみたいです。原作は9巻まで刊行済みですが連載継続中なので、アニメではバッサリ終わるのではないかな?最近この手の終わり方が多いかなぁ?2期狙いなんでしょうかね。

キャラクターとして爽子の設定はうまくできていると思います。これからいろいろ悩んで人間関係を広げていくって感じかな。もっともこれまでの事があるのであらぬ誤解は受けそうですね。(本放送では、既に4話まで放映済みで、やはりそういった方向に進むようです)

ちょっと違和感が残るのはどちらかといえば、風早クンのほう。もうちょっと爽子が好きになった理由は描いた方がよかったんじゃないかなぁ?

いずれにしても今期の前評判No.1は伊達じゃなかったって感じです。これからが楽しみな作品ですね。

次回、「席替え」です。
はやく、本放送の感想に追いつかないと・・・^^;
スポンサーサイト

テーマ : 君に届け












 



管理者宛の投稿

初音ミク 名曲メドレー



presented by 初音ミク オリジナル

プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
LakshmiサーバでまったりしているGlayzzz(ぐれい♂)のサイトです。(GlayxxxはGarudaサーバ時代の名前で、サーバ統合で変わりました^^;)いろいろ面倒なのでサイトのURLはそのまま^^;
主にアニメの感想サイトですが、稀にFF11のプレイ日記が載ると思いますのでよろしく。
鯖で見かけたら、/waveとか/pokeとか、やっちゃってw
(自画像を髭にしました^^;)

基本的に戴いたTBは返信していますが、サイトによってできないところがあるようです。ごめんなさい。こちらにTBが出来ない方はコメントに残してもらえると嬉しいです^^

相互リンクは、「こちら」までコメントをお願いします^^

トラコミュに参加してみました^^;
にほんブログ村 アニメブログへ

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。