FC2ブログ
 

ネトゲとアニメな日々

ネトゲとアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)

 

【とある科学の超電磁砲:2話「炎天下の作業には水分補給が必須ですのよ」】の感想です。

Copyright (C) 鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN
当サイトについてのご注意

第2話。

第02話_1
(C) 鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN

【あらすじ】(公式サイトより)
常盤台中学の女子寮、美琴たちの部屋に招待された初春と佐天。下着あさりをしたりアルバムを見たりと定番の行動で盛り上がる美琴たち。しかし、同室になって一カ月の記念日を、美琴とふたりきりで(勝手に)祝おうとしていた黒子は、まったくもって面白くない。しおらしく美琴への切なる想いを吐露する黒子に、初春と佐天はしんみりしてしまうが、当の美琴はいつものことと一蹴。黒子の行き過ぎた行動にお仕置とばかりに強烈な電撃を食らわし、壮絶な能力合戦に発展してしまう。騒ぎを聞きつけた寮監にとがめられ、ふたりはプール掃除を命じられることに……。

第02話_2
第02話_3第02話_5
第02話_4
(C) 鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN

【感想】
今回は、黒子回。途中いろいろな悪事がバレバレで墓穴を掘りまくりますが、最後に御坂とは和解・・・と思ったらやっぱり図に乗ってしまうって話です。

さて・・・そういったエピソードはよそに、物語の冒頭で上条さん登場!!^^;
今回はセリフ無しですね。レールガンからアニメを見た人・・・って少なそうだけど、ちょっとわからなかったかもね~。原作でもメインエピソードにはあまり絡まないゲスト出演ですが、アニメ版ではボーナスステージがあるかもしれないので、その伏線かもしれません。

ストーリーは、4人組結成から1週間後のお話です。御坂と黒子の部屋を訪問する初春と佐天の2人。結局黒子の悪事の数々にキレる御坂とのいざこざで、御坂達2人は罰則を受けるはめに。ここで登場するのがインデックス時代にちょい役で出てきていた寮監(本名不明)。レベル4の能力者3人が束になってかかっても撃退されるらしい・・・もしかしてこの寮監が史上最強能力者なのか?w

後半、罰則を受ける御坂と黒子ですが、そこでも懲りない黒子。結局御坂からは一番信頼されていた様子でしたが、自分の用意した媚薬で自爆して結局ドタバタのギャグで終わります。

まぁ黒子回なんで、こういった展開はお約束って感じで、面白いのではあるんですが、インデックス時代にいろいろ見てきた事の繰り返しにも見えて、ちょっと時間を割きすぎなのかな?2クールって噂なので、このあたりは「黒子で1話やっとくか」みたいな感じなんでしょう。

構成的にはとても安心して見れるエピソードではあるのですが、もうちょっと初春や佐天の説明をしてもらってもよかったような?別にエピソードを準備するのかもしれないですね。

OPは大変気に入ってしまいました。前回にも書きましたが、やはり「TMN」に感じてしまうのは私だけなのかなぁ?ボーカルの方の歌い方やこぶしが浜崎あゆみっぽいのも手伝って、90年代ソングに聞こえますね。

さて、次回「ねらわれた常盤台」です。なんか「ねらわれた学園」のパロっぽいサブタイトルだなぁ^^;

スポンサーサイト



テーマ : とある科学の超電磁砲

タイトルは常磐なんですよね


失礼します(^o^)
私の今期一番のお気に入りです(笑)普通のJCとしての御坂の素顔を、色々見せてくれると期待してます。
掲示板の投稿意見で知りましたが、常盤台中学のはずが常磐台に間違えられたと( ̄○ ̄;)
OP曲は、私は愛内里菜のようなユーロ系に最初聴こえて懐かしい気がしました(爆)TMNに聴こえるというのも、ユニットのサウンド・プロデューサーでもある八木沼悟志が、小室哲哉やaccess(浅倉大介)などの打ち込み系の影響を受けてるらしいので、納得しました(^_^;)











 



管理者宛の投稿

◎とある科学の超電磁砲第2話「炎天下の作業には水分補給が必須で...

ミサカ、元主人公を追いかけるが逃げられる。クロコがミサカとあってちょうど一ヶ月だったので、クロコさんが、エロイかっこして、ミサカを待ち受けてた。アンナ先生の声のひとエロいな。いや、エロイのはクロコさんであって、声の人ではない。そこにミサカとウイハル、サ...
2009/12/14(月) 21:44:19 | ぺろぺろキャンディー
プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
旧「FF11とアニメな日々」です。
(すでに引退の身ですので、タイトル変更しました)

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

カテゴリ