FC2ブログ
 

ネトゲとアニメな日々

ネトゲとアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)

 

【WHITE ALBUM 2:15章「見つからないものが、まわりを壊す。そこにないから、手の打ちようがない」】の感想です。

Copyright (C) PROJECT W.A.
当サイトについてのご注意

第15話。

第15話
(C) PROJECT W.A.

【あらすじ】(公式サイトより)
英二によるレッスンが中止になった由綺は冬弥の父が入院する病院を訪れた。

屋上で語り合う冬弥と由綺。
由綺は自らがふともらした一言から自分を責め始め、冬弥の前で涙を流す。

由綺は「指定席」――冬弥の背中に身を預け、落ち着きを取り戻す。

そして大晦日。
由綺は冬弥のアパートを訪れ、二人は口付けとともに新年を迎える。

1987年が始まる…。

第15話_03第15話_04
第15話_01
(C) PROJECT W.A.


【感想】
コンサートが終わり、年末年始のエピソードです。

冬弥は相変わらず弥生との関係を続ける日々、緒方英二の事情により年末のレッスンはキャンセル。これにより由綺は突き放されたと不安になります。
冬弥をとりまく環境も、父親の入院、由綺との再会、理奈との決別の日々と、少しずつ変わってきているようです。

弥生は完全に冬弥に傾倒しているにも関わらず、由綺中心の生活となっていますが、エコーズに呼び出した冬弥を写真に撮られてしまいます。この現場を英二に目撃されてしまっていますが、これはこれから先、英二の行動を変えるきっかけになるのでしょう。

第15話_02
(C) PROJECT W.A.

恐らく英二は、冬弥が由綺と待ち合わせをして初詣の行く場面だと思ったのでしょうが、冬弥の顔が由綺の恋人としてバレてしまった事をここで知ってしまったのです。これから由綺と冬弥の前に立ちふさがるのは、英二なのかもしれませんね。

ずいぶん蚊帳の外にいる理奈ですが、前回英二から突き放された格好になってしまい、元々は英二のために頑張ったのに、お褒めの言葉も無いのが辛いのかな?疲れて車で寝てしまうほど仕事に打ち込んで、その事を考えないようにしているようにも見えます。
現在は、理奈から英二への一方的な想いですが、これを失ったときに冬弥の復活があるんでしょうね。

さて、なんとなく出てくる松山めのう。正月に抜け出して一人旅(2人旅?)っぽいですけど、何かの伏線かなぁ?

はるかがマナと泊まったコテージにはテニスコートがあったので、かつて兄と一緒にきたことのある場所なんでしょう。マナが声をかけるのをためらっていましたが、はるかは泣いていたのかもしれません。

全体的に感じたのは、正月っぽくないこと。初詣シーンや初日の出などのシーンが出てくるんですが、それはどこかニュースっぽく、TVの中のワンシーンに見えます。何でだろうと思っていたのですが、家族の団欒がないのです。恋人や友人と一緒のシーンはあるものの、家族で正月を迎えたといったシーンはありませんでした。たぶん意図的なんだと思いますが、芸能人ってそうなのかなぁ?

さて、次回「小さい頃を想って、恥ずかしさに身悶えすることがある。それに比べれば」です。そろそろ理奈にも焦点があたってもいいころですが・・・

スポンサーサイト



テーマ : WHITE ALBUM












 



管理者宛の投稿

プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
旧「FF11とアニメな日々」です。
(すでに引退の身ですので、タイトル変更しました)

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

カテゴリ