FF11とアニメな日々

FF11とアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)     5万ヒット ありがとうございます (*´Д`*)

 
--年--月--日 (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Angel Beats! :(最終回)13話「Graduation」】の感想です。

Copyright (C) VisualArt's / Key / Angel Beats! Project
当サイトについてのご注意

※ いろいろ日本語が変だったり説明不足だったりしたので追記しました。こりゃ麻枝氏のことなんかいえないか^^;;

第13話、最終回です。

Angel Beats!
Copyright (C) VisualArt's / Key / Angel Beats! Project

【あらすじ(公式より)】
ギルドの奥深くに存在したコンピューター室を破壊したゆりは、後日、保健室のベットで目を覚ました。
彼女の周りにいたのは、音無・かなで・日向・直井。
そして、ゆりが抱えていた葛藤が無くなったことを知った彼等は、進めていたある事を実行するため、
ゆりを連れて、とある場所へと向かう。

向かった先は、体育館。

彼等は、これからここで、「死んだ世界戦線卒業式」を始めようとしていたのだった。


【感想】
茶番回と評判(?)の最終回です。卒業式でした。 ( ̄。 ̄)y-~~

SSSメンバの殆どが既に消滅後の世界から物語が開始。前回のガルデモはセリフがあるだけまだ優遇されていたのか^^;
なんとなく音無がみんなと話して消滅ってシーンなんでしょうけど、その少しのシーンでも入れて欲しかったところ。

「「一番最後の13話はこうなりますよ」と聞いた時の野田にキュンとしました。」と書かれた「ゆり役・櫻井浩美さん」のインタビューを読む限り、どうも麻枝氏の考えたストーリーとアニメ作品には若干にズレがあった模様。たぶん野田のエピソードも入るはずだった13話なのにアニメ化の段階でカットされたと考えたほうが自然です。どう考えても尺が足りません。脚本家がアニメを過信し詰め込みすぎたのか、アニメ製作側が放映時間に合わせて脚本を切り刻んだのかどちらかの問題なんでしょう。

最期まで泣き所がわからない作品でした。ガルデモボーカルの消滅回(3話、10話)が一番よかったような気がします。麻枝氏は人の死で感動させる作品を回避したつもりだったのですが、死亡ドラマがキチンと描かれたエピソードに一番感動したのはとても皮肉な結末です。視聴者置いてけぼりなのは最近よく見るので仕方ないなぁと思いながらみていたのがよくないのかな。

超展開で視聴が辛くなった作品は数多く、AngelBeats!はその中でも比較的最期まで魅せる作品だったとは思うのですが、もうちょっと構成さえしっかりすれば展開的には大変面白い作品だし、もっと面白くなる作品だと思うのです。製作会社のP.A.については「CANNAN」でも同じ失敗をしており、またか・・・って感じではありますね^^;

既にネットでも話題になっているいくつかの謎解きを。(個人的な仮説が多分に入っています、注意^^;)

音無より先に天使があの世界にいた理由。ネットでは、臓器提供者は提供先の人間が死なないとあの世界には行けないといった話題が主流っぽいですが、個人的にはこの説には否定的です。理屈は通るんだけどね。

天使は、誰よりも長くあの世界に居続けています。それは彼女の願いは叶わないものだから。天使の願いは自分の心臓を提供した人に「ありがとう」と伝えることでした。
考えてみると不遇のカップルです。自分の心臓を提供した相手に恋してしまう。普通だと死んでいますwおかしいよね?とギャグでお話ができてしまう。このあたりがAngelBeats!のベースなんでしょう。

それでも天使は自分の臓器提供者を探すしかないわけです。それがあの世界での消滅理由なんですから。1話でゆりが銃で狙っているシーンで天使は誰かを探していました。恐らく死亡者が現れるのを探していたのでしょう。
逆に9話の臓器提供カードに「心臓」が無いのが伏線であることがわかります。放映当時は製作者側のミスかと思いましたが、あのときカードに「心臓」だけが無いのは、あのシーンが音無の記憶で既に心臓が無い事を暗示していたわけです。 → 9話の画像はこちらに
よく言われていますが、「心臓」の音がしない=音無、「心臓」を天使に提供した=ゆずる、天使は音無の心臓を「奏」でている=AngelBeats!といった名前にも由来しています。

音無が記憶を取り戻しながら自分の為すべき事が変わったように、天使の目的もストーリー中に変化してきています。最初は臓器提供者に感謝を伝えることでした。それが叶わないと知った天使は人々を消滅させるために模範的な学園生活をするように強要してきます。これがSSSとの戦闘に発展。しかし音無との出会いを機に天使の目的は「音無が本人の目的を成就してもらうこと」に傾倒していきます。SSSと和解が釣りエピソードになっていき、SSS側も不本意ながら受け入れますが、ハーモニクス騒動でこれも振り出しに。

影騒動もありましたが遂には音無の目的が達せられます。そしてあの世界に残ったのは2人だけに。音無はここで三度考えを改めます。やはり天使と2人で残りたいと伝える音無ですが、天使はそれを受け入れると自分が消滅することを知っていました。このとき天使は音無が消滅すれば自分が消えることができない事を知っていたのでしょう。音無消滅は天使が消滅するチャンスを失うことを意味します。現世で愛し合えない2人は、この世界でも愛し合えない運命だったわけです。

しかし最終的に天使は音無の言葉で音無の愛を受け入れ、「ありがとう」と伝えることで消滅します。音無は天使が消えたことであの世界には残ることができず、その後消えることになったのでしょう。
これは影プログラマが愛が生まれた故に消滅できなくなった事実に反します。最終話Cパートを見れば音無は無事に消滅したことになっているので、音無があの世界から消えた事は間違いなさそうです。

この事は岩沢やユイの消滅、直井や音無が消滅しなかった事実が結果を暗示しています。つまり「思いを残すことなく本人が満足」すれば消滅するのでしょう。これは想像ですが、影プログラマは転生してしまうと記憶を失うため、あの世界でしか2人の生活はできないと考え、音無は生まれ変わった後も2人は出会えると信じ、新たな世界で2人で生きていけると期待した。そういった違いではないかと思います。

ちなみに最終話で明かされた天使の音楽好き。教室でペンシルをトントンしているのは曲を思い出しているとの話があり、オペレーショントルネードは実は演奏を止めに行っていたのではなく、ガルデモの音楽を聴きに行っていた伏線回収なのではないかと思っています。

それから天使の音無に対する「貴方がそうしたければ、どうぞお好きに」は、どうも照れ隠しっぽいですね。
最終話のエンディングのカットでSSSと一緒に映る天使が救いでした。最期に音無も消えたのは無事に成仏してくれたのだと信じています。Cパートの天使の鼻歌が記憶を転生後まで持ち越す事ができた事を証明し、その後は視聴者の想像にお任せといったラストでした。

謎解きみたいな話題はこれまで。全体を通しての感想ですが、やはり酷評されている通り描写不足・説明不足・全体のバランス感が悪い、に尽きます。

死亡ギャグでの世界観の説明、天使に対する様々な妨害行為に対する謝罪がないこと(最終話でありましたが^^;)、あの世界の世界観、影NPCの出現の顛末投げっぱなし。そもそも最期のSSSメンバの消滅シーンが1シーン1カットしか無いのがダメ押しすぎます。

個人的には泣かせようと思わせる意図的な演出はあまり得意ではありません。逆にしらけてしまうのです。これはCLANNADなんかでもそうでした。大勢の視聴者の方が「泣けた!」といっているシーンで泣けないのは、段々冷静な眼で見てしまうからにようです。それでも感動はするのです。

AngelBeats!はその意味でも泣けなかったですし、感動もあまりなかったように思います。
しかし・・・と思うのです。全ての謎が明らかにされた上で、天使視線で改めて最終話を見ると結構これはきます。1話で天使が音無の存在に気がついてから、天使は音無に従うように行動するのです。例えば2話のギルド降下作戦。ギルドは天使から見れば大変危険な場所です。あの作戦で初めて天使がギルドに到達した事を考えると、天使は音無を危険な場所から救うためにギルドに向かったとは考えられないでしょうか?

最終回で最期の告白の言葉を天使がどれだけの決意をもって告白したのか描かれていない。これは大変残念です。あれは別れの宣言でもあるのです。そう思ってみると突然の告白のように見えますが、感動すべき天使の決意です。最初音無の申し入れを聞くまでは、音無消滅で天使があの世界に残るつもりだった。でも音無が告白しなければ音無は消滅はしない。そうであれば音無の告白を受け入れてしまわないといけない。そうすれば自分は消えてしまう。でも自分が消えることで音無は事実を受け入れてちゃんと消滅するだろう、だから消えても大丈夫。・・・とはいえ「もう見たくないや」って人が大多数なんでしょうね^^;
そういった意味では、AngelBeats!といった作品は損をしているような気もするのです。

最期の最期で、麻枝氏へ。
たぶんネットの評判を見て、またしても調子を崩しているんでしょうが、いろいろ課題は多かったものの、そんなに悪い話じゃなかったと思いましたよ。あまり悲観しないで^^;
個人的には結構楽しめた作品です(いろいろ突っ込みどころ満載でしたが)。次回作・・・は暫くなさそうですが、期待しています。頑張ってくださいね^^

ではまた。

(追記)
【ブログ感想】
いろいろ回ってこの人すげぇ・・・と思った方のブログ → こちら

(´・ω・`) うちのブログよりず~~っと読みやすいし、すごくまとまっているな。
(*´Д`*) 内容素晴らしいし、かっこいい!!
TB送らせてもらいました。(マテ

【中の人】
(櫻井浩美さん)「AB最終回

もうちょっと書いてよ~

(緒方恵美さん)「ゆりのしずく。」「只今、身内打ち上げちゅう。。

やっぱり中の人もつっこむんだw

(小林由美子さん)「エンジェルビーツ!の

ボーリング場の人はわかったのかな?

スポンサーサイト

テーマ : Angel Beats!

やはり下手


失礼します(>_<)
伝えたいことは何となく分かる気はします。だけど下手だから、感動もしませんでした。

ドナーカード記述は、やはりミスでしょう。あそこで音無が心臓を渡していたと視聴者が仮に知ったとしても、奏が心臓移植を受けた事実は明かされていないから隠す意味が無い。逆に、ちゃんと医学的に理解している音無の記憶なんだから、間違えるはずが無い描写な訳です。
奏もサンクス・レターを書いて満足するのが現実の対応なのに、音無本人に伝えたいという心残りでアノ世界にたどり着いた、というのが強引。満足していた音無が、本来たどり着けないはずの世界に迷い込んだという設定も無理矢理。奏が旅立てるように音無が呼ばれ、新しい絆によって奏の心も成長してユリたちにも変化が訪れ、全員が旅立てる準備が整ったとはご都合主義。

人生は偶然に左右されるけど、前向きに捉えて常に歩み続けるのが生きる意味だと言いたいのかな。そして受け入れ難い過去を背負っていても、誰かとの絆で前進できる力になると気付いて欲しかったのかな。

Re: やはり下手


>> バツマル様

毎度コメントありがとうございます。

> 伝えたいことは何となく分かる気はします。だけど下手だから、感動もしませんでした。

いや~本文でも書いたんですが、初見は感動すらなかったんですよ^^;
実は化物語の最終回を見た直後だったので、「え? えっ!?」ってのが本当のところ。

天使の気持ちで見直すと告白のシーンはいい感じですけどね^^;


> ドナーカード記述は、やはりミスでしょう。

やっぱそうかな~。真実はDVD化だけが知る・・・って感じですね。
実は9話の感想では、ミスじゃないかと思ってましたwww


> 奏が旅立てるように音無が呼ばれ、新しい絆によって奏の心も成長してユリたちにも変化が訪れ、全員が旅立てる準備が整ったとはご都合主義。

それは記事を書いていて思いました。音無が来ないと天使ってずっとあそこに幽閉?とか。
最初に音無がきて、その後に天使がくるって話の方がスマートですよね?
たぶんそうするとどうしても天使ストーリーになって、音無が主人公になれないからじゃないかな。
ご都合主義=奇跡って考えもあるので、そのあたりはそういったお話なんでしょう。


> 人生は偶然に左右されるけど、前向きに捉えて常に歩み続けるのが生きる意味だと言いたいのかな。そして受け入れ難い過去を背負っていても、誰かとの絆で前進できる力になると気付いて欲しかったのかな。

人生賛歌なので、そういった解釈であっていると思いますよ^^
もっとも最期の転生ネタは、もうちょっと捻って欲しかったですよね。

ではまた~


 大変素晴らしい分析、お疲れ様でした!
 うちもこういう文章を書こうと思ったんですが、やはり早いものは早いですな。
 恐れ入りますが、もしよろしければ、一部を内のブログに転載させていただけないでしょうか?
 この文章の検討に基づいたら、うちの考えも直接に書ける気がします。
 メインヒロインの天使をめぐって仰ることには基本的に賛成します。
 ただしこういうギャルケー風の脚本として、麻枝はどのように各「ルート」の話を一つの物語の中に整合させたのかだけでなく、なぜそうしたのかについても、脱構築の作業が必要ではないかと思います。
 とくに「卒業」という、日本の社会的文脈における大変重要な概念が取り上げられたこと自体は、一種の自己完結・自己満足の世界への傾向を示したんじゃないか、という気もしています。
 物語の分析においてどういう意義あるかどうかわかりませんが、この時代の日本にとって、実に注目すべき動向ではないかと、うちは思います。

Re: タイトルなし


TO: SHIOKAZE様

コメントありがとうございます m(_ _)m

>  大変素晴らしい分析、お疲れ様でした!

いや~^^;
普通の感想ですよ。妄想が50%くらい入ってますけど (*´Д`*)


>  恐れ入りますが、もしよろしければ、一部を内のブログに転載させていただけないでしょうか?

転載については問題ありません。


>  物語の分析においてどういう意義あるかどうかわかりませんが、この時代の日本にとって、実に注目すべき動向ではないかと、うちは思います。

なるほどなるほど・・・って、なんかすごいことに^^;

実は、全体を通して思っていたこともあるので、別記事にしようかどうしようか悩んでいたんですよ^^;
(まぁ無理でしょうけどw)

物語視点としては、ゆりルート、岩沢ルート、日向ルート&ユイルート、天使ルートに分類されます。これはたぶん二次創作が進んでもっと細かく分析されるでしょう。ギルド降下、ガルデモ、野球、試験、釣りなどは、それぞれに必要なエピソード回で、いわゆるフラグ回として役割が違うと思っています。

見直そうと思っていたのは、OPについての考察、現代の高校を舞台、自殺者は来れないが未練を残した人が満足して転生するための世界、「神も仏も天使もなし」といった1回きりの暗号と神のいない世界の関係、音無の臓器移植とAngelBeatsといったタイトルとの関係などなど、全体を通して考える事もあるようです。

この記事でご紹介したブログ様でも大変素晴らしい考察をしていますので、ご参考に^^

ではまた












 



管理者宛の投稿

Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第13話(最終回)『Graduation』

ありがとうございました! SSS最後の戦いから3日後。ゆりを含めての最後の卒業式。 一番泣いてたのは、直江でした。 「これだから女は...
2010/06/26(土) 17:40:07 | リリカル☆スアラ

Angel Beats! 第13話「Graduation」【感想】

Angel Beatsの意味がやっとわかりました。 そして音無=心臓(鼓動)が無いという意味も今更わかった。 さらに結弦=ゆずる=心臓をゆずるって事で...
2010/06/26(土) 17:54:22 | 失われた何か

Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第13話「Graduation」

あぁ~麻腐豆腐~♪ かなでの作った線歌が酷い(笑) と言うことで、天使ちゃんの希望で卒業式です。 残ったのはもう5人だけとは寂しいで...
2010/06/26(土) 19:11:54 | SERA@らくblog

Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第13話 「Graduation」 感想

別れという始まり―
2010/06/26(土) 19:11:58 | wendyの旅路

アニメ Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」感想

アニメ Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」の感想です。内容はネタバレを含みますので、注意して下さい。 どうしてもハッピーエンドにさ...
2010/06/26(土) 19:34:51 | とっくりん

Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」感想

Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」感想       このアニメもとうとう最終回になっちゃいましたね。   最後は見事に泣かされました...
2010/06/26(土) 19:40:57 | イチゴ☆とチョコと☆デザートイーグル!!

Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」

最終回も天使ちゃんマジ天使でしたね! 最後はみんな揃って卒業式♪ 「開式の辞!これより死んだ世界で戦ってきた、死んだ世界戦線の卒業...
2010/06/26(土) 21:18:39 | 空色きゃんでぃ

【アニメ】 Angel Beats! 第13話(最終回) 「Graduation」 感想

全員逝ったよ ひゃっはー! Angel Beats! 第13話(最終回) 「Graduation」 の感想です。 卒業(2009/03/04)長渕剛商品詳細を見る
2010/06/26(土) 22:02:40 | この世の果てで、ざわ・・・ざわ・・・

(アニメ感想) Angel Beats! 第13話 「Graduation」

Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る いよいよAngel Beats!最終回・・・。さあ今回は静かに濃厚に語っていきますかね・・・。 ☆<06/26更新>前回、Angel Beats!コーナー 第12話 「Knockin'on heaven's door」の感想をポッドキャストにて収録! ...
2010/06/26(土) 23:25:21 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

Angel Beats! 第13話(最終回) 「Gradustion」 感想

奏「あなたが信じてきた事をあたしにも信じさせて」 奏「生きる事は素晴らしいんだって」 今回で最終回を迎えた『Angel Beats!』ですが、何と...
2010/06/26(土) 23:56:08 | ひえんきゃく

Angel Beats!最終回「Graduation」

・・・此処に、残らないか? 卒業させようといった、人間が、何を今更・・・ アレから、三日後ーって、三日後かい! なんか、良くある展開...
2010/06/27(日) 00:13:55 | AQUAを照らす月光

Angel Beats! 第13話 「Graduation」 <終>

影との戦いから三日が経過した「Angel Beats!」の最終第13話。 ネタ「格闘中」もどうぞ。 保健室のベッドの上で目を覚ますゆり。 音無、日向...
2010/06/27(日) 00:37:52 | ゆる本 blog

Angel Beats! #13 Graduation

楽しかったギルド降下 ギルド降下!! 思い出に残った奏の部屋の不法侵入 不法侵入!! どれもみんな良い思い出です Angel Beats!2 【完全生産...
2010/06/27(日) 00:40:09 | HISASHI'S ver1.34

Angel Beats! 第13話(終)

[関連リンク]http://www.angelbeats.jp/EPISODE.13 Graduation目を覚ましたゆりそこには音無、奏、日向、直井がいたあれから3日の日にちが経っていたすでに仲間達はこの5人を残して皆新しい人生...
2010/06/27(日) 00:56:59 | まぐ風呂

AngelBeats!  全13話

さて、色々と話題になっていた作品ですが見終わったので感想をちょっと辛口になっているので読む場合はお気をつけてまずは色々ともったいない作品であり、アニメ作品としては微妙だ...
2010/06/27(日) 01:17:26 | にき☆ろぐ

AngelBeats! 第13話(最終話) 「Graduation」

さよなら、死んだ世界戦線。
2010/06/27(日) 02:44:36 | 光速アニメ感想記

AngelBeats #13「Graduation」

総評!リカイフノウデスおかしいな。毎回きちんと見ていたはずなのに、毎週毎週、一話飛ばしてみたような感覚を受けていた。ぶっちゃけ、俺らは13話だと思ってるけど実は52話くらい放...
2010/06/27(日) 03:58:32 | 生涯現役げーまーを目指す人。

Angel Beats! 第13話 最終回 感想

 Angel Beats!   第13話 最終回 『Graduation』 感想  次のページへ
2010/06/27(日) 05:54:43 | 荒野の出来事

Angel Beats! 第13話「Graduation」(最終回)

最終回でゆりっペを初めて可愛いと思った(ぇ 天使ちゃん見たさに完走でしたが、うまくまとめたなと。 最終回が一番良かったですね。 毎回こうだとよかったのになあ。 あえて難解なストーリーにしたのかね。 最終回で評価がガラリと変わりそう。 商業的には成功...
2010/06/27(日) 07:26:08 | のらりんクロッキー

Angel Beats! 第13話 Graduation

 卒業式。手作り感覚がいいですね。
2010/06/27(日) 08:20:42 | つれづれ

Angel Beats! 第13話「Graduation」 (最終回)

Angel Beats! デスクマット(2010/08/25)キャラアニ商品詳細を見る 音無・ゆり・奏・日向・直井の5人で小さな卒業式。他のSSSメンバーはいつの間...
2010/06/27(日) 09:31:14 | 破滅の闇日記

Angel Beats! EPISODE.13 「Graduation」 感想

影との戦いから三日後。5人を残して他のメンバーは消えて行った。 天使ちゃんが鼻歌歌ってる・・・ 最終回にして、ゆりっぺついにデレ期かよwww
2010/06/27(日) 12:47:32 | 起源風景

Angel Beats! -エンジェルビーツ-EPISODE.13『Graduration』《最終回》

『あなたには心臓がなかった』 最終回にして明かされた奏の“未練”。その後の音無に関しては 想像せよでいいのか、ラストシーンで結末とすべきか。 賛否両論飛び交ったAngel Beats!ですが、先を予想したり天使に萌えたり 結構楽しんでた印象ではあります。 Crow Songア
2010/06/27(日) 13:43:23 | 風庫~カゼクラ~

Angel Beats! EPISODE.13『Graduation』前半-1

-あれから3日後-
2010/06/27(日) 14:44:46 | 本隆侍照久の館

Angel Beats! EPISODE.13『Graduation』前半-2

とことで、卒業式が始まる。
2010/06/27(日) 14:52:41 | 本隆侍照久の館

Angel Beats! EPISODE.13『Graduation』後半-1

僅かな余韻を残した後、最初に動き出したのは文人だった。
2010/06/27(日) 14:59:36 | 本隆侍照久の館

Angel Beats! EPISODE.13『Graduation』後半-2

一般生徒が部活動に勤しんでいる。 そんな夕日射し込む校庭を見つめ、音無は奏ちゃんに話す。
2010/06/27(日) 15:10:10 | 本隆侍照久の館

Angel Beats!13話(最終回)

一体いつどこでお前らが師を仰いだっつーのよ。というわけで、「Angel Beats!」13話(最終回)好きな女の子と世界で二人っきり計画の巻。ゆりっぺが寝てる間に成仏という名のジェノサイ...
2010/06/27(日) 16:04:10 | アニメ徒然草

Angel Beats! 第13話(終)

第13話『Graduation』Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・卒業式ですか。
2010/06/27(日) 16:19:31 | ニコパクブログ7号館

Angel Beats!(エンジェルビーツ)~第13話(最終回) 感想「Graduation」

Angel Beats!(エンジェルビーツ)ですが、最後まで残った音無、天使・立華奏、ゆりっぺなどで卒業式をやります。ラスト5には日向と直井もいますが、5人だけの閑散とした体育館で、校歌斉唱ならぬ隊歌斉唱します。隊長のゆりは隊の歌について一切関与していませんが、奏が...
2010/06/27(日) 17:40:51 | 一言居士!スペードのAの放埓手記

Angel Beats! 最終回「Graduation」

Keep The Beats!いい音楽、楽しい笑い、みんなに愛されたTKw そんな作品だったこのアニメも今回で最終回。 驚愕の展開でした!!!
2010/06/27(日) 22:16:30 | 明善的な見方

Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」

卒業、それは別れではありません。新たな旅立ちなのです。前に進むための一歩、それが卒業。
2010/06/28(月) 00:26:33 | 隠者のエピタフ

【Angel Beats! 最終話-Graduation】

心には溢れてる「ありがとう」。
2010/06/28(月) 02:09:27 | AQUA COMPANY

Angel Beats!第13話(最終回)「Graduation」感想

今は亡きプログラマーがセットしていたリセット機能による 影発生事件はゆりがプログラム通りに動いていたNPCもろとも 破壊する形で全てが終...
2010/06/28(月) 12:27:14 | 星屑の流星群

Angel Beats! 第13話「Graduation」もう一回みてみよう、きっと「ありがとう」っていいたくなるさ(^ω^)

Angel Beats! 第13話「Graduation」 見ましたよ~ってことで、いつもの如く感想をば とうとう最終回でしたね 今回は前回の続きから保健室で...
2010/06/28(月) 13:41:30 | なんだかんだで漫画好き

Angel Beats! 第13話 「Graduation」

ささやかなエピローグ、という感じの最終回でした。 ゆりは前回で消えずに残り、合わせて残っていた音無たちと、戦線の卒業式をする事に...
2010/06/28(月) 15:39:52 | 黄昏温泉旅館

◎AngelBeats!第13話「Graduation」

今回で最終回。それでタイトルが卒業か。そして、三日後。ユリッペは保健室で目を覚ます。4人が待ってた。お前が残ってると、オトナシがいう。天使はもう葛藤が解けてるという。そ...
2010/09/27(月) 18:39:29 | ぺろぺろキャンディー
初音ミク 名曲メドレー



presented by 初音ミク オリジナル

プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
LakshmiサーバでまったりしているGlayzzz(ぐれい♂)のサイトです。(GlayxxxはGarudaサーバ時代の名前で、サーバ統合で変わりました^^;)いろいろ面倒なのでサイトのURLはそのまま^^;
主にアニメの感想サイトですが、稀にFF11のプレイ日記が載ると思いますのでよろしく。
鯖で見かけたら、/waveとか/pokeとか、やっちゃってw
(自画像を髭にしました^^;)

基本的に戴いたTBは返信していますが、サイトによってできないところがあるようです。ごめんなさい。こちらにTBが出来ない方はコメントに残してもらえると嬉しいです^^

相互リンクは、「こちら」までコメントをお願いします^^

トラコミュに参加してみました^^;
にほんブログ村 アニメブログへ

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。