FF11とアニメな日々

FF11とアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)     5万ヒット ありがとうございます (*´Д`*)

 
--年--月--日 (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1回お休みしましたが、ピッコロさん主催の「今期(6月終了アニメ)を評価してみないかい?9」に参加したいと思います。

毎度おなじみピッコロさん主催のアニメ評価です。
前期終了の評価対象は以下の5作品です。

化物語
B型H系
Angel Beats!
荒川アンダーザブリッジ
四畳半神話大系

( ̄ー ̄) でもなんか筆が進まないんだよなぁ


【評価の凡例】
5:とても良い 4:良い 3:普通(及第点) 2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い


【化物語】

(C) 西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
ストーリー: キャラクター性: 画: 演出: 音楽: 総合: 合計 :
24




ストーリー : 主人公「暦」を中心に展開する謎解きの妙。しかし作中で忍野たちが口にする「助けるんじゃない、人は自分で勝手に助かるんだ」の台詞は暦たちに向けてではなく視聴者へのメッセージだと思うのです。それでも暦は人を助けずにはいられない、だから見ていて清清しい。最終回キャスト全員が忍野を「お人好し」と断言するシーンも暦に対する感謝と同じ意味じゃないかと思うのです。そういった隠し味の光る作品だと思いました。
キャラクター性 : 原作が小説だけあってキャラ設定は大変よく出来ているのですが、アニメだけでいえば原作に助けられた感じが強いと思います。個人的には忍にもうちょっといろいろな動きやカットもあった方が最期のシーンが生きたんじゃないかなとも思いました。
画 : カット割り・風景・アクションシーンは、構図的に面白いと思います。するがモンキーの戦闘シーンなど素晴らしいものの、この作品ではあまり評判が良くないんですよ。全体的に崩れることが少なく良かったと思うのですが・・・絵すらない場面は評価に値しないのでちょっと採点としては困りますね^^;
演出 : 以前からいろいろなところでも書いていますが個人的には新房演出は好きなほうではありません。止め絵を多様したり、実写の切り貼り、黒駒動画番号無の連続・繰り返しといったシーンは、それが演出だとしてもあまり納得のいく場面ではありません。たまに出てくる赤塚キャラも個人的にギャグとしては受け入れてない気もします。
音楽 : 各エピソードにあわせてOPを準備してあったのは大変良かった。BGMも世界感とマッチしていて素晴らしいと思いました。
総合 : ちょっと点数的に辛くなったかもしれません。大変時間をかけてしまったのが残念な作品です。TV放映版だとつばさ編は途中で終わるんですが、TV放映版を12話作品として評価するか、15話までの完結した作品として評価するかによってずいぶん変わるような気がします。また、放映中に作画が間に合わず、なでこ編のような紙芝居かドラマCDを見るような結果はあまり褒められた作品とはいえませんが、その欠点を補って余りある魅力に溢れた作品だったとも思います^^;


【B型H系】

(C) さんりようこ/集英社・B型H系製作委員会
ストーリー: キャラクター性: 画: 演出: 音楽: 総合: 合計 :
19




ストーリー : 基本的に原作重視ですが、アニメならではの展開もあって面白かったです^^
キャラクター性 : 思った以上に山田が動いていてよかった。田村ゆかりのキャストの勝利か?w
画 : そんなに崩れることもなく、マズマズだったと思います。
演出 : 鬼印にはワラタw
音楽 : OP/EDは結構いい出来でした。
総合 : 原作から見たら大勝利だけど、アニメとして見た場合にインパクトに欠けた気がしました。テンポは素晴らしく良く、お色気もあったんですが・・・^^;なんだろう?恋愛感情での共感とゆうか山田が小須田に惚れる説得力とゆうか、そういった納得してしまうシーンが欲しかったですね。


【Angel Beats!】

(C) VisualArt's/Key/Angel Beats! Project
ストーリー: キャラクター性: 画: 演出: 音楽: 総合: 合計 :
20




ストーリー : 終わってみれば音無と天使のストーリーでした。世界は全ての人に平等にあるべきですが、本作でいえば音無の為に準備された世界でした。主人公なので仕方ないにしても、それが世界設定としてどうなの?って感じでしょう。恐らくそれを受け入れられるかどうかで評点が大きく変わるのではないかな。
キャラクター性 : 個性の光るキャラもいれば、似たようなイメージのキャラもいて、どうして10人以上のレギュラーを作る必要があったのかの説得力には欠けているような気がします。なんか同じ感想をサマーウォーズでも書いた気がしますが^^;
画 : 崩れることはあまり無かったように思いますが、動きが素晴らしいとかそういった場面は少なかったように思います。それ故にある方が担当した回がカット割り・コンテ・画ともに素晴らしく良かったのが逆に印象的でした。
演出 : 音楽を特別に書き下ろしたりしたシーンは素晴らしかった割に、ゆりの「オペレーションスタート」シーンを作るため、冒頭シーンを校長室に持ってくるようになってしまい物語の組み立てに失敗するといった、全体でちぐはぐな演出が目立ちちょっとガッカリでした。いいところもあっただけに残念ですね。
音楽 : 音楽はOP/ED・挿入歌全てがすばらしい出来だったと思います。
総合 : 前宣伝でハードルを上げすぎたのが敗因。作品としての出来はそれほど悪いものとは思っていないのですが、全体を通して構成・演出・伏線回収・舞台説明・物語の設定といったものがうまく機能しておらず、独り善がりになってしまった感じがあります。もうちょっと見せ方を変えるだけでずいぶん良くなるはず。とても素材としてはよかったのに、残念な作品でした。


【荒川アンダー ザ ブリッジ】

(C) 中村光/スクウェアエニックス・荒川UB製作委員会
ストーリー: キャラクター性: 画: 演出: 音楽: 総合: 合計 :
16




ストーリー : 短編集を繋ぎ合わせたような構成はよかったのですが、ストーリー的にはナンセンスギャグなので、毎回期待出来なかったってのが減点材料だったりします^^;
キャラクター性 : インパクトは十分ですが、親しめるって感じじゃなかったのが残念。
画 : 素晴らしいシーンってのはなかった気がします^^;
演出 : いい意味でシャフト作品でしたが、お話が好きなジャンルではないのでもう一押し欲しかったですね。
音楽 : BGMはいい感じだけど、音楽全体ではパっとしない記憶が^^;
総合 : 個人的には原作準拠より、OP的なリクとニノの物語にして欲しかったですね^^;ある意味OP詐欺?wギャグに走るんだったらもっと突き進んで欲しかったと思いました。


【四畳半神話大系】

(C) 四畳半主義者の会
ストーリー: キャラクター性: 画: 演出: 音楽: 総合: 合計 :
17




ストーリー : まるで文学小説を読んでいるような感覚のアニメです。物語は「私」である主人公の視点のみで語られます。毎回最期に時間が巻き戻る物語は視聴者に受け入れずらい感じがありますが、少しずつ変化する世界を見ていく楽しみもありました。
キャラクター性 : それぞれのキャラは各エピソード別に別々な人物を演じながら、その本質的な性格はかわらないといった二重構造になっています。物語の最期に友人小津が普通の青年で悪魔の姿をしたのは自分だったのにはやられました。
画 : 正直褒められた絵ではないのですが、これほど物語にあった絵はないとも思います。
演出 : この作品はシャフト演出のほうがあっていたんじゃないだろうかとも思うのですが、物語を締めくくる力量の点ではMADHOUSEに軍配があがるのではないでしょうか。全てを終わらせるだけの説得力はあったと思います。よくある「見ていればわかる」を体現している作品だと思いました。
音楽 : 正直褒められた音楽では(以下略w
総合 : 最終回のEDから入る構成に「あれ?実はこっちがOPだったのか?」と思わせる説得力がありました。もっとも無限ループかと思われる中盤に脱落した方は多かったのではないかと思います。最終回まで見た人だけが享受できる満足感・・・みたいなもの・・・?があって、それぞれのエピソードに意味があった事が最期にわかる仕掛けはとても面白かったです。


【ベストキャラクター賞】 : 「立華 かなで」 from 「AngelBeats!」
コメント:いろいろあるんですけど、まぁ「天使ちゃんマジ天使」でw

【ベストOP賞】 : 「SOMEONE ELSE」 from 「WORKING!!」
コメント:ABのOPにしようか悩みました。順当にいけば化物語なんですが、どれか1曲選ぶってのができないので泣く泣く除外。WORKINGはノリのいい曲なんで次点ではあるんですが、総合的にはこれかなぁ・・・と^^;

【ベストED賞】 : 「君の知らない物語」 from 「化物語」
コメント:どの作品もEDに光るものがなくて・・・ってゆうかけいおん!!とかに持って行かれている感が強いですね。個人的にはこんな感じの曲調が好きなのでw

【ベスト声優賞】 : 神谷 浩史(阿良々木暦、市ノ宮行、音無結弦、相馬博臣 他多数)
コメント:ちょっと前から男女あわせて1名にしています。女性の声優さんも素晴らしかったですが、今回はありゃりゃぎさん無双でしたのでw


では、また次回もよろしくお願いしますね^^
スポンサーサイト

テーマ : アニメ


こんにちは、ピッコロでございます、大変お世話になっております。

お忙しい中、当ブログの企画に参加して頂き本当に感謝しております。集計に加えさせていただきました。


なお、今回の企画の中間集計結果の発表については、7月30日(金)夜11時から放送ののネットラジオで行う予定でございます、よろしければ聞いてくださいませ。

それでは、どうか今後ともよろしくお願いいたします。

ps Angel Beats!は確かに10人以上のレギュラーは必要なかったでしょうね。天使と音無が中心の物語なのだから、やはりもっと削るべきだったかもしれません











 



管理者宛の投稿

初音ミク 名曲メドレー



presented by 初音ミク オリジナル

プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
LakshmiサーバでまったりしているGlayzzz(ぐれい♂)のサイトです。(GlayxxxはGarudaサーバ時代の名前で、サーバ統合で変わりました^^;)いろいろ面倒なのでサイトのURLはそのまま^^;
主にアニメの感想サイトですが、稀にFF11のプレイ日記が載ると思いますのでよろしく。
鯖で見かけたら、/waveとか/pokeとか、やっちゃってw
(自画像を髭にしました^^;)

基本的に戴いたTBは返信していますが、サイトによってできないところがあるようです。ごめんなさい。こちらにTBが出来ない方はコメントに残してもらえると嬉しいです^^

相互リンクは、「こちら」までコメントをお願いします^^

トラコミュに参加してみました^^;
にほんブログ村 アニメブログへ

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。