FF11とアニメな日々

FF11とアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)     5万ヒット ありがとうございます (*´Д`*)

 
--年--月--日 (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月6日に金曜ロードショーで「サマーウォーズ」が公開されましたので、簡単な感想とか、その他の事など・・・

サマーウォーズ
(C)2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS

当サイトについてのご注意

(サマーウォーズ騒動)
作品の感想の前に、放送後のとある出来事のお話。

この作品は試写会で見させていただいたのですが、そのときにワーナーさんからいただいた画像を記事のトップに貼り付けていたんですけれども、どうもこれが検索に引っかかってしまうようです。
ヽ(;´Д`)ノ みんな放送後にググりすぎ、GoogleTREND検索ワードでは「サマーウォーズ」は4位まで上ってましたよ。

ちなみにうちのブログサイトではこんな事になっていました。(ちょ・・・・


画像で来られる方が殆どですが、「あらすじ」や「ねたばれ」で来る方もちらほら見られます。が、試写会の感想なんでネタバレ禁止でした。もっともネタバレOKでもあまりネタ的な話題はなかったんじゃないかなぁ?

実況ラジオでスレ間違いしたのは私です・・・すみません m(_ _)m (これは分かる人向けw)

ネットでの評判はイマイチっぽかったようですが、劇場で作品を見た人は「あれ?こんなに短かったっけ?」と思った人が多数じゃないかと思います。ノーカット版を流すにしてはもったいないですが、それでもネットの意見を見ていると試写会での疑問と同じ事を感じている人もいて思わずニヤリとしていたりもします。

ブロガー試写会のときの事です。最初に注意事項を書かれたチラシが配られたのですが、そこに「栄おばあちゃんの死」がネタバレ禁止!と思いっきり書かれてあって、「ネタバレ禁止がネタバレしちゃダメじゃん」って感じで会場がざわついていたのを思い出しました^^;

個人的な事情ですが、今年は身近な人物が初盆を迎えます。実は2月頃に葬儀があり、当時はいろいろリアルでも問題があってブログ更新が止まっていた事もあったんですが、改めて見直すと去年見たときにはわからなかった事が今回はよくわかりました。「おくりびと」も見てみたいなぁ・・・今度レンタルしてみよう。

今年改めて作品を見てよかったと思ったのは、無人探査衛星として登場する「あらわし」です。モデルは恐らく「はやぶさ」ですが、サマヲでは陣内家を倒すためのアイテムとして利用されてしまいます。ご存知の通り実物はちゃんと地球に帰ってこれました。これも1年経って見たときに感慨深いものですね。




(サマーウォーズの感想)
改めて見ると劇場向けな作品だと思いました。TV放映の宿命ですがCMの入り方が良くなかった。これは映画放送番組の宿命なんでしょうけど、サマーウォーズは特に相性が悪いと思いました。

作品のあらすじ&前半の感想は、既にいろいろなところで書かれていると思うので省略します。試写会感想ではそのあたりに重点をおいて書いたので、興味がある方は去年の記事を参照ください^^; → 試写会での感想

(追記)
細田監督のこれまでの映像とサマーウォーズの関係についてはこちら → 動画関係の記事

TV放送に向けて編集したのは細田監督自身とどこかの記事で読みましたが、時間的な制約もあって本筋でないところを徹底的にそぎ落としています。これを監督にやらせるのは酷じゃないかなぁ?監督自身が残したいと思ったところを残せたので、それでも良かったのかもしれませんが、結果的に作品を見て、第三者的な編集の方がいいのではないかとも思いました。

去年書けなかったクライマックスあたりの感想。ここはそれぞれの登場人物の気持ちを描ききれていないような気がします。夏希の思い、侘助の思い、家族の思い、そして主人公である健二の気持ち。物語はOZの問題から世界的な問題に発展しますが、常に描かれるのは陣内家のことでもあるのです。

OZでの物語はどうしても仮想現実で、実際の問題とは捉えにくい。これはデジモンでも同じ問題を提起されていたように思います。製作側(特に監督?)は、現実世界と仮想世界のギャップをうまく利用しながら物語を進めていきますが、現実世界の物語をキチンと描かなければ所謂、冒険マンガ活劇になってしまうと思うのです。

本作では、栄の死を登場人物それぞれが受け止め、それが夏希の最後の戦いでみんなの力を1つにといった感じに繋がるのですが、そこに至るそれぞれの問題の描き方が中途半端なんだと思います。TV版ではそのあたりもちょっとカットされてしまったので、更によくなかったのかもしれません。

もっともギャグを取り込みながら、仮想現実OZの問題を描き、その上で陣内家まで描こうってのは無理かもしれません。結構惜しいところまでいっているので、ちょっと視点・構成を見直せばいい感じになりそうですが^^;

「時をかける少女」はカップルで見て楽しむ作品。「サマーウォーズ」は家族など大勢で見て楽しむ作品。目指すものが違うと思うのでどちらが良いのかは難しいですが、自分はラブコメが見たい派なので、前者に傾倒した構成が好きですね。お茶の間的には後者なんでしょう。ネットでの評判が悪いからといって、家族みんなで見る番組であればこれでいいのだと思います^^

サマーウォーズサマーウォーズのコミカライズ版がずいぶん前に刊行されているのですが、こちらには、物語の最後におまけマンガとして健二と夏季の後日談が数ページ掲載されています。

興味のある方は見て欲しいですが、あまりにあっさりすぎなので、「是非買いましょう!」とまでは推薦できなかったのです。・・・が、TV版を見て物足りない人は是非マンガ版を見てください。

映画版にもなかったいろいろなシーンが追加されています^^
個人的にはマンガ版の演出で構成見直ししてTV版で放映してほしかったと思いますね^^;
サマーウォーズ (角川コミックス・エース)
杉基 イクラ


今年も劇場版でオリジナル作品のアニメが公開されていますが、どうもそっちはあまり良い評判を聞きません。サマーウォーズも「話がぼやけていた」「声優をちゃんと選べ!」「感情移入しずらい!」「見所はかずまだけじゃないか!?」とかいろいろ意見はあると思いますが、個人的にはこの分野でちゃんと成功して、続編が作られる下地ができてくれればと願います。商業的な思惑もあるとは思うのですが、その意味では日テレさんにもジャンプ作品ばかりでなく、オリジナルでも頑張って、毎年は無理にしても定期的に劇場版でもいい作品を提供して欲しいものだと思うのです。

アニメファンとしては矛盾しますが、エヴァと化物語が勝ち組みたいな最近の傾向はあまり好きではありません。個人的にはサマーウォーズのような良作がこれからもできてくれるとうれしいなぁ・・・と思うのですよ^^;

そうそう・・・リンク見てたらワールドクロックがあったので貼り付けてみました。ちょっとお気に入りかもw




(マンガ作品のアニメ化について)
ちょっと前から好きなマンガ作品がアニメ化の予定に入っていて、どこかで記事にしようと思っていたのですが、いい機会だったのでちょっと書いてみようと思います。本ブログらしく、あまり大手で取り上げないマイナーどころですがwww

実は最近TABLEを使った記事のスタイルを試行中で、今回のサマーウォーズもこのスタイルなんですが、実験に他の記事を書いてみようと思ったってのもあるのですよ。まぁすぐに飽きてしまうかもしれないですけどね^^;

放浪息子「青い花」で一躍アニメでも注目を浴びた志村さんですが、あいかわらずのマイペースっぷりで、原作連載のほうはまったり進行中です^^;
アニメ化は3月に発表されました。

個人的には「青い花」よりもこちらの方が好きで、以前アニメ化希望の記事を書いたこともありました^^;
もっとも作品的にはいろいろな問題をはらんでおり、これってアニメ化できるの?とアニメ化情報を見て驚いています。
すごく中途半端な感じで終わりそうですが、原作を知らずにアニメを見るとフラストレーションが溜まるでしょうねぇ^^;
たぶん「男の娘」作品としてネタアニメ化するのは間違いないはずなので、そこをなんとか原作の雰囲気を壊さずにいてほしいところです。^^;
放浪息子 (BEAM COMIX)
志村 貴子


神様ドォルズやまむらさんは、「蒼のサンクトゥス」「カムナガラ」などのほうが有名な気がするのですが、日々乃さん巨乳補正でこっちになったのかしら(マテ

たしかにアニメ化しやすいお話ではあるのですが、本編でも始まりの物語の謎が明らかにされていないので、そのあたりどうなるか興味がありますね。
個人的にはラブコメ分が殆どないので、日々乃さんの嘆きっぷりを見るアニメじゃないかと思っています(マテマテ

コミカルタッチなんだけど、戦闘シーンはアニメならではじゃないかと思うので、頑張ってほしいと思っています^^
神様ドォルズ
(サンデーGXコミックス)
やまむら はじめ



海月姫 border=実は原作は殆ど知りませんwww内容も斜め読みで話題にはついていけないと思います。その意味では楽しめて見れるかも。東村さんのマンガには(何故か!?)三国志ネタが入るのですが、そのあたりはコアっぽかったりもするのであまりわからず、オススメの仕方もイマイチだったりします^^;
個人的にはサンレッド方向の演出が合うと思っていますが、もしかしたら普通のギャグアニメに仕立てられるかもしれないですね。
アニメ化を機に読むことになるかもしれませんが^^;
海月姫(講談社コミックスキス)
東村 アキコ


おとめ妖怪ざくろネコミミアニメ第三弾(違う!www)の「おとめ妖怪ざくろ」です。こちらは原作未読^^;
アニメノチカラの爆死で原作付きになっちゃうみたいですが、あの時間帯はなかなか見づらいですよ。アニメのつくり的な問題もあるけど、深夜にやるメリットをどこかに埋め込めたら、結構ハマルと思うんですけどね~

公式を読んでとても気になったので近い将来どこかで仕入れて是非読もうと思っています^^;
リンクはアニメ公式サイトにしております。アニメのキャラデザは、どちらかといえば現在のメイド様っぽいので、自分的にはヒットですwww
おとめ妖怪ざくろ(バーズコミックス)
星野 リリィ


今回はこんな感じで^^;

ではまた


PS.
監督!!!!!!wwwwwww

第5話
Copyright (C) 神野オキナ・メディアファクトリー/キャーティア大使館

スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ

管理人さまの気持ちが少し解りました(笑)


Glayzzzさん、こんにちは(^o^)/
あそびにいくヨ!感想での溢れる想いと力説が理解できませんでしたが、SWのTV放映を見て私も残念な気持ちが湧き出てきました(^_^;)CM時間を嵌め込む為に、30分以上カットしたのでしょうね。全容を知る身になってみれば、全て関連しているからカットできる部分なんて無いゾ!!と思ってしまいました。

初見の方に好印象を残せたなら、この編集でも納得しますが(>_<)

Re: 管理人さまの気持ちが少し解りました(笑)


TO:バツマル様

いつもコメントありがとうございます m(_ _)m

> SWのTV放映を見て私も残念な気持ちが湧き出てきました(^_^;)

自分もTVを見ながら「あれ?切れたよね?今」って台詞が10回くらい出ました^^;

BD/DVD版を購入している方々は、「TV版だとどうなるんだろう?」といった気持ちで見た方が多いような気がします。(自分も某実況に参加してたりしましたが^^;)
初見の方は展開が急に感じられたようで、それがカットのせいなのか物語の構成によるものかはわかりませんでした。自分は前者だと思っていますが「フルで見ても同じ話」といった意見もあって、「確かに・・・」って感じでこれには否定できなかったですね^^;

> 全容を知る身になってみれば、全て関連しているからカットできる部分なんて無いゾ!!

映画放映の番組としては原作の時間に関係なく放映時間に収めないといけない宿命があり、ぶつ切りになってしまうのは仕方ないところ。「金曜ロードショーだし仕方ないネ」といってしまえばそれまでといえば、それまでですが、個人的にはカズマの太極拳の練習シーンと夏季のバレチャッタシーンが無いのは残念でした^^;

「あそびにいくヨ!」との改変について言及いただいたのは大変うれしいところです、ありがとうございます^^
確かに原作のある作品をアニメ化すると今回と同じ場面に出くわしますが、アニメ版はそれなりに尺をもらって映像化するわけですから、アニメ版なりにキチンと構成をまとめてもらえればいいと思うのです。(もっともあそいくは、その部分もガッカリだったわけですが^^;)
やはり限られた放映時間にいかにお話を構成するかを考えるべきで、収めるためにお話を切り刻んではいけないと思ったりするのですよ。なんか偉そうな意見になっちゃってすみません^^;;;

ちょっと話がそれてしまいましたが、サマーウォーズについていえばこの時期に放映してもらえるのはうれしい限りです。
但しAngelBeats!でもそうですが、前評判で風呂敷を広げてガッカリって図式が多いので、ファンとして今回の編集は残念なところ。監督の次回作に期待!って感じですね^^;

(細田監督のつぶやき)
http://twitter.com/hosodamamoru/status/19664311468
「8月6日 日本テレビ系で放映される『サマーウォーズ」、金曜ロードショー枠に合わせて再編集&再ダビングしました。再編集はさておき、テレビ放映のためだけにダビングをやり直せるのは結構珍しいのでは?なかなかいい仕上がりになったと思います。」

(同意見の記事をみかけた^^;)
http://lexon.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-edbd.html












 



管理者宛の投稿

初音ミク 名曲メドレー



presented by 初音ミク オリジナル

プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
LakshmiサーバでまったりしているGlayzzz(ぐれい♂)のサイトです。(GlayxxxはGarudaサーバ時代の名前で、サーバ統合で変わりました^^;)いろいろ面倒なのでサイトのURLはそのまま^^;
主にアニメの感想サイトですが、稀にFF11のプレイ日記が載ると思いますのでよろしく。
鯖で見かけたら、/waveとか/pokeとか、やっちゃってw
(自画像を髭にしました^^;)

基本的に戴いたTBは返信していますが、サイトによってできないところがあるようです。ごめんなさい。こちらにTBが出来ない方はコメントに残してもらえると嬉しいです^^

相互リンクは、「こちら」までコメントをお願いします^^

トラコミュに参加してみました^^;
にほんブログ村 アニメブログへ

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。