FC2ブログ
 

ネトゲとアニメな日々

ネトゲとアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)

 

【夏目友人帳:13話(最終回)「秋の夜宴」】

簡単ですが、夏目友人帳の感想なぞ

最終回は、予告通り総集編っぽかったです。

今回は、主人公(夏目貴志)が学校の友人にカミングアウトするお話。

メインテーマを縦軸に、にゃんこ先生の悲劇(!?w)や秋祭りとこれまでの妖怪たちを横軸にからめて話を展開させるあたり、さすが物語の作り方がうまいもんだと関心します。

仔狐は、夏目に会いたい一心で、人に化ける薬を入手してお祭りに現れますが、薬を手に入れるのにまた無茶してないといいですね。
名取周一は、なにやら怪しい集会への出席が目的でしたが、柊もうまくやってそうでなによりです。
2人でテントの上から、巾着を覗き込んでいるシーンはなかなか笑えます。

ヒノエは前回登場だったはずなのに、既に夏目がなんとなくお気に入りの様子です。
夏目(とゆうか委員長?)の説明通り、いろいろ沢山来ているのは妖怪もお祭り好きだからでしょうが、ヒノエが回転焼きを食べながら「何をやってるんだ、あいつ?」と目で追ってるのは粋な演出です。

その後、仔狐が捕まりそうになって夏目があわられます。
見ていて何かの既視感があったのですが、「あぁ、これって宮崎アニメだなぁ・・・」と思いました。
無謀な行動でピンチに陥って、大変な目にあいそうになるんですが、主人公登場で問題解決^^;
練られたセリフ、タイミングの良い掛け合い、軽いギャグを交えたストーリー展開など、声に出ないくらい軽い笑いを誘うのがいい感じです。

OPもEDも今まで通りで最終回を思わせず、また次があるんじゃないかと思うくらい拍子抜けした感じでしたが、そこが夏目友人帳らしさなのでしょう。いつも通りいつのまにかEDでした。

公式サイトの次回予告で「放送は終了しました。応援ありがとうございました!」を見て、始めて「あぁ、最終回だったのか・・・」と思って寂しく思います。

「かまわないよ、だって俺には見えているんだから」と笑う夏目。
主人公の心変わり(成長なのか?これは?w)を表している、なかなかいい最終回だったと思います。もっともニャンコ先生は、最後まで不幸の連続でした^^;

1月の続編が待ちわびます。いい作品でしたね。
スポンサーサイト



テーマ : 夏目友人帳

すみません^^;


トラックバックつけてくれた方がいたと思ったのですが、気が付いたら消えてました。
トラックバックをいろいろいじってたんで、そのせいかもしれません。申し訳ないです。

もしかしたら、あまりに感想の内容があんまりなので、あきれて削除されたのでしょうか^^;

いずれにしても、不慮の事態ですので、深くお詫びします m(_ _)m
申し訳ない。











 



管理者宛の投稿

プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
旧「FF11とアニメな日々」です。
(すでに引退の身ですので、タイトル変更しました)

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

カテゴリ