FF11とアニメな日々

FF11とアニメの徒然日記です (アニメのあらすじ、内容についてのネタバレがあります、ご注意ください)     5万ヒット ありがとうございます (*´Д`*)

 
--年--月--日 (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【とある魔術の禁書目録Ⅱ:14話「水の都(みずのみやこ)」】の感想です。

少し感想記事が遅れ気味ですね。すみません。
今期は他にも感想を書いていきたいと思いますが、そちらはおいおい・・・(マテ


第二期第14話_1
Copyright (C) 鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅱ(画像は公式サイトより)

【あらすじ(公式より)】
大覇星祭最終日に行われる大抽選会・来場者ナンバーズ。不幸の代名詞であるはずの上条は、何を間違ったか、一等賞の北イタリア五泊七日のペア旅行に当選してしまう! そしてなぜかパスポートを持っていたインデックスとともに、上条は幸せな旅行を満喫すべく出発した。しかし、当然のように出発前の空港でトラブルに巻き込まれ、現地に到着してからも現地ガイドに置いてけぼりを食らい、自力でホテルを目指すはめに。その上、現地語の通訳として頼みの綱であるインデックスが行方不明になってしまう。言葉もわからないイタリア・キオッジアの地で、ひとり放り出されてしまった上条だったが、そこに救いの女神――オルソラが現れる。先日までイタリアに住んでいたという彼女のアパートメントに向かうことになるが……。

Copyright (C) 鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅱ
当サイトについてのご注意

続きを読む

テーマ : とある魔術の禁書目録

【とある魔術の禁書目録Ⅱ:13話「使徒十字(クローチェディピエトロ)」】の感想です。

正月のお仕事も一段落して、のんびりしてたら、この有様ですよ!?w
今期は感想作品もちょっと増やしていく予定です。よろしくお願いします。


第二期第13話_1
Copyright (C) 鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅱ(画像は公式サイトより)

【あらすじ(公式より)】
イギリス清教からもたらされた追加報告によって、『使徒十字』の使用条件を知った上条たち。オリアナの目的地『天文台』をどうにか特定した彼らは、土御門の「裏技」を使って、その目的地――第二三学区の飛行場へと急行する。彼らの前に立ちはだかるオリアナ。彼女の罠の前に土御門が倒れ、『速記原典』を駆使した変幻自在の攻撃に上条とステイルも苦戦を強いられる。刻一刻と暗くなっていく空。夜になって星座が見えると、『使徒十字』が発動してしまう。連携を無視した攻撃で、かろうじてオリアナの隙を突くことに成功する上条とステイル。何とか形勢逆転まで持ち込もうとするも、満身創痍のオリアナは、自らの戦う理由と求める答え、そして魔法名を口にする。双方ともに全身全霊をかけた、最後の一撃が放たれる。

Copyright (C) 鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅱ
当サイトについてのご注意

続きを読む

テーマ : とある魔術の禁書目録

【とある魔術の禁書目録Ⅱ:12話「天文台(ベルヴェデーレ)」】の感想です。

感想記事が遅れちゃって申し訳ありませんでした。
簡易感想版でいきたいと思います^^;

第二期第12話_1
Copyright (C) 鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX ? (画像は公式サイトより)

【あらすじ(公式より)】
かろうじてオリアナの襲撃を退けた土御門。しかし、吹寄に続いて、姫神までがオリアナの手にかかり、重傷を負ってしまう。一般人を巻き込むことも辞さない彼女たちのやり方に、強い怒りを覚える上条。しかしそれは、オリアナにとっても想定外の事故だった。二度と過ちを犯さぬため、『使徒十字』で学園都市を支配する――その目的を果たすべく、再び動き出すオリアナ。一方、上条は彼女のあとを追いながら、その行動の不自然さに思い当たる。イギリス清教の報告から『使徒十字』の使用には星座が関わっていると推測されたが、決定打に欠けるまま、上条はオリアナを追いつづける。その頃、彼女の足跡を追っていた土御門が、あることに気付き……。

Copyright (C) 鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX ?
当サイトについてのご注意

続きを読む

テーマ : とある魔術の禁書目録

【とある魔術の禁書目録Ⅱ:11話「刺突抗剣(スタブソード)」】の感想です。

感想記事が遅れちゃって申し訳ありませんでした。
簡易感想版でいきたいと思います^^;

第二期第11話_1
Copyright (C) 鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅱ (画像は公式サイトより)

【あらすじ(公式より)】
『刺突抗剣』の正体が『使徒十字(クローチェディピエトロ)』であると判明したことで、リドヴィアの本当の目的を知った上条たち。この状況が明るみになり、インデックスが動くことになれば、外部の魔術師の侵入を許すことになる。この事件を彼女に悟らせないよう、上条は、両親とインデックス、そして美琴と彼女の母親・美鈴と昼食の席を囲んだり、多分な誤解による美琴と黒子の理不尽な攻撃を受けたりしていた……。一方、イギリス清教からの報告を受けていたステイルは、緊迫した状況下にもかかわらず小萌先生に喫煙をとがめられ、お小言を受ける羽目に。そんな安息(?)のひとときも、土御門からの連絡で終わりを告げる。彼のつかんだオリアナの行方をもとに、合流を試みる3人。交通機関を巧みに使ったオリアナの逃亡に、土御門は再び探索の術式を発動する!

Copyright (C) 鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅱ
当サイトについてのご注意

続きを読む

テーマ : とある魔術の禁書目録

【とある魔術の禁書目録Ⅱ:10話「追跡封じ(ルートディスターブ)」】の感想です。

感想記事が遅れちゃって申し訳ありませんでした。
簡易感想版でいきたいと思います^^;

第二期第10話_1
Copyright (C) 鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅱ (画像は公式サイトより)

【あらすじ(公式より)】
なんとか罠を解除するも、オリアナの魔術により吹寄が倒れてしまう。無関係の一般人すら巻き込むオリアナのやり方に激怒する上条。ステイルのサポートを受けて、上条は土御門と共にオリアナを追いつめるが、あと一歩で無人バスに乗り込まれ、取り逃がしてしまう。ステイルの機転で、バスを爆破するも、難なく炎をかいくぐるオリアナ。魔道書の原典を一瞬で書き上げる『速記原典(ショートハンド)』を駆使しての戦いになだれ込む。渦中、ケガをしていた土御門は行動不能に陥り、変幻自在の魔術の前に上条も追い詰められていく。我が身を顧みない右手の一撃で上条に逆転を許したオリアナは、『刺突杭剣』を手放し、逃亡する。『刺突杭剣』を上条の右手で破壊すれば、この事件は終わるかに見えたが……。

Copyright (C) 鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅱ
当サイトについてのご注意

続きを読む

テーマ : とある魔術の禁書目録

【とある魔術の禁書目録Ⅱ:9話「追跡封じ(ルートディスターブ)」】の感想です。

感想記事が遅れちゃって申し訳ありませんでした。
簡易感想版でいきたいと思います^^;

第二期第9話_1
Copyright (C) 鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅱ (画像は公式サイトより)

【あらすじ(公式より)】
聖人を一撃で葬る霊装『刺突杭剣(スタブソード)』が学園都市に持ち込まれたと土御門らに聞かされ、大覇星祭の真っ最中に捜索を協力することになった上条。偶然にも、事件の張本人である運び屋・オリアナ=トムソンと接触した上条は、土御門、ステイルと合流して尾行を続けるが、彼女の仕掛けた罠が待ち受けていた。上条の右手で何とかやり過ごしたものの、オリアナに逃亡の時間を与えてしまう。土御門はステイルの協力を得て、オリアナの位置を特定するための魔術を展開するが、それすらも見越して仕掛けられた彼女の罠が発動、ステイルが傷を負うことに。土御門はオリアナの仕掛けた罠そのものを潰すため、さらなる魔術を行う。しかしそれは、罠の場所が特定できるまで、ステイルが苦しみ続けなければいけない残酷な方法で……。

Copyright (C) 鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅱ
当サイトについてのご注意

続きを読む

テーマ : とある魔術の禁書目録

【とある魔術の禁書目録Ⅱ:8話「大覇星祭(だいはせいさい)」】の感想です。

感想記事が遅れちゃって申し訳ありませんでした。
簡易感想版でいきたいと思います^^;

第二期第8話_1
Copyright (C) 鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅱ (画像は公式サイトより)

【あらすじ(公式より)】
学園都市すべての学校が参加する大規模運動会「大覇星祭」。学園都市が一般開放される数少ないイベントとあって、開会式前から大盛況。いつものように美琴に絡まれた上条は、「負けたら何でも言うことを聞く」という条件で大覇星祭の結果で勝負をすることに。しかし、第一競技・棒倒しに備えるクラスのもとに戻った上条を待っていたのは、まったく大会にやる気のないクラスメイトの姿だった。美琴との勝負に早くも赤信号と思われたその時、体育館裏手で、対戦相手の学校教師からバカにされる小萌先生が。彼女の儚げな姿を見て、心技体全てが一致団結した上条のクラス全員は殺気を放ちながら相手チームへ突進する。一方、そんな楽しげな賑わいに隠れて、学園都市にローマ正教に雇われた運び屋が侵入していた。

Copyright (C) 鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅱ
当サイトについてのご注意

続きを読む

テーマ : とある魔術の禁書目録

【とある魔術の禁書目録Ⅱ:7話「座標移動(ムーブポイント)」】の感想です。

なんだかんだで1ヶ月以上遅れ・・・・orz
年末までに追いつこうと思います^^;

第二期第7話_1
Copyright (C) 鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅱ (画像は公式サイトより)

【あらすじ(公式より)】
『座標移動(ムーブポイント)』の能力を持つ少女・結標と対峙する美琴の姿を見、その言葉を聞いてしまった黒子。美琴の世界を守るべく、逃亡する結漂を追いつめ、戦うことを決意する。一瞬の攻防が勝敗を決する『空間移動(テレポート)』能力者同士の戦い。一手先を取られ、身動きの取れない黒子に、結標は自分たちの計画を語り始める。外部組織『科学結社』と結託し、『樹形図の設計者(ツリーダイアグラム)』を復元を目論んでいるというその計画に、同じ高レベル能力者として黒子を誘う結標。しかし、敬愛する美琴の心を踏みにじったとある計画の再来、それだけは絶対に容認できない黒子は、誘いを拒否し、最後の抵抗を試みる。一方、結標たちの動きをつかんだ『妹達(シスターズ)』もまた、計画阻止のために動き出す。とある二人の少年は、その求めに応じて立ち上がり……。

Copyright (C) 鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅱ
当サイトについてのご注意

続きを読む

テーマ : とある魔術の禁書目録

【とある魔術の禁書目録Ⅱ:6話「残骸(レムナント)」】の感想です。

感想記事が遅れちゃって申し訳ありませんでした。
簡易感想版でいきたいと思います^^;

第二期第6話_1
Copyright (C) 鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅱ (画像は公式サイトより)

【あらすじ(公式より)】
大覇星祭を間近に控え、なにかと忙しい学園都市。常盤台中学の全体体育授業を終えた美琴とともに、ランジェリーショップでの買い物に出かけた黒子。しかし初春から強盗事件の一報を受け、渋々「風紀委員(ジャッジメント)」支部に急行する。監視カメラの映像には、キャリーケースを奪い合う男たちの姿を映されていた。しかもケースは第二三学区のエンブレム付きで、宇宙線対策が施された特殊なものと判明。学園都市外部の人間らしき彼らと接触・制圧し、難なくケースを奪い返した黒子……だったが、突如その現場で謎の少女に襲われ、再びケースを奪われてしまう。『空間移動(テレポート)』系能力『座標移動(ムーブポイント)』を持つその少女は、なぜか黒子の所属と名前を知っており、さらに美琴の名まで口にして……。

Copyright (C) 鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅱ
当サイトについてのご注意

続きを読む

テーマ : とある魔術の禁書目録

【とある魔術の禁書目録Ⅱ:5話「蓮の杖(ロータスワンド)」】の感想です。

これっていつ放送だったっけって・・・・11月6日ですよ!・・・・orz
大変更新が遅れてしまって申し訳ありませんでした。

( ̄ー ̄) まぁ、仕事忙しかったし、FF11ばっかりやってたし・・・
年内になんとかアニメ感想も追いつきたいと思ってたりします。よろしくお願いしますm(_ _)m

感想は一気に書いてることもあって、簡易感想版です。
時間があったら追記するかもね^^;

第二期第5話_1
Copyright (C) 鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅱ (画像は公式サイトより)

【あらすじ(公式より)】
インデックスの「魔滅の声(シェオールフィア)」を破り、再び攻勢に転じたローマ正教のシスターたち。数において絶対の劣勢を強いられる上条たちは、なんとか聖堂のひとつに逃げ込むことに成功する。逆転の策は『法の書』の解読にゆだねられるが、オルソラの知るそれはダミーの解読法だったことが判明する。そこで、ある作戦を思いついた上条は、単身、アニェーゼの元へと向かう。司令塔たる自分をつぶせばどうにかなると思ったら大間違いとばかりに、司教杖を構えるアニェーゼ。彼女が杖を傷つける度に、どこからともなく襲いくる衝撃。上条はなすすべなく打ち倒される。ローマ正教以外の教えなど十字教の教えではないと言い放つアニェーゼに、上条は……。

Copyright (C) 鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅱ
当サイトについてのご注意

続きを読む

テーマ : とある魔術の禁書目録

初音ミク 名曲メドレー



presented by 初音ミク オリジナル

プロフィール

Glayzzz

Author:Glayzzz
LakshmiサーバでまったりしているGlayzzz(ぐれい♂)のサイトです。(GlayxxxはGarudaサーバ時代の名前で、サーバ統合で変わりました^^;)いろいろ面倒なのでサイトのURLはそのまま^^;
主にアニメの感想サイトですが、稀にFF11のプレイ日記が載ると思いますのでよろしく。
鯖で見かけたら、/waveとか/pokeとか、やっちゃってw
(自画像を髭にしました^^;)

基本的に戴いたTBは返信していますが、サイトによってできないところがあるようです。ごめんなさい。こちらにTBが出来ない方はコメントに残してもらえると嬉しいです^^

相互リンクは、「こちら」までコメントをお願いします^^

トラコミュに参加してみました^^;
にほんブログ村 アニメブログへ

カウンター

SINCE 2008/12/29

ブログパーツ

PIAPRO合同企画へ

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。